仕事が終わらない3つの理由と解決策【残業のストレスは超危険?】

仕事が終わらない

「仕事が終わらない」と悩んでいる方へ!

仕事が終わらないのは、あなたの能力のなさだけが原因じゃありません。

なぜなら、少しコツを知るだけで生産性を高められたり、そもそも会社が原因で仕事が多過ぎることも多いからです。

本記事では、仕事が終わらないとストレスを抱える人向けに、解決策を紹介していきます。

仕事が終わらないと辛く泣きたい気持ちになりますが、解決へのヒントがきっと見つかるはずです。

仕事が終わらない3つの理由

仕事が終わらない理由と原因

仕事が終わらないのはなぜなのか?

原因をまとめると大きく3つに分けられます。

仕事が終わらない理由3つを順番に紹介していきます。

1.仕事のやり方が悪い

仕事のやり方や段取りが悪いと非効率になり、仕事はいつまで経っても終わりません。

仕事に集中したり、時間や段取りが下手だと残業をすることになっても当然です。

項目毎に3つ紹介します。

集中できていない

まずは仕事に集中できていないことです。

集中しにくい環境や、仕事の進め方。時にはやる気が上がらないケースもあると思います。

仕事に集中して取り組めているかは、仕事を時間通りに終わらせる重要な項目の1つです。

効率が悪い

効率が悪い仕事のやり方をしていても仕事は進みません。

業務の段取りが悪いことや時間を短縮できるツールを使っていないなど、効率が低いままだと時間も余計に掛かります。

仕事が終わらない人は、効率の悪さも疑ってみるべきでしょう。

完璧主義

仕事に情熱を注ぎがちな人や、心配性な人は、完璧主義が原因で仕事が終わらない場合もあります。

一生懸命仕事に向き合うのは良いことですが、限られた時間と労力で業務をこなしていくことも大切なスキルです。

質に拘るあまり、必要以上に時間をかけすぎていないか振り返ってみましょう。

2.性格上の問題

仕事が終わらない人は、性格や人との接し方に問題があることも多いです。

自分の性格や社内での人間関係が上手にできないと、仕事が終わるのも遅くなるのです。

断れない

頼まれると断れない性格も、仕事が終わらない人で多い原因の1つです。

あなたの性格が良すぎてしまうことや、「断ると嫌われるor意欲がないと思われるのでは?」と不安に思う気持ちが、仕事量を増やして残業も増やします。

人との接し方や性格を見直すことで解決される場合も多いです。

頼れない

人に仕事を頼めない・頼れない人も、仕事が終わらない人に多い特徴です。

お願いするのが苦手な人は、だいたい2つの理由が考えられます。

  • 「相手に迷惑かも」
  • 「頼むより自分でやる方がマシ」

このように考えて、仕事を抱え込んでいないでしょうか?

思いやりや遠慮が強すぎるのも、見直す必要があるかもしれません。

3.会社が悪い

仕事が終わらない原因は、会社に問題があることも多くあります。

会社がそもそも残業ありきで考えていたり、人が明らかに足りていないとどんなに自分が頑張っても時間通りには終わらないでしょう。

仕事が多すぎる

与えられる業務量が多いことや無駄な工数が多い仕事だと、当然ですが定時には帰れません。

業務分担が曖昧だったり、業務の効率化がされずに手続きやチェックで無駄な時間が掛かったりするのは、多くの人に当てはまる状況ではないでしょうか?

会社が黙認しているのか、改善に向けて動いているのかで状況は変わるので、後ほど紹介する解決策を試してみましょう。

そもそもブラック企業

単に仕事量で解決されれば良いですが、人を使い捨てるようなブラック企業でも、時間通りに帰る働き方は難しいでしょう。

会社や役員には、いまだに古い価値観を持つ人も多くいます。

    ブラック企業の価値観
  • 「人件費を増やしたくない」
  • 「たくさん働いてこそ成長する」

適切な人員を確保せずに、常に人手不足と多くの残業で働かせる会社や、「会社のために尽くす人は残業を惜しまない人だ」という古い考えの経営者は多くいます。

働く会社がブラック企業だと、そもそも早く帰ることは難しいでしょう。

仕事が終わらない人の対処法【社内で実践】

仕事が終わらない人の対処法

では、仕事が終わらない人はどうすれば解決できるのか?

対処法の中でも、原因が自分にある人向けの対処法を先に紹介します。

そもそも仕事量が多いケースやブラック企業が原因の対処法は、次の項目で説明します。

1.集中力を高めるて生産性を上げる

仕事のやり方、特に集中できない人は生産性を高めて解決しましょう。

あなたは仕事にどれだけ集中できていますか?

また、集中するための方法をどれだけ知っているでしょうか?

集中力を高める方法はたくさんありますが、すぐに実践できる方法を中心に紹介します。

ポモドーロテクニック

1つ目は時間配分で生産性を高める方法です。

ポモドーロテクニックは、25分の集中と5分の休憩を交互に繰り返す仕事術で、人間が持つ集中力を最大限発揮させられる方法です。

詳しい方法は以下のページで紹介していますが、守って欲しいポイントは”区切りが悪くても必ず休憩を取ること”です。

区切りが悪い状態で中断するのは、TV番組がCM前に気になる内容を流すのと一緒で、集中力を保つ効果があります。(ツァイガルニク効果)

心理学を利用して生産性を高められるおすすめの対処法です。

生産性を上げるポモドーロ・テクニックとは

ポモドーロ・テクニックのやり方!集中力が最大化【勉強にも最適】

2019.04.19

1つ1つ仕事を片付ける

生産性が低い働き方をしている人には、複数の仕事を同時進行で行う人も多いです。

”マルチタスク”と呼ばれる状態ですが、仕事を早く終わらせるには1つずつ片付ける”シングルタスク”に変えましょう。

マルチタスクは仕事の生産性を40%低下させて、作業時間も1.5倍長くしているのです。

  • 生産性が40%低下
  • 仕事時間が50%長くなる
引用:FUZEBOXより

上記のポモドーロテクニックと組み合わせ、1つ1つ作業を終わらせるようにすることで、生産性を大幅に高めることができます。

昼休みは昼寝をする

毎日のように仕事が終わらない人は、昼寝の習慣をつけるだけでも午後の生産性は大きく変わります。

NASAが宇宙飛行士に行った研究だと、26分の昼寝で午後の集中力が54%高くなることが分かりました。

26分は取れない人も、数分目を閉じるだけでも脳は一度リセットされて午後の集中力を高めてくれます。

反対に、仕事が終わらないからと昼休みに仕事をするのは、脳に休息を与えずに仕事が終わらない状況を自分で作り出していることになります。

仕事が終わらない人は、昼寝を習慣にすることも対処法の1つです。

昼休みの昼寝で生産性が上がる

え?まだ昼休みに昼寝してないの?【生産性1.5倍】戦略的な仮眠術

2019.10.13

2.依頼を上手に断る

お願いされた仕事を断れないのが原因で仕事が多くなる人は、断るコツを知りましょう。

断ることを怖く感じる人や、断るくらいなら引き受ける方が楽だと感じる人も多いです。

ですが、ちょっとしたコツを知ると自分の仕事量をコントロールすることができます。

全部じゃなく部分的に引き受けよう

断るのが苦手な性格の人におすすめなのが、部分的に引き受けることです。

依頼された仕事は、

  1. 引き受ける
  2. 断る

このように0か100かで考えていませんでしょうか?

お願いされた仕事のうち、自分ができる範囲だけ限定することでも、仕事量は大きく減らすことができます。

    できる分だけ引き受けるコツ
  • 「自分も溜まってるから、この3つだけ手伝うね」
  • 「全部はできないけど、下調べなら協力できるよ」

”完全に”は断らないので、相手の信頼を失う可能性も低く、むしろ「大変なのに手伝ってくれた」と感謝される可能性もあります。

断るのが苦手で仕事が終わらない人は、部分的に断ることが解決策になるのです。

3.人に頼る、仕事をお願いする方法

人に仕事を振れない人や、頼み事が苦手な人向けの対処法も紹介します。

頼み事もやり方によって、自分の評価を高めることもあれば信用を失うこともあります。

人に頼るのが苦手な人も取り入れやすい方法を紹介します。

相手が得意なことをお願いする

頼み事をする時のコツは、やみくもにお願いするのでなく、相手が得意なことをお願いすることです。

人には承認欲求という、認められたい願望があります。

仕事のやりがいに大きく関係するのが承認欲求なのですが、承認欲求を上手に使ってお願いするのです。

    承認欲求を満たす依頼のコツ
  • 「数学得意だよね?よかったらデータ分析してくれないかな?」
  • 「映画会社の案件なんだけど、よかったら関わってくれない?」

相手の得意なことや関心があることを、自分の溜まっている仕事とリンクさせて頼み事をすると、承認欲求が満たされて喜んで貰えることもあります。

頼み事をした方が気に入られやすいメリットも

頼み事をすることは、仕事が早く終わるだけじゃなく人間関係でもメリットがあります。

人は、尽くした相手ほど好きになりやすい心理があるのです。

「頼んでばかりだと嫌われるのでは?」と考えがちですが、相手の承認欲求を満たす頼み事は、むしろ自分を気に入ってもらえる行動となります。

雑用のように何でもお願いするのはダメですが、相手が得意なことは上手にお願いをしてみましょう。

4.完成じゃなく完了を目指す

仕事に拘りすぎる人や、心配性で100%じゃないと気が済まない人は、完成じゃなく完了を意識して仕事をしましょう。

仕事に対して、労力や掛かる時間を考えて取り組めているでしょうか?

仕事には費用対効果が必ず求められます。

言い換えると、同じ時間でどれだけ多くの生産をしたかです。

完成を目指すあまり、費用対効果を下げた仕事になっていないでしょうか?

費用対効果が高いのはどれくらいか?

仕事を100%完成させる意識でやっている人は、業務全体を見れていないことが多いです。

1つの仕事を頑張り過ぎるあまり、他の仕事や他人にしわ寄せが来ていないでしょうか?

100点の仕事を3つやるより、90点の仕事を4つやる方が、50%も生産性が高くなります。

「手を抜け」という訳ではなく、成果が一番大きくなるポイントを意識して仕事をしましょう。

業務全体で見て一番成果が高くなるように、仕事を完了させる意識をもつことも、仕事が終わらない対処法の1つとなります。

5.ツールを活用する

ツールの活用も、仕事が終わらない人におすすめの対処法です。

ツールと言っても、社内全体で導入する大掛かりなものではなく、自分で取り入れられるツールもたくさんあります。

よく使うエクセルの作業もやり方次第で効率できたり、PCにインストールするだけで時間を大幅に短縮できたりと、日頃から問題意識を持って仕事をしていくと、効率化するポイントが見つかります。

例:コピぺツール clibor

ツールで業務の効率化をする例として、コピペツールのcliborを紹介します。

Windows用の無料ツールで、macだとclipyが似たツールとなりますが、主な機能は2つです。

  • 過去のコピー履歴が残る
  • 定型文を登録できる

特におすすめなのが、定型文を登録しておける機能で、よく使うメール文章などを登録しておくと、改行も含めて貼り付けるだけで済み、文章を書く時間が無くなります。

cliborの限らず、普段仕事をする中で、「これ無駄だよな」と思うことがあれば、検索をしてみると解決できることも意外と多いのです。

「ツールを覚える暇がないよ!」って人は?

ツールを紹介すると「そんなの覚えてる時間がない」と感じる人は、仕事を長期的に考えてみましょう。

確かに使いこなすまでには少し時間が掛かるかも知れないですが、慣れれば作業は2倍にも3倍にもなります。

面倒なのは最初の数時間、もしくは数十分だけ。その先を考えると活用しないのはただの怠慢です。

最初の面倒臭さを乗り越えるだけで、仕事が終わらない状況を解決できる可能性はたくさんあるのです。

6.上司や責任者に相談する

会社がブラック企業じゃないなら、上司や責任者に相談してみるのも対処法の1つです。

普通ならマネジメントする側から解決策を提示すべきではありますが、こちらから相談をしてみることで、優先して解決に動いてくれる場合もあります。

できれば、ただ相談に乗ってくれる優しい人ではなく、決定権のある上司に直接話せるとベストです。

業務一覧があると理想的

仕事が終わらない原因が業務量の多さや仕事の振り分けにあるなら、業務の把握と精査をすることになります。

実際仕事をする立場と、マネジメントする上司では業務の把握にズレが生まれやすいので、業務一覧を簡単にでも持っていくと理想的です。

どの業務に時間が掛かっているかや、仕事の振り分けが偏っていないかをその場で見てもらえると、改善に向けた行動にも移して貰いやすくなります。

会社が原因で仕事が終わらない人は転職すべき

仕事が終わらない人は転職すべき

仕事が終わらない対処法として、自分の努力や工夫だけじゃどうしようもないこともあります。

特に、そもそもの業務量が多過ぎたり会社がブラックだと、自分ではどうしようもありません。

環境を変えるための転職や、会社の責任者を動かす対処法が必要になります。

ホワイト企業に転職すれば解決する!

今の仕事や会社に強い拘りがないなら、転職・特にホワイト企業に転職しましょう。

「自分には能力がない・・」とネガティヴに考えるかもですが、ハッキリ言って、会社によって働き方は全く違います。

会社選びさえしっかりすれば、残業がなく定時帰れる生活が送れるのです。

今の会社にいる意味はあるか?

「転職はちょっとな」と積極的になれない人は、今の会社は心の底から働きたいと思える会社・環境でしょうか?

おそらく、そのように感じているなら仕事が終わらないと悩むことも無いですよね。

また、転職を諦めることは会社が原因で仕事が終わらない状況は、自分では解決できないと諦めることです。

昭和の時代と違い、転職を経験しない方が珍しい時代で、働き方改革もされる中でホワイト企業の求人も増えてきています。

人手不足でも解決しない会社や、仕事を大量に押し付ける会社は、本当に働き続けるべき会社なのか、考えてみるべきでしょう。

ホワイト企業に転職しやすいエージェント3つ

転職に踏み切ろうと思った人だけでなく、実際の求人を見ることから始めたい人向けに、ホワイト企業に転職しやすいエージェントサービスをまとめました。

転職エージェント選びから気を付けないと、今と同じような会社を紹介されることになり兼ねません。

大手で安心できるサービスや、ホワイト企業専門型の転職エージェントを紹介します。

dodaエージェント

dodaエージェント

ホワイト企業への転職なら、大手のdodaもおすすめです。

エージェントによる転職サポートが充実していて、書類添削から面接対策までしっかりと行ってくれるので、行きたい会社への内定率も高くなります。

エージェントは企業の人事と繋がりがあるので、「残業の少なさ」などと事前に希望を伝えておけば、ホワイト企業を厳選して紹介してくれます。

特に20〜30代だと、求人数も豊富なので登録して損はないサービスとなるでしょう。

dodaエージェントの公式ページはこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェント

大手のリクルートが運営する転職エージェントも、豊富な求人数で職種を問わずおすすめできます。

最大手の転職エージェントで求人数は国内最大規模を誇り、対応もスピーディで早ければ1ヶ月で内定を貰える人もいます。

今まさに仕事が終わらなくて辛い人も、1ヶ月で解決できるとしたら、やる気が出ないでしょうか?

年齢や職種、地域を問わずおすすめできるサービスの1つです。

リクルートエージェントの公式ページはこちら

ウズキャリ

ウズキャリ

20代向けのサービスだと、ウズキャリもおすすめのエージェントの1つです。

ウズキャリ一番のポイントは、ホワイト企業に特化した転職サービスということ。

独自の審査でブラック企業を排除しているので、今のような仕事が終わらずに帰れないことは無くなります。

20代で年齢が合う人は、求人をみるだけでもストレスは全然違ってくるので、登録して実際の募集を見てみましょう。

ウズキャリの公式ページはこちら

残業が多い状況はすぐ変わらない

仕事が終わらない時の対処法で転職を勧めるのは、仕事量や会社の体質が原因だと、自分一人での改善は見込めないからです。

紹介してきたような生産性を高める方法や、転職で環境を変えてしまうのは自分一人の行動で解決しますが、会社の体質を変えるには多くの人が協力し行動しないと改善されず、時間も労力も想像以上に掛かります。

仕事が終わらなかった私の体験談

実際、私も過去に同じ悩みを抱えていました。

組織を変えようと、色々な提案や時には上司とぶつかるなどして行動しましたが、何も解決されませんでした。

もちろん私の実力不足もありますが、変わらない会社の体質に見切りをつけて転職をしたら、今までの労力がもったいないと感じるほど全て解決されたのです。

見込みが少ない今の職場に時間と労力を使うくらいなら、転職活動にその分の力を使う方が、希望の条件で転職することにもなり一石二鳥にもなります。

今の生活だと考えられないと思いますが、世の中には定時でも堂々と帰れる会社はいくらでもあるのです。

仕事が終わらない辛さは、非常に大きなストレス!

仕事が終わらないストレスは大きい

仕事が終わらないと辛く泣きたい気持ちになるのは当然で、終わりの見えない仕事は大きなストレスを作り出します。

なぜ大きなストレスになるか。また、ストレスが続く悪影響は何かも紹介しておきましょう。

終わりが分からない不安は恐怖感を生む

仕事が終わらないなど、先が見えないことに対して、人は不安や恐怖を感じます。

砂漠で右も左も分からない状況と一緒で、目指す先=仕事の終わりが見えないことは強いストレスの原因となるのです。

今日は区切りを付けても、明日もまた残業が確定するような働き方だと、ストレスはずっと蓄積されていき、休み明けには「仕事に行きたくない」と拒否反応を起こすほどになります。

無謀な業務量によるストレスは、やがて精神を病む原因にもなるのです。

時間をコントロールできないストレス

仕事が終わらない辛さは、自分の時間をコントロールできないストレスも生み出します。

仕事のモチベーションを保ったり、やりがいを感じる要素でもある”自分で時間を管理できる感覚”は、仕事に追われている状態だとほぼ0になり、大きなストレスになるのです。

残業が多いせいで、娯楽やリラックスする時間まで奪われると更に最悪で、仕事へのやる気も大幅に低下します。

感情を無くさないうちに解決すべき

仕事が終わらないストレスが更に積み重なると、感情も無くしてしまいます。

状況を変える意欲も無くなり、会社の言いなりで転職もできない無気力な人間=社畜となってしまいます。

どんなブラック企業でも、辞められずに働いている人がいるのは、改善したい気持ちや辞めたい感情を奪われているからで、今の状況が続くと、あなたも同じ状況になります。

「自分も結構ヤバいな」と感じる人は、終わらない仕事を1つや2つ後回しにしてでも、解決に向けた行動を早く起こすべきでしょう。

仕事が終わらない理由と対処法まとめ

仕事が終わらない理由と対処法まとめ

仕事が終わらない原因や理由、そして対処法をまとめて紹介してきました。

自分の仕事のやり方に原因があるなら、生産性を高めたり上手な頼み方・断り方を覚えることで解決できますが、業務量が多く会社がブラックな場合だと転職して環境を変えるべきでしょう。

会社の体質や業務内容そのものに問題があるときは、自分一人で解決するには労力が掛かりすぎて、会社に残って解決するのはおすすめできません。

ストレスが更に増えると、無気力で感情もなく働く、本物の社畜になってしまいます。

仕事が終わらずに辛い思いをしている人は、今日をきっかけに行動に移して、プライベートも充実できる働き方を手に入れましょう!

おすすめ転職サービス3選特徴
dodaエージェント20〜30代向けに10万件以上の豊富な求人
リクルートエージェント人材最大手リクルートの転職 エージェント
ウズキャリ20代向けのホワイト企業特化型サービス
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。