IT系に強い転職エージェント5選【2020年最新】成功者が紹介!

IT業界に強い転職エージェント

IT系に強い転職エージェントはどこなのか?

IT特化型や大手の転職エージェントなどたくさんのサービスがありますが、実際に利用した経験や評判をもとに、オススメの転職エージェントを5社厳選しました。

後悔や失敗しないための転職エージェントを、業界・職業特化型と大手・総合型に分けて紹介していきます。

IT業界・WEB特化型の転職エージェント

IT業界特化型の転職エージェント

IT系の転職エージェントを選ぶなら、まず登録すべきはIT・WEB業界特化型のエージェントです。

IT系に特化した転職エージェントを使うべきなのは、エージェントが知識を持っている方が、給料や仕事内容を適切に紹介してもらいやすいからです。

大手に比べて求人数は劣るものの、確実に転職を目指すなら登録は必須となります。

ワークポート

ワークポートは大手、総合型の転職エージェントに分類されますが、元はIT業界特化型の転職エージェントだった会社です。

現在もその流れを引き継いでいるため、IT系の転職に強く求人数も豊富に抱えています。

大手と業界特化型のイイトコどりと言えます。

エンジニアからマーケティング職まで対応

ワークポートではエンジニア職からWEBマーケティングまで、IT系の職種であれば一通り求人を持っています。

未経験からIT職を目指す時だと、具体的にどの職種に就くべきか曖昧なまま転職活動をする人も多いです。そのように職種まで定まっていない人でも、IT系であれば全体的に求人があるため、転職活動を進めていきながら自分に合う職種探しをすることもできます。

そのため、未経験からのIT業界転職にも非常にオススメできる転職エージェントと言えます。

IT企業大手への転職にも強い

ワークポートではITの大手企業への転職実績も豊富です。

HP上で公開されているものを抜粋すると、

  • 楽天
  • サイバーエージェント
  • DeNA

日本を代表するようなIT大手企業への転職も可能なのもワークポートの特長です。

未経験OKの求人も多いため、異業種からで転職を考える人は登録しておくべき1つです。

ワークポート

レバテック

レバテックはIT職種の中でも、エンジニアやクリエイター職に特化した転職エージェントです。

未経験者はもちろんですが、経験者での転職であれば今より良い条件での転職ができる可能性も高くなり、多くの人が転職を成功させているエージェントです。

ITやエンジニア特化型のエージェントとして15年以上の実績もあり、無料相談で自分の市場価値を調べてみることから始めるのもオススメです。

エージェントの質の高さが魅力

レバテックはIT業界、エンジニアやクリエイター職特化型のエージェントとして15年もの実績があり、IT業界での転職ノウハウが多く溜まっています。

転職エージェントもIT経験者がほとんどのため、業界をよく知り仕事内容も知り尽くした人たちから求人を紹介してもらえます。

大手・総合型の転職エージェントだと様々な業界を一人で抱えるため、ITについての知識が少ない人も珍しくありません。

業界を熟知しているエージェントの質の高さは、レバテックだからこその強みと言えるでしょう。

レバテックキャリア

TechClipsエージェント

TechClipsエージェントは、IT経験者&高年収専門の転職エージェントです。

IT職の中でもエンジニア専門であり、年収500万円以上の求人のみ扱っています。

経験者・高年収のエンジニア専門型エージェント

TechClipsエージェントは非常に厳選した求人のみ紹介するため、数は多くないですが、当てはまるならぜひ登録しておくべき転職エージェントです。

    3つの特徴
  • ITエンジニア専門
  • 首都圏限定
  • 高年収&高待遇

求人数は少ない反面、質の高い求人だけが揃っており思わぬ掘り出し求人に出会える可能性もあります。

収入面だけでなく、ITエンジニア特化型なのでリモートワーク可や高スペックのPC支給など待遇面でのメリットも期待できる特化型のサービスとなります。

経験者なら登録必須!年収が大幅に上がるかも?

高年収専門と言うと、逆に敬遠する人もいるかもですが、経験者であれば想定より高い求人に出会える可能性もあるため登録して求人の紹介は受けておくべき転職エージェントと言えます。

サービス立ち上げやゲームアプリの開発などができるなら、1000万円以上の求人もあるなど夢のある転職エージェントとなります。

また、今は届かなくともどれだけのスキルがあれば得られる収入なのかを知る目安にもなり、今後のキャリアでの目標が見つかるかもしれません。

エージェントは現職のエンジニア

担当するエージェントは現職のエンジニアで、現場を知り尽くした人たちから紹介を受けることができるのも特長です。

お互いに経験者同士なのでより具体的なすり合わせも可能となり、転職後のミスマッチも起きにくいメリットも付いてきます。

「今の実力だと無理かも・・・」と何もせずに可能性を潰すのではなく、今より良い求人に出会うための行動をすると将来の生き方も変わってくることは間違いないでしょう。

TechClipsエージェント

IT系に強い大手の転職エージェント

ITに強い大手の転職エージェント

IT専門の転職エージェントでなくともIT業界への転職は可能です。

大手の転職エージェントであれば、特化型ではなくとも求人数は豊富なため登録しておくことで転職先の候補を増やしておくことができます。

大手・総合型の転職エージェントの中でも、IT系に強い会社を2社紹介します。

doda

1つ目はdodaです。

dodaは大手転職エージェントですが、IT系の求人も多く抱えており未経験からの転職にも積極的です。

私が未経験から転職できたのもdodaを通じてであり、たくさんの求人から自分にあった転職先を見つけることができました。

求人数の豊富さが何よりの魅力

dodaをオススメするポイントはなんといっても求人数の多さにあります。

業界最大数とも言える10万件以上の求人数があり、その中でも転職エージェントからしか紹介してもらえない非公開求人も8万件以上と言われています。

IT業界専門のエージェントは業界の知識やエージェントの理解度に強みがありますが、求人数では大手には敵いません。dodaに登録しておくことで転職の候補を増やすことができ、結果として納得のいく転職に繋がりやすくなります。

dodaエージェント

リクルートエージェント

転職業界最大手のリクルートの転職エージェントサービスもオススメです。

dodaと同じく求人数の豊富さが魅力の1つではありますが、リクルートだからこそのメリットは交渉力の高さにあります。

エージェントの交渉力が内定に影響する?

転職の成功は本人の経験やスキル・頑張り次第ではありますが、エージェントの交渉力も意外と重要になってきます。

転職エージェントは多くの場合、転職した人の年収の数割を報酬として貰います。言い換えるなら、高い年収で転職してもらった方が売上も高くなるのです。

そのため、転職に成功するかだけでなく年収を高くできるのかは転職エージェントの腕の見せどころです。日本でトップレベルの営業マンが揃うリクルートの交渉力は、自分の給料を高める上でかなり強い味方となってくれることは間違いありません。

転職であと一押ししてほしい人は、リクルートエージェントにも登録しておくと安心です。

リクルートエージェント

IT系の転職で気をつけるべきこと

IT業界の転職で気をつけること

IT業界に強い転職エージェントを紹介してきましたが、転職活動をする上で気をつけたいこともあります。

IT系の転職で気をつけるべきことを3つ紹介します。

転職エージェントは複数登録がオススメ

IT系に強い転職エージェントを5社紹介しましたが、その中から複数のサービスを利用することがオススメです。

理由を2つ紹介すると以下の通り。

  • 紹介できる求人が変わる
  • 担当エージェントとの相性

紹介できる求人が変わる

転職エージェントでは、会社で独自に掲載企業を開拓します。

そのため、会社によって掲載している転職エージェントは変わり、1つのサービスだけでは世の中にある求人の一部しか見ることができません。

転職はある種、情報戦であり求人数が少ないと希望の条件に合う会社を見つけられる可能性も下がります。

複数の転職エージェントを利用することで幅広い求人を見ることができるようになり、転職の成功にも近付きます。

担当エージェントとの相性

転職活動では、担当のエージェントが付いて応募や面接の調整を行っていきます。

やり取りをする上で担当するエージェントとの相性は意外と重要で、自分が希望する条件を的確に判断してくれるかどうかは運任せになります。

担当を代えてもらう事もできますが、手間もかかり1からスタートだと心理的にもかなり辛くなります。

複数の転職エージェントを利用していれば、そのリスクを分散させることができスムーズな転職活動が可能になるのです。

設立が浅い会社が多い

未経験からIT企業へ転職を目指すときに注意したいのが会社の設立時期についてです。

ITはインターネットが普及してからできた仕事であり、設立間もない会社も多くあります。

一般的な感覚で会社を調べていると、設立して間もなく感じる事も多いかもしれませんが、業界全体として言える事なので重要度を高くしてしまうと良い求人を見逃しやすくなります。

設立時期や会社の規模数はあまり重視せずに転職活動を進める方が、希望する条件も見つけやすくなり転職も成功しやすくなるでしょう。

調べられる情報が少ないことも

IT企業は設立したばかりや従業員数が少ないなど、外から知ることのできる情報が少ない傾向もあります。

転職口コミサイトで実際に働いていた意見を調べることは、転職活動の一環として行うべきですが、規模が小さかったり設立間もないと情報が全然集まらないことも珍しくありません。

情報がないからと不安になる必要はない

注意したいのが、情報が出ないからと不安になる必要はないことです。

公式のHPもないなら話は変わりますが、転職の口コミサイトで情報が集まらないことはよくあります。

調べても口コミが出てこないからと応募を辞めるのでなく、面接するなどして肌で感じた印象を大切にしましょう。

エージェントや社員を活用する

ネット上で情報が集まらないときは、担当するエージェントや面接官・社員から情報収集することがオススメです。

直接聞きにくいポイントはエージェント経由で聞いてもらうのも1つの手です。

また、人事部の面接官だけではイメージが浮かばないなら業務をしている人との面談を申し込む方法もあります。

転職は人生の大きな決断の1つです。

ネットに情報がないなら他にできる方法を探して行動することが大切です。

IT業界に強い転職エージェントまとめ

IT系の転職エージェントまとめ

IT業界に強い転職エージェントを、IT特化・専門型と大手・総合型の2つに分けて5社紹介してきました。

経験・未経験などで若干変わりますが、5社のうちから複数社を登録しておくとそれぞれのメリット・デメリットをそれぞれ補完しあってくれるので最適な転職活動をしやすくなります。

転職は人生の転機になる大きな出来事です。

転職の決心がまだついていない人は、無料相談や実際の求人を見ることから始めるとイメージも湧き、転職すべきか今の会社にいるべきかの判断もしやすいでしょう。

この記事が、後悔せず納得できる転職のキッカケになれましたら幸いです。

スポンサーリンク