仕事を辞めたいのに辞められない時の対処法【3つの原因を解決】

仕事を辞めたいのに辞められない

仕事を辞めたいのに辞められないと悩んでいる人へ!

仕事を辞められない状況には必ず解決策があります。

なぜなら、辞められない原因にはパターンがあり、原因が分かれば解決策も決まってくるからです。

本記事では、仕事を辞めたくても辞められない人のために効果的な対処法をまとめて紹介します。

読んで貰えると、取るべき行動が明確になり、辞めて新しいスタートが切れるようになるでしょう。

仕事を辞めたいけど辞められない3つの原因

仕事を辞めたくても辞められない原因

この記事を読んでいるあなたは、今の仕事を続けたくないのに、ストレスを抱えながら働いている状況ではないでしょうか?

「仕事を辞めたいのに辞められない」と悩む人が抱える理由はいくつかのパターンに分けられます。

辞められなくて困っている人に共通するものを順番に紹介していきます。

1.嫌われたくない心理

人に嫌われたくないと思うのはみんなが持つ当たり前の心理ですが、

嫌われたくない心理は、辞めたくても辞められない原因の1つです。

例えばこのような心理です。

  • 上司に嫌われたくない
  • 同僚に迷惑を掛けるかも
  • 裏切り者扱いされたら嫌だな

組織から離れることは本能的に怖いと感じる

会社という1つの組織から離れることは、本能的に大きなストレスが掛かる行動です。

人間は長い間、グループでずっと行動してきた生き物です。

グループだからこそ、お互いの弱い部分を補って助け合いながら生きてきましたが、反対に言うと組織を離れることは生きていく上で大きなリスクを伴うこととなります。

友達付き合いでも同じですが、会社を辞める決断は、誰しも怖く不安に感じるものだと理解しておきましょう。

2.言い出す勇気がない

会社や上司に言い出す勇気が出ないことも辞めたいのに辞められない人に共通する心理です。

言い出す勇気がない心理も2つのパターンがあります。

    勇気が出ない2つの原因
  • 嫌われたくない、怒られたくない
  • 辞めた後の行動が決まっていない

1つ目の嫌われたくない心理は、上記で紹介した通りなので、辞めた後の行動が決まっていない原因について紹介します。

辞めた後が決まらないと勇気も出ない

仕事を辞めたい気持ちは強くても、辞めた後の行動が決まらないと決心が付かないものです。

人が決断するための要素の中でも、期限が決まっていないことも辞められない原因の1つです。

いつまでに転職するかなど、辞めた後の行動を明確にしておかないと、決心もしにくいでしょう。

3.会社からの引き留め

理由のうち、会社都合で辞められないケースが引き留めをされることです。

スキルや仕事のポジション上、残って欲しいと頼まれることや、関係性の良い上司なら寂しい気持ちから引き留めを受ける場合もあるかもしれません。

関係が良好なら引き留めで心が動くか次第ですが、問題となるのは人手が足りないなどの理由で引き留めを受けることです。

会社や上司なら、組織を回すにはどうすれば良いかを考えるのが当然ですが、あなたのキャリアまで考えているかは別の話です。

特に、ブラック体質な会社で執拗な引き留めを受けて辞められない状況はかなり辛い状況だと思います。

会社からの引き留めで辞めたくても辞められない状況にある人は、後ほど紹介する対処法を試してみましょう。

仕事を辞めたいのに辞められない時の対処法

辞められない仕事を辞める方法

辞めたいのに辞められない状況はどう解決すれば良いのか?

上記で紹介してきた原因を解決できる方法を、順番に紹介していきます。

自分の状況を当てはめながら、辞めるための行動を起こしましょう。

転職を決めてしまう

仕事を辞められないor決心が付かないなら、転職先を決めてしまうのはとても効果的な対処法です。

転職先を決めてしまうことは、上記で紹介した辞められない原因の全てに対応できる対処法です。

  • 期限ができるので言わざるを得なくなる
  • ポジティブな感情が増える
  • 引き留めがしにくくなる

期限ができる

内定を貰うと入社日が決まるため、自然と今の仕事を辞める期限ができます。

辞めると言い出す勇気がない人は、時間の制限を設けることで「言わざるを得ない状況」ができるので、行動する動機が作れるのです。

内定を貰い入社日を決めてしまうことで、辞めたいけど辞められない状況は解決しやすくなります。

ポジティブな感情

転職先が決まることは、将来へのポジティブな感情を生みます。

今の仕事を辞めたいのに辞められないでいる状況は、後ろめたさや不安など、マイナスの感情が中心になっている状況です。

転職先が決まれば、今の仕事に対するマイナスの感情より新しい仕事への期待が増えてくるので、「嫌われたらどうしよう」「迷惑をかけたくない」という気持ちが減り、行動しやすくなります。

気持ちが明るくなることも、辞められない状況を解決できる1つの理由です。

引き留めしにくくなる

転職先を決めてしまうことは、会社側の引き留めを回避しやすいメリットもあります。

転職先が決まっていない状態だと、上司や会社側も強気に出て来やすく「まだ退職を阻止できる!」と考えます。

しかし、既に入社日も決まっている状況だと強引な引き留めをしにくく、辞めやすい状況を作り出せます。

転職先を決めてしまうことは、会社との立場を逆転させられるメリットもあるのです。

もう関わらない人間関係への優先度は下げる

「嫌われたくない」「迷惑をかけたくない」など、人間関係がネックの人は、人間関係の優先順位を変えましょう。

今の仕事の上司や同僚には感謝や恩を感じる人も多いはずです。毎日顔を合わせている状況だと、感謝や後ろめたさも大きくなるでしょう。

しかし、それは今現在のことに過ぎず、将来の優先順位は違います。

辞めてからも関わる人は何人いるか?

転職経験がない人も、学生時代を思い出してみてください。

毎日顔を合わせていたクラスメイトのうち、今も関係が続いている人は何人いますか?

年に数回会う人はいるかもですが、日常的に連絡を取り合う関係の人は、ごく僅かではないでしょうか?

仕事の人間関係でも全く同じことが言えて、辞めた後の人間関係はガラッと変わるのです。

人間関係は環境に大きく左右される

人間関係は環境や習慣に大きく左右されます。

今は毎日コミュニケーションを取る同僚達も、転職した後だと連絡を取り続ける人はごく僅かしかいないでしょう。

新しい人間関係の優先度を高めるべき

今の仕事仲間を気遣うのはとても大切なことです。

しかし、新しい人間関係の優先度は低くて良いのでしょうか?

少々ドライですが、辞める会社の人間関係は薄れていく一方で、新しい転職先や仕事仲間は、今後の新しい人生を大きく左右する人間関係となります。

新しい環境への優先度を高めることも、仕事を辞めたいのに辞められない状況を解決する方法なのです。

期限を決める

転職先が決まっていない人も、辞める期限を決めましょう。

「仕事を辞めたい」と思う気持ちは、今の仕事への不満や将来を良くしたい気持ちから生まれているはずです。

では、いつまでに仕事を辞めて新しいキャリアをスタートさせる必要があるでしょうか?

キャリアプランを考えてみよう

将来のことを漠然にしか考えられない人も、今の時点でのキャリアプランを考えてみましょう。

仕事のポジションでも良いし、年収、人によっては独立を目標にしても良いかもしれません。

    例①
  • 30歳にはマネジメント職に就く
  • 35歳には新規事業を立ち上げたい
    例②
  • 28歳までに年収500万
  • 30歳には年収700万

根拠や達成できるかは無視してOK

”キャリアプラン”と言われると、「本当に達成できるかな」と必要以上に考えてしまうかもですが、ここで考えるプランはざっくりで問題ありません。

あくまで、いつまでに今の仕事を辞めなければいけないかを明確にするための指標作りです。

もちろん、現実とかけ離れたような「1年後に1億円稼ぐ」みたいなのはNGですが、今の状況から考えられるざっくりしたキャリアプランを考えて、辞めなければいけない期限を設けましょう。

期限を越してしまうのは、人生が後ろ倒しになってしまうことです。

辞めなければいけない期限をしっかりと守り、新しいスタートを予定通り始められるようにしましょう。

自己分析をする

辞める決心がつかずに辞められない人は、自己分析もおすすめです。

理由は、辞めるべき明確な理由やメリットがなくて決心がつかないからです。

人は何か行動を起こす時、理由付けが必ず必要になります。

    行動と理由付けの例
  • この服を買ったらモテるかも
  • ストレスが溜まったからお酒を飲もう
  • 体重が増えたから夕食はヘルシーに

仕事を辞める時にも、何かしら理由がないと行動には移しにくく、理由付けの1つとして自己分析が役に立ちます。

自分に合う仕事は何か?

今の仕事は自分に合っていると感じているでしょうか?

おそらく、合っていないから辞めたいと感じていますよね。

ですが、自分に合う仕事は何かを知っている人もなかなかいません。

自分に合う仕事を見つけるためには、性格分析から職種を判断してくれる適職診断がおすすめです。

無料でできる適職診断

性格から向いている職業を診断してくれる適職診断のなかで、無料でできるものがあるので紹介します。

転職サイトのリクナビネクストで受けられる診断は、無料ながら非常に細かく性格分析をしてくれて、非常におすすめできます。

転職サイトが行っているので、具体的な求人も見ることができ、転職に踏み切りやすくなるメリットもあります。

今の仕事を辞めるためには自分自身を理解し、辞めるための理由付けをすることも対処法の1つです。

リクナビネクストの適職診断はこちら

退職代行を利用する

  • 「どうしても辞めたいと言い出せない」
  • 「強引な引き留めで退職を許可してくれない」
上記で紹介してきた対処法でも辞められない人は、退職代行を活用すべきでしょう。

退職代行は、会社を辞めるための面倒な交渉や手続きを一通り代行してくれるサービスで、ここ数年一気に利用者が増えて注目を浴びているサービスです。

辞められずにストレスを抱えながら働くくらいなら、代行サービスを利用して早くストレスから解放されるべきです。

ほぼ確実に辞められる

p>退職代行サービスを利用すると、基本的に100%辞めることができます。

退職代行サービスを運営する会社は、弁護士と提携していたり労働組合として運営している会社がほとんどなので、ブラック企業で不当な引き留めをしていても、法律を盾にして確実に辞められるように代行してくれます。

そもそも、仕事を自由に選択できるのは法律で定められた全員が持つ権利です。

期間を決めて雇用契約を結んでいたとしても、予め申し出をすれば仕事を辞めることは全く問題がないことです。

会社の契約や強引な引き留めがあっても、法律では辞められないことあり得ないのです。

退職代行なら明日から行かないことも可能

退職代行は、申し込むとすぐに辞められることもメリットです。

即日退社ができる退職代行サービスも多く、連絡した翌日、早ければ今日から会社に行かないことも可能です。

「すぐにでも辞めたい」と思っている人は、かなり力強い味方になってくれるはずです。

辞められないストレスを考えるとコスパは高い

退職代行サービスを利用するには、3万円前後くらい料金は掛かりますが、ストレスや確実性を考えるとむしろ安いくらいのサービスです。

自分で仕事を辞めるには、何かとストレスが掛かります。

    自分でやり取りするストレス
  • 上司へ退職の報告をするストレス
  • 同僚への挨拶
  • 役員への挨拶
  • 退職日の調整
  • 業務の引き継ぎ
  • 有給休暇消化の調整
  • 辞めると決まってから働く数週間の気まずさ

考えるだけで憂鬱になりそうですが、退職代行ならストレスなく辞めることができます。

辞められずにウズウズしている間にも、時間は過ぎていくだけです。

自分からは言い出せない人や、強引な引き留めで辞められない人は、3万円ほどで解決できる退職代行サービスでサクッと辞めてしまう方がよほど有益でしょう。

転職先を決めて辞めやすくする【おすすめ3選】

転職先を決めて辞めやすくする

対処法の1つ目で紹介したように、転職先を決めてしまうことは”辞めなければいけない状況”を作り出し、会社の引き留めも回避しやすくなります。

まだ辞めた後について決まっていない人は、転職サイトやエージェントへの登録から始めてみましょう。

1.doda

dodaエージェント

1つ目はdodaの転職エージェントサービスです。

CMや広告で見かけたことがある人も多いと思いますが、転職業界の大手であり、非公開を含む10万件以上の求人を抱えている大型の転職エージェントです。

dodaは特に20〜30代におすすめのサービスで、初めて転職をする人や未経験の異業種転職でもサポートが整っていることが魅力です。

今の仕事が性格に合わないと感じる人や、初めての転職で進め方が分からない人は、登録をして無料相談から始めてみましょう。

dodaエージェントの公式ページはこちら

2.リクルートエージェンント

リクルートエージェント

2つ目はリクルートが運営する転職エージェントです。

求人数は最大規模を誇っており、職種や年齢を問わず誰でも利用しやすいサービスとなります。

dodaもですが、エージェント型のサービスなので、企業とのやり取りをエージェントが一通り代行してくれて、働きながら転職活動をする人には心強いサービスとなります。

業界最大手のリクルートが運営なので、転職先への交渉力も強いリクルートエージェントは、あなたの強い味方になってくれるはずです。

リクルートエージェントの公式ページはこちら

3.リクナビネクスト

リクナビネクストの評判を知る前に

無料の適職診断も受けられるリクナビネクストもおすすめの転職サービスです。

dodaエージェントやリクルートエージェントと大きく違うのは、掲載型の転職サイトということです。

エージェントを介さず直接企業とやり取りするため、自分のペースで進められたり、登録だけで多くの求人を見ることができるのがメリットです。

「まだ転職の決心は付かないけど、実際の求人を見てみたい」って人は、リクナビネクストから登録することをおすすめします。

リクナビネクストの公式ページはこちら

本格的に転職活動をするならエージェントタイプと併用を!

リクナビネクストは自分のペースで進められる気軽さが魅力ですが、本格的に転職活動をするならdodaやリクルートエージェントとの併用をすべきでしょう。
    エージェントタイプのメリット3つ
  • やり取りの代行
  • 書類の添削や面談対策がある
  • 非公開求人の豊富さ

リクナビネクストは掲載型の転職サイトです。そのため、やり取りの手間が多かったり、書類添削や面談練習は受けられななどと、準備不足になりがちです。

また、エージェント型限定の非公開求人へは応募できないので、転職先の候補は少なくなってしまいます。

リクナビネクストに登録をし、転職への意欲が高まってきたら、dodaやリクルートエージェントと併用をして、確実に内定が貰えるようにすべきでしょう。

仕事を辞められない時の解決策:まとめ

仕事を辞められない時の解決策

仕事を辞めたいけど辞められない人向けに、原因と対処法を紹介してきました。

「辞めたい」と感じるのは、仕事や会社への不満があると同時に将来をより良くしたい向上心があるから生まれてきます。

辞めたいと感じつつも辞められない状況は、モチベーションも上がらずにストレスが多い日々を過ごすことになります。

やる気が出ないままの仕事を続ける将来と、勇気を出して辞めるための行動を起こした将来では、どちらが良い人生となるでしょうか?

辞めるのも辞めないのもあなた次第ですが、将来にとって悔いのない選択ができるようにしましょう。

おすすめ転職サービス3選特徴
dodaエージェント10万件以上の豊富な求人
リクルートエージェント人材最大手リクルートの転職 エージェント
リクナビネクスト無料適職診断もできる転職サイト
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。