異業種へ転職するコツ【具体例あり】20代と30代の違いとは?

異業種へ転職するコツ【20代と30代の違い】

異業種へ転職をして新しいチャレンジがしたい!

今の仕事に違和感を感じたり、やりたいことが見つかるなど違う業界・業種へ転職したい時には何をすればいいのか?

転職には年代ごとに適した準備が必要で、コツを知っているかで成功できる可能性も変わってきます。

異業種への転職や新しいチャレンジをしたい人向けに、年代ごとですべき準備やコツを紹介していきます。

異業種への転職は20代と30代で大きく変わる

やりたいことが今の仕事と違ったり、働き方を変えたいなど異業種への転職を目指すタイミングは人により様々です。

ですが、20代と30代など年代によって異業種への転職は難易度が大きく変わることは理解しておきましょう。

30代になると難易度が一気に上がる

後ほど詳しく紹介しますが、20代に比べて30代になってからの異業種転職は難易度が一気に高くなります。

社会人として歴の浅い20代と違い、30代では10年近く社会人経験がある前提になるので、求められるスキルや能力は当然ながら高くなります。

ですが、成功するための準備やコツを押さえておけば、30代でも転職することは十分可能です。

異業種への転職は、転職する時期により成功できるか失敗しやすいのかが変わってくることを前提として覚えておきましょう。

20代で異業種へ転職するコツ【スピードが大切】

20代で異業種へ転職する方法

社会人としてスタートを切ったは良いものの、仕事をしてみたら自分がやりたいことは別の業種や仕事だったと気付くことは多くあります。

「進むべき道を間違った」と後悔する人も多いかもしれませんが、20代であれば異業種への転職も受け入れてもらいやすい環境があります。

第二新卒やポテンシャル採用

第二新卒という言葉もあるように、20代で社会人になりたてのタイミングであれば異業種でリスタートを切れるチャンスがたくさんあります。

業界によって寛容かに差はあるものの、経験やスキルより、やる気や適性などのポテンシャルで採用してもらいやすいのが20代です。

社会人として仕事を始めた上で、別に本気になれることがあるのなら、転職したい理由ややる気を伝えることで異業種への転職にも成功しやすいです。

20代なら早く活動できるかが成功のポイント

20代は第二新卒のように今後の成長を見込んで採用してくれます。

20代が異業種へ転職する時のポイントは、なるべく早く転職活動を始めることです。

20代でも、社会人になって間もない22歳もいれば30歳手前の20代もいます。これからの成長や可能性を考えた時、なるべく若いうちに異業種へ転職する方が習得も早いと考えるのが採用担当者の考えでは一般的です。

今の職種に違和感を感じているのなら、早めに転職エージェントと面談をするなどして自分が本気になれる新しい仕事を探し始めましょう。

30代で異業種へ転職するコツ【パターン別の対策】

30代で異業種へ転職する方法

第二新卒などポテンシャルで採用してくれる20代と違い、30代での異業種転職は難易度もぐんと高くなります。

とはいえ、30代からでも異業種への転職は可能です。

30代から異業種へ転職する際に気をつけるべきポイントとコツを紹介します。

異業種と言っても2パターンある

はじめに知っておくべきは、異業種への転職にも2つの種類があることです。

    異業種の転職2つのパターン
  • 異業種×職種
  • 異業種×異職種

異業種と言っても、業界が同じかどうかで転職のしやすさや転職活動のポイントも変わってきます。

1.異業種×同職種

業種・業界は同じでも、職種としては同じパターンです。営業職でも、不動産の営業職からITソフトの営業職などへ変わるケースです。

このように、職種は同じで業種を変える転職は30代でも割と受け入れてもらいやすい転職になります。

売るものや業界の知識などは新しく身につける必要がありますが、仕事の内容はそこまで大きく変わらないため、30代でも転職がしやすいケースとなります。

今の仕事の成果やスキルがあることが大切

異業種×同職種で転職する場合にポイントとなるのは、今の仕事での成果やスキルがどれだけあるかです。

業種は変わるとはいえ、営業職や接客業など軸となるスキルは大きく変わりません。

そのため、異業種へ転職したいと考えた動機や理由を伝えた上で、これまでの実績やスキルも転職活動で伝えられるかが大切になります。

転職エージェントを利用するのであれば、職務経歴書の書き方や面接での伝え方などを調整した上で転職活動に挑みましょう。

2.異業種×異職種

職種が同じケースと違って、業種も職種も変わる転職はそれだけ難易度も高くなります。

成功するためのポイントは、現職の経験やスキルがどのように活かせるのかを伝えることです。

持っているスキルは新しい仕事内容でどう役立つのか?

異業種への転職で難易度が高いこのケースでは、これまでの経験やスキルがどう役に立つのかを客観的に伝えられるかが鍵になります。

例えば不動産の営業職から、食品メーカーのマーケティングに転職したいとします。

  • 営業職では顧客の生の意見を元に、サービスを提供していたのでマーケティングの軸ができている。
  • 営業トップの経験で営業のコツを知っているため、マーケティング職では営業チームとの連携もしやすい。

このように今の仕事をしているからこそ得ることができたスキルや経験を、次の仕事でどう活かせるのか伝えることで、未経験でも適した人材だと判断してもらいやすくなります。

転職する動機もしっかり作り込もう

異業種で仕事内容も変わる転職では、転職を考えたキッカケや理由作りもより一層大切です。

これまでの社会人経験やスキルから、志望する仕事で働きたいと考えるまでを1つのストーリーとして作ることができると採用担当者の心にも刺さりやすくなります。

例:将来マーケティングをするためには、顧客の声を聞くことが大切と感じて営業職で長く働きスキルをつけた。

このように、1つの流れとして作ることができると業界や職種が変わることへの違和感も少なくなり、幅広い知識を持っているとプラスの評価を受けやすくなります。

個人として経験を付けておくとかなり有利

30代になってからの異業種転職は難易度が上がりますが、職種も変わるときに有効な対策があります。

それは、転職先でやりたい仕事を、今のうちから個人で身につけておくことです。

例えばSEやプログラマーへの転職を目指すのなら、個人で言語を覚え、簡単なものでも自作をしていると明らかに転職への成功率は高くなります。経理など資格を取得しておくことが効果的な場合もあります。

会社で働く経験としては未経験でも、高いスキルを認められれば経験者枠として入社することは実際に多くあるので、転職できるかだけでなく収入面でもメリットのある行動になります。

異業種へ転職する3つの準備【30代は必須】

異業種へ転職する準備

異業種への転職を目指すときに準備しておくことを3つ紹介します。

上記と繰り返しになる部分もありますが、特に30代であれば必ず押さえておきたい内容です。

1.転職の動機

世代を問わず必ず用意するべきなのは異業種へ転職する動機です。

転職したい業界や仕事内容になぜ興味を持ったのか、その仕事で何を成し遂げたいのかを深く考えていないと、採用の面接が通らないことはもちろん、転職後に後悔したりモチベーションが続かないことになります。

過去と将来を1つのストーリーにできると完璧

転職の理由や動機を作る際におすすめなのは、過去と将来を1つのストーリーで繋げることです。

今までの仕事では何を得ることができてそれが次の仕事ではどう活かせるのか?さらにその先はどんな目標を持っているのかを1本の線で伝えることができると面接も通りやすくなり、何より自分自身が納得をして次のキャリアへ進めやすくなります。

  • 例:将来自分のお店を出したい。そのために今までは営業職で顧客と直接関わる仕事をしていた。これからは集客力を付けるためにマーケティング職へ転職したい。
  • 例:SEの仕事をしていたが、顧客の声をシステム開発に取り込めたらより良いサービスを作ることができる。プログラミングの知識を持つ営業職としてWEBサービスの会社へ転職を希望している。

2.スキル・実績を客観的に見る

異業種への転職とはいえ、これまでの社会人経験が0になるわけではありません。ポテンシャルで採用してくれる20代ならまだしも、30代以上ならスキルを客観的に見つめて強みになることをまとめることで転職も成功しやすくなります。

注意したいのは客観的な視点を持つことで、今の会社の評価や収入は世間とズレている可能性もあること。

必要以上に高い評価をされている場合もあれば、その逆もあります。客観的な視点でスキルを見つめることが大切です。

職種は同じ場合は実績が重要になる

異業種への転職でも職種は同じ場合は、実績やできることがそのまま評価に直結します。営業職なら成績、システム系の仕事なら過去の対応実績を伝えることで新しい業界ではどのように働けるかの指標になります。

業種が変わることで出てくる違いを踏まえた上で、客観的に見たスキルや実績をまとめておくのが良いでしょう。

職種も変わる場合は”付加価値”を考える

異業種への転職で職種も変わる場合には、スキルや実績をそのまま伝えるだけだと十分ではありません。

営業から人事の仕事に転職するなら、営業であげた実績をそのまま話してもどれだけ活躍できるかは未知数です。

このように職種も変わる場合には、自分だからこその付加価値を見出せるかがポイントになります。

  • 例:人事だけでなく営業職としての実績や経験は、現場目線で採用活動ができ、求職者の悩みも理解できる。
  • 例:SEとしてのスキルは、ウェブサービスの営業をする上で顧客の声をサービスの改善に繋げられる付加価値が生まれる。

実績やスキルをそのまま伝えるのでなく、異業種としての経験があるこそ強みになる部分を見つけましょう。

同じ業種・同じ職種からの求職者ではできない部分を見つけられたら完璧です。

3.転職エージェントとの面談

異業種への転職であれば、転職エージェントの利用は必須です。

    転職エージェントを使うべき理由3つ
  • 転職相場が分からない
  • 業界の常識を知らない
  • 異業種に寛容な会社が絞れる

転職相場が分からない

スキルや経験がどれだけ評価されるのかは業界によって違います。

異業種で転職するなら基礎となる相場感が分からないので、必要以上に高い希望を持って内定が貰いにくかったり、反対に相場より低い条件で提示されてしまうことも珍しくありません。

同業界ならこれまでの経験から収入や評価も判断しやすいですが、異業種への転職なら転職エージェントを利用して適切な条件で転職活動ができるようにしましょう。

業界・業種の常識を知らない

業界・業種によって価値観や常識は全く変わります。

経営コンサルタントのように原価がほぼ無い業界もあれば、小売業のように売上の半分以上が原価として掛かるのが当たり前の業界もあります。

また、金融業界のようにチェックも厳しく保守的な傾向が強い業種もあればIT業界のように1日で大きく方針が変わるような業種もあります。

転職エージェントを利用すると、今の業種と転職先の業種での違いを踏まえたアドバイスや活動の方向性を決める手助けをしてもらえます。

異業種に寛容な会社を絞れる

業界だけでなく、異業種からの転職が受け入れてもらいやすいかは会社ごとにそれぞれ違ってきます。

自力で1から会社を探す時は、異業種からの転職をあまり受け入れてくれない会社かの判断もつかずに転職活動を進めることとなり合格点が分からないまま資格試験を受けるような状態に陥ります。

転職エージェントであれば会社ごとに転職できるかの目安を知っているので、合格できる基準を知って転職活動が可能です。

可能性の低い会社ばかりで無駄な時間・労力を使うことも減り、会社とのやり取りを代わりにやってくれるメリットなどもあり、自分と向き合う時間も多く作れるのです。

異業種転職におすすめの転職エージェント

異業種への転職に強い味方となる転職エージェントですが、おすすめの3社を紹介します。

転職エージェントには業界・業種特化型と大手・総合型の転職エージェントがありますが、どの業種でも紹介が可能な大手・総合型の転職エージェントをまとめています。

doda

業界最大級の求人数を持つdodaは、異業種からの転職にもおすすめです。

求人数の多さは希望する会社に出会える可能性の高さでもあり、たくさんの候補から志望先を選ぶことが可能です。未経験OKな求人を絞ることもできるので、職種が変わる場合にもオススメできる転職エージェントです。

dodaエージェント

リクルートエージェント

人材最大手のリクルートエージェントも異業種への転職をするなら登録しておくべきサービスです。

リクルートは営業力が何よりの強みで、職種が変わるような転職でも応募先の企業へ上手く情報を伝えてくれます。

転職する動機や将来のビジョンが曖昧なら、面談でエージェントと相談する中で内定につながりやすい内容に作り上げることができるでしょう。

リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手・総合型の転職エージェントですが、20〜30代に特化したサービスです。

若い層を対象にしているため、抱えている求人自体が異業種への転職にも寛容な会社が多くあり、内定がもらいやすい会社が揃っていると言えます。

また、若い層が中心のサービスなので初めての転職でも安心してサポートが受けられるのもメリットです。

マイナビエージェント

転職は業種が違っても大丈夫!【チャレンジしよう】

20代も30代も異業種へ転職はできる

異業種へ転職する際のコツや準備について、20代と30代の年代別に紹介してきました。

    まとめ
  • 20代は異業種への転職も寛容なのでスピード重視
  • 30代は難易度が上がるがコツや準備をすれば可能性が上がる

やりたいことが見つかることやチャレンジする気持ちは、誰かに言われて生まれるものではなくお金で買えるものでもありません。

新しい業界へ行きたい気持ちが芽生えたのなら、成長するチャンスです。

今の会社に残るのも転職するのも自分次第ですが、振り返った時に納得のできる決断をしましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。