転職の失敗例は4つの理由で説明できる!【辞める前の注意点】

転職の失敗例は4つの理由に分類できる

転職の失敗例や理由には何があるのか?

転職する理由として、今よりもいい会社・仕事で働きたいと思う人がほとんどですが、失敗することも当然あります。

転職の失敗例はたくさんありますが、理由ごとに分けると4つに分けることができるのです。

本記事では失敗例から学ぶ4つの失敗理由と、失敗しないための注意点を紹介します。

転職の失敗例は4つの失敗理由で説明できる!

転職の失敗例は4つの理由で説明できる

早速ですが、転職の失敗例は理由別に大きく4つに分けることができます。

失敗をただ恐れるのでなく、失敗した理由や原因を掘り下げると解決策や対処法も見つけられます。

1.転職先に問題がある

1つ目の失敗理由は転職した先に問題や原因がある場合です。

例でいうと、入社したらパワハラや違法残業が当たり前のブラック企業だったケースです。

    転職先に原因がある失敗例
  • 残業が聞いてたより多い
  • パワハラ・セクハラ
  • トップダウンや風通しの悪さ

違法な職場環境は即辞めるべき!

転職活動中と聞いている内容が明らかに違っていたり、パワハラ・セクハラのように労働環境として問題がある場合は、早く見切りを付けましょう。

問題がある環境で働くのは精神的に良くないのも理由の1つですが、続けるだけ次の転職や人生設計にもマイナスの影響が大きくなってきます。

また、入社してすぐに見切りをつければ、職歴に書かず経歴にダメージを受けずに次の転職先が探せます。

反対に、せっかく入社したからと無理に続けてしまうのはデメリットばかりです。モチベーションも低く身も心も疲弊する環境で数年働いたところで、大したスキルも付かず、自分の市場価値も下がるだけです。

短い人生、決断は早いに越したことはありません。

2.企業や仕事の把握が足りなかった

転職の失敗例2つ目の理由は、転職の過程で企業や仕事内容の把握ができないケースです。

焦って転職先を決めてしまったり、そもそも転職する動機が曖昧なままでは失敗する可能性も高くなります。

    転職過程に失敗理由がある場合
  • 仕事をしてみたら思った感じじゃなかった
  • 転職後に別の職種が本当にやりたいことだと気付いた

一番多い失敗例は、転職活動の不十分さにある

転職の失敗例として一番多い原因は、転職活動の最中にあります。

就活も同じですが、会社や職種を理解する力や自分をアピールする力は1つのスキルであり、簡単なことではありません。

そのため、転職で失敗する人の多くは転職活動のやり方に失敗する理由があるのです。

転職してから仕事の違和感を感じる

  • 入社したら思ってた感じと違った
  • 本当にやりたいことは別の仕事だと気付いた

今と違う職種に転職するのは、実際働いてみないとどんな感じか分かることはできません。

何ごともですが、外から見るのと実際にやってみるのでは全く違います。

実際にやってみないと分からないことは山ほどありますが、転職活動中に対策できることもあります。

    転職前にできる対策
  • 転職エージェントに仕事内容を聞く
  • 面接で仕事内容や雰囲気を聞く
  • 自分が就く業務をしてる社員と面談の機会を作って貰う
  • ネットでどんな仕事か情報を集める

実際に働いてから「違うな」と感じるのは自分も会社も損です。時間も労力もお金も無駄になります。

入社しないと分からないことはたくさんありますが、転職活動でもできる限りの対策はしておきましょう。

3.転職先の優先度が違う

転職で失敗する理由3つ目は、転職で優先する項目を間違えることです。

今の職場と比較したり、不満やストレスが多いと自分の本当の気持ちに気が付けなくなり優先度も間違えやすくなります。

  • ワークライフバランス
  • 給料の高さ
  • 業務の内容
  • 働く人たちや雰囲気
  • 会社のブランド
  • 役職
  • 職場の場所

優先順位をハッキリできる人はなかなかいませんが、同じ条件だったらどっちを取るか考えると、自分は何を優先したいのか知ることができます。

また、疲れていたりストレスの多い環境でなく休日にリラックスした状態で考えることも1つのコツです。

早く辞めたいからと焦るのも禁物

転職の優先度を間違えてしまう失敗は、焦りが原因のケースも多いです。

今の仕事への不満やストレスが溜まっていると、キャリアアップや将来よりも早く辞めたい気持ちが先行しがちです。

何かしら不満があって辞めるのは当然のことですが、焦りは禁物です。失業保険など一時的に収入が途絶えても救ってくれる制度はあります。

焦って後悔しないよう転職先の見極めは大切です。

4.自分への過信・客観性のなさ

転職で失敗したと嘆く人の中には、転職方法や転職先に問題があるのでなく自分自身に失敗理由がある人もいます。

自分への過信・客観性のなさによる失敗です。

同じ会社に勤めていると、自分はどんな市場価値があるかが分かりにくくなります。

人によっては、単に社長や役員のお気に入りだからと重要なポジションを与えられている場合もあるでしょう。

そのような人が客観的な思考を持っていないと転職で大恥をかいてしまう事になるのです。

あなたは市場価値のある人間か?

給料や役職は、必ずしもスキルと比例するわけではありません。

お気に入りで能力以上の役職に行く人も珍しくないですし、高いスキルがあっても人間関係や会社が求めるスキルとマッチせずに、低い給料で働いている人もいます。

転職において客観的な考え方は必須です。

今の会社でぬるま湯に浸かっている人は、客観的な思考がないと転職で確実に失敗します。

  • 「オレは部長だ!」
  • 「年収1000万円以上はキープしたい」

これらはあくまで今の会社での評価に過ぎず、市場価値は全く低いケースも大いにあり得るのです。

転職エージェントから客観的に評価してもらうのも大切

「客観性を持て」と言われてもなかなか難しいものですが、転職エージェントの活用がオススメです。

転職エージェントは転職のプロであり、毎日多くの求職者と面談しています。

過去の事例から転職できる給料や役職の事情も詳しく、無料ながら客観的な判断をしてくれる貴重な存在になります。

転職するか迷っている段階でも、一度面談へ行くとリアルな情報をもらうことができるのでオススメです。

転職前に注意すること【失敗例と失敗理由から学ぶ】

転職の失敗例と失敗理由から学ぶ

上記で紹介した3つの失敗理由からも分かる通り、転職は必ず成功する訳ではありません。

成功か失敗かを判断するのは自分自身なので、今は失敗だと思っても数年働いてから正解だと気付く場合もありますが、

転職に後悔している人は約4人に1人ほどの割合になります。

2016年にマクロミル株式会社が行った1034人を対象にしたアンケート調査では、約4人に1人が転職を後悔していると答えています。

  • 失敗した:6.1%
  • どちらかと言うと失敗した:20.0%
  • どちらかと言うと成功した:57.4%
  • 成功した:16.4%
出典:マクロミル株式会社より

成功者の方が圧倒的に多いものの、失敗例が多いと躊躇する人も多いはず。

では、この4人に1人に入らないために転職前に何ができるのでしょうか?

企業・仕事内容はとにかく調べる

転職での失敗例で多いのは、企業や仕事内容をしっかり把握できていないケースです。

転職の成功は情報を正しく多く得られるか次第とも言えます。

応募先の会社や、仕事内容について転職エージェントや面接、ネットからできる限り多くの情報を集めましょう。

企業調べの例として、ホワイト企業の調べ方をまとめているので紹介しておきます。

ホワイト企業に転職する方法:見分け方と見つけ方

ホワイト企業に転職する方法【正しい見分け方・見つけ方】成功事例

2019.11.16

転職サイトやエージェントは複数利用する

転職サイトや転職エージェントを1つしか利用しないと失敗する確率は高くなります。

失敗しやすい理由は主に2つです。

  • 求人数
  • 情報量

求人数

どの会社に勤めるのかは転職の成功・失敗そのものです。

3社から選ぶよりも10社から選ぶ方が、自分に合う会社に出会える可能性が高くなるのは当然で、そのためには複数の転職サイト・エージェントを利用すべきです。

たとえ大手の転職エージェントでも、取り扱いのある企業には違いが出てきます。

候補を増やしより良い会社選びをするためには併用して利用してきましょう。

情報量

転職の成功には情報が必要不可欠です。

転職エージェントは転職のプロですが、一社・一人からの意見よりも複数から情報を集める方が、量も質もいい情報を集めることができます。

上記でも紹介したように転職は情報が何より大切で、情報不足は転職で失敗する理由の1つです。また、転職エージェントによっては受けたい企業への紹介実績や内部に知り合いがいるなど独自の情報を持っている人もいます。

複数のサイトや転職エージェントを利用することで、情報量を2倍・3倍にできて質の高い転職活動が可能になります。

自分と向き合う時間を作る

企業研究や進め方ばかりに目がいきがちで見落としやすいのが自分と向き合う時間です。

今の会社を辞めたいだけの転職や、オススメされるままの企業選びでは高い確率で転職に失敗します。

転職は仕事を選ぶだけでなく、自分の将来・人生を決める大切な決断です。

  • 転職で優先するのはなにか
  • 転職する会社、仕事から何を得るのか
  • 転職先で自分の将来はどう変わるか

自分自身の軸がないと、失敗した理由も分からずにモチベーションなく働く生活になります。今の仕事の空き時間でなく、休みの日などストレスがない環境で自分と向き合う時間を作ることは結果として転職・人生の成功に繋がるのです。

転職の失敗例と理由まとめ

転職の失敗例と理由まとめ

転職の失敗例をもとに4つの失敗理由と注意点を紹介してきました。

1つの企業で長く働くのではなく、転職を通じたキャリアアップも一般的になってきましたが会社を移ることは人生の一大事なことに変わりはありません。

転職での失敗は人生にも大きく影響が出てきます。

働き方改善やSNSの普及で悪質な会社に出会うことは減っていますが、転職で失敗しないには注意が必要です。

転職の進め方を知り、自分と向き合うことで失敗のない転職を目指しましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。