職場でぼっちは結構ヤバい【辞めたい時は転職すべき?】

職場でぼっちで辞めたい

職場でいつもひとりぼっちで、辞めたいと悩んでいる人へ!

職場でひとりで寂しく過ごす人は、仕事へのやる気も減り、辞めたいと感じてしまっても当然です。

なぜなら、ひとりぼっちの寂しい感情は、心にも体にもデメリットが大きいからです。

本記事では、職場でひとりぼっちでいる悪影響と、その解決策について紹介していきます。

今まさに辞めたくて辛い人にこそ、読んで欲しい内容です。

職場でぼっちがヤバい理由【辞めたいのも当然】

職場でぼっちはヤバい

職場でひとりぼっちだと何がヤバいのか?

ぼっちの孤独感は、身体にも心にも悪影響があります。

ひとりの孤独感は仕事だけじゃなく、普段の生活や健康にも関わる感情なのです。

仕事のモチベーションが下がる

職場でぼっちだと、仕事へのモチベーションを下げます。

ぼっちの孤独感によって不安やストレスが増えるのはもちろんですが、人との関わりはモチベーションを保つのに大切な要素です。

誰と働くかはとても重要!

仕事は何をやるかだけじゃなく、誰と働くかも非常に大切です。

職場での人間関係が大切なことは、転職理由からも明らかで、会社を辞める理由で一番多いのは人間関係の悩みです。

人は社会的な生き物とも言われていて、誰と一緒に仕事をするかは仕事内容よりも大切とも言われるほどです。

ひとりで黙々とできるタイプなら問題がないですが、既にひとりぼっちで孤独感を抱えているようなら、精神的にもかなり辛い状態だと思います。

仕事へのやる気が出ない職場だと、スキルアップもしにくく高い成績を残すのは難しいでしょう。

ひとりぼっちは健康に悪い

ひとりぼっちの孤独感は、精神病や慢性的な疲れの原因となるなど健康にも悪影響を及ぼします。

職場でぼっち状態が続いてしまうと、最終的には寿命にも悪影響が出てくるのです。

ぼっちの孤独感は死亡率も高める

アメリカのブリガムヤング大学による研究だと、孤独な感情は死亡率を26%高めるという結果になりました。

職場でぼっちなことも例外ではなく、ストレスを抱えやすく健康面でも悪影響が出てきます。

職場で孤独感を抱えている人は、既にストレスを溜め込んでしまっている場合も多く、会社を辞めたいと考えても当然とも言える状態です。

辞めたいと感じるのはむしろ正常な反応

職場でぼっちだと、辞めたく感じるのはむしろ正常な反応です。

ストレスや逃げたい気持ちになるのは防衛本能が働いていることがほとんどで、ひとりぼっちでストレスが限界に近付いてきて、逃げたい=辞めたいと感じてきます。

「仕事を辞めたいなんて情けない」

と自分を責める人もいるかもですが、辞めたいと感じるのは、職場でひとりぼっちの人なら誰でも感じることだと理解しておきましょう。

職場ぼっちにもメリットはある

職場でひとりぼっちのメリット

職場でぼっちだと、いかに悪影響が大きいかを紹介してきました。

ですが、ひとりぼっちのメリットもあるので、解決策の前に紹介しておきます。

自分のペースで仕事ができる

自分のペースで仕事をしやすいのは、ひとりぼっちでいるメリットの1つです。

人との関わりが多くなると、話しかけられたりして仕事のペースを乱されることが多くなります。

頼られて嬉しいことはもちろんありますが、段取りをつけて自分のペースで仕事をしたい人には煩わしいことも結構あるでしょう。

自分のペースを乱さずに仕事がしやすいのは、ぼっちな人のメリットです。

面倒な人間関係がない

面倒な人間関係に巻き込まれないのも、ぼっちが持つ大きなメリットです。

職場によっては派閥やグループがあったりすることが多く、派閥やグループで昼休みを過ごさないといけなかったり、定期的な飲み会があったりと、面倒に感じることも多くなります。

その点、常にひとりで行動していれば煩わしい人間関係に振り回されることも少なくなり、良くも悪くも自分次第で仕事ができるようになります。

自分の時間が多い

面倒な人間関係がなくなり、自分のペースで仕事できることは自分の時間を増やすことにも繋がります。

貴重な昼休みの時間や、退勤後の夜の時間も自分の好きなように使えるので、趣味やプライベートも充実させやすくなります。

職場によっては休日もイベントが付き合いが多い会社もありますが、ぼっちを貫いていれば参加する必要もなくなり、仕事以外は自分のために時間を使えるようになるでしょう。

注意:メリットは孤独感がない前提

ぼっちのメリットを紹介しましたが、前提としてあるのは孤独や寂しさを感じていないことです。

既に孤独で寂しく感じていて辞めたい気持ちがある人は、いくらメリットがあってもデメリットの方が大きくなります。

メリットよりも寂しさなどマイナスの感情が強い人は、次に紹介する解決策を試してみましょう。

職場でぼっちで辞めたい時は転職が最適な理由

職場でぼっちなら転職すべき

職場でひとりぼっちの人は、どう解決すれば良いのか?

既に辞めたいと感じているなら、転職するのが一番良い解決策です。

転職する

辞めたい気持ちが強いなら、転職が一番の解決策です。

仕事へのやる気も上がらずに毎日の仕事が辛いなら、ネガティヴな気持ちで働く今の職場には見切りをつけて新しい環境に移りましょう。

職場の雰囲気は会社で全然違う

辞めたい気持ちはあるけど、転職先でも同じじゃないかと不安になることもあると思います。

ですが、職場によって雰囲気や人間関係は全く変わります。

会社さえ変われば職場での人間関係はガラッと変えることができるのです。

ひとりぼっちは職場に原因がある

職場でぼっちな人は、このように考えていませんか?

  • 「自分には魅力がない」
  • 「コミュニケーション力の低さが原因だ」

このように自分を責めがちですが、ひとりぼっちの原因は職場や雰囲気にあることがほとんどです。

今の職場だと、価値観や意見が合う人がいなくてひとりぼっちでも、同じ属性の人が多い会社に転職をすれば、自然と人間関係も作ることができます。

転職で会社を変えるだけで、孤独や寂しさは解決できるのです。

とりあえず辞める

今の会社は、転職が決まらないと辞められないことはありません。

辞めた後で転職活動を始めるのも解決策の1つです。

上司に退職を伝えた後や、退職をしてから転職活動を始める人は、全体の3割と意外に多いです。

また、先に辞めてしまう方が得をすることもあります。

転職活動に多くの時間を使える

先に辞めてしまうメリットは、転職活動に多く時間を使えることです。

転職活動は情報収集が大切で、企業研究に使える時間が増えると、希望の転職先も見つけやすく、面接対策の時間もたくさん取れて内定率が上がります。

既に辞めたい気持ちが強いなら、先に辞める決断をしてから転職活動を始めるのも解決策の1つです。

人間関係には相性がある

今の職場でぼっちな人は、価値観が合う人や話したいと思う人がいないから、ひとりで過ごしていることが多いのではないでしょうか?

人間関係には相性があります。

どんな環境でも相性が合わない人ばかりの状況だと、馴染むことは無理です。

反対に言うと、自分と相性が合う職場さえ見つかれば自然と友人ができたり、気軽に話せる人が見つかります。

今の環境は自分と相性が悪いだけなので、必要以上にネガティヴにならず自分に合う環境を見つけましょう。

今の職場で、勝手に状況が良くなることはない

「そのうち良い環境になると良いな」

そう願っている人もいるかもですが、残念ながら勝手に状況が良くなることはありません。

周りを変えるハードルはかなり高い

ひとりぼっちの状況を、自分の行動で変えようとする人もいますが、かなり難易度は高くなります。

自分一人を変えるのも難しいのに、他人を変えるのはもっと難しいからです。

転職なら自分ひとりの行動で解決できますが、職場の雰囲気や人の価値観はなかなか変わりません。

転職する方がよほど楽で簡単な解決策なのです。

辞めたい人におすすめの転職サービス

転職への意欲が固まった人や、実際の求人を見ることから始めたい人向けに、おすすめの転職サービスを紹介します。

転職する気になった人はもちろん、求人をみるだけでも人生の選択肢が増えるので、ストレスが減り心も安定してくるはずです。

dodaエージェント

dodaエージェント

20〜30代の人は、dodaでの転職をおすすめします。

初めて転職する人や未経験からの転職に強くサポートも充実しているのがポイントで、求人数も10万件以上と職種を問わず豊富です。

エージェントタイプは非公開求人が多いので、事前の面談で今の人間関係の悩みを伝えておけば、希望に合わせた会社を紹介してもらうことができます。

職場でぼっちな人もエージェントを上手に使うと、孤独や疎外感を感じることなく働けるようになります。

dodaエージェントの公式ページはこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最大規模の求人数が一番の魅力です。

年齢や職業に関係なく、転職する人なら誰でも利用が可能で、リクルートエージェントだけの非公開求人を中心に、たくさんの求人を紹介してもらえます。

今すぐ辞めたい人には、対応の早さもおすすめできる点で、早ければ1ヶ月後に内定を貰えることも珍しくありません。

来月には今の職場から離れて、ひとりぼっちから卒業することもできます。

リクルートエージェントの公式ページはこちら

リクナビネクスト

リクナビネクスト

リクナビネクストはエージェント型ではなく、自分で直接応募する転職サイトです。

dodaやリクルートエージェントと比べて求人数が少ないですが、求人を見ることから始めたい人にはおすすめのサービスとなります。

エージェント型だと、面談後(電話面談もあり)に求人を紹介してもらう流れが普通ですが、リクナビネクストは登録すればすぐに求人を見ることができます。

まだ転職に迷い中の人は、リクナビネクストにとりあえず登録をして、実際の求人を見ることから始めてみましょう。

リクナビネクストの公式ページはこちら

ぼっちでも今の職場を続けるための解決策

ぼっちでも会社に残る

職場でぼっちの人は、転職をおすすめします。

ですが、今の職場で働きながらできる解決策もあります。

転職や辞めない以外の解決策を紹介します。

小さな頼み事をする

仲良くなりたい相手がいるなら、小さな頼み事をしてみるのがおすすめです。

自分が助けたりするのも大事なのですが、相手に何かをやってもらうことも人間関係を作るのに効果的な方法です。

心理学では認知的不協和の解消と呼ばれるもので、人は自分がした行動に感情を結びつけようとします。

例えば、ペンを貸して欲しいと頼まれて貸した場合でも「相手は良い人だから私は貸してあげたんだ」と、感情が後から行動に合わせてくるのです。

頼み事をして相手が何かしてくれたらな、相手は自然とあなたを好意的に思ったり話せる相手だと思ってくれます。

ほんの小さなことでも、声をかけてお願いをしてみると、自然と話せる人が増えているかも知れません。

自己開示をする

ひとりぼっちの人は、自分を知ってもらうきっかけが足りないことも多いです。

職場だからと変に仕事モードで壁を作り、プライベートは一切明かさないようでは、話しかけにくく孤立してしまう一方です。

仕事中でも状況を見て自己開示をしていくと、興味を持ってくれる人が出てきてひとりぼっちじゃなくなります。

質問をする(興味を持つ)

職場でぼっちな人は、そもそも人に興味を持てていないことも多いです。

自分に置き換えて欲しいのですが、あなたのことを好きだと思ってくれている人と、興味を持ってくれない人では、どちらと話したいでしょうか?

人は自分に興味を持ってくれる人と話す方が、楽しく会話ができます。

職場の人と仲良くなりたいなら、質問をしたり興味を持つことから始めてみましょう。

仕事のやり方はもちろん、持ち物や趣味といった些細なことでも、自分に興味を持ってもらえると嬉しいものです。

質問責めはNGですが、相手に興味を持つことも、職場でのぼっちを解決する方法の1つです。

職場でぼっちな人の解決策まとめ

職場でぼっちな人の解決策

職場でぼっちな人向けに、ひとりでいるメリット・デメリットや解決策を紹介してきました。

職場で良い人間関係ができていないと、毎日の仕事が辛く辞めたいと思っても仕方ありません。

孤独や寂しさは仕事にも健康にも悪く、少しでも早く解決すべき悩みです。

職場の人間関係は相性次第なので、転職で良い会社が見つかれば、自然と悩みも解決されます。

ひとりぼっちで辞めたいと感じているなら、将来の自分にとって一番良い行動は何かを、本記事をきっかけに考えてもらえたらと思います。

職場ぼっちを解決するなら特徴
dodaエージェント20〜30代の転職におすすめ
リクルートエージェント求人数は国内最大規模
リクナビネクスト求人を見ることから始める人向け
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。