コールセンターを辞めたい人へ【ストレスの原因と有利な転職先】

コールセンターの仕事を辞めたい人へ

「コールセンターの仕事を辞めたい」

どんな仕事でも、辞めたいと考えるタイミングは訪れます。

正社員や派遣社員、パート・アルバイトを問わず、コールセンターの仕事をしていても辞めたいと感じる時はありますが、辞めたい理由や悩みまで理解できていますか?

コールセンターの仕事だからこそ抱えやすいストレスや、コールセンターの仕事で身に付くスキル・おすすめの転職先について紹介していきます。

コールセンターの仕事を辞めたい理由【5つの悩み】

コールセンターを辞めたい理由とストレス

コールセンターを辞めたい人はどのようなことで悩んでいるのか?

コールセンターならではの辞めたい理由や起こりがちなストレスについて5つの項目にまとめました。

辞めたい理由が明確な人はもちろん、なぜ辞めたいのかハッキリしない人は自分の状況と照らし合わせて、悩みの原因を正しく理解しましょう。

1.電話が鳴り続けるストレス

コールセンターを辞めたいと感じる理由で、電話が鳴り続けるストレスは多くの人が抱える悩みです。

コールセンターは電話対応が仕事とはいえ、ひっきりなしに鳴り続ける電話を聞き続けると、帰宅してからも電話の音が残ってしまう人もいたりとストレスの大きな原因となります。

人の感情は行動と結びついて記憶されます。

コールセンターの仕事で日々追われる状態が続くと、同じ電話の音やプライベートで電話する時にも自然と仕事のストレスが蘇ってしまうなど、仕事中以外にもストレスを感じてしまうことにもなるのです。

また、電話の音は緊急性を感じやすい音が設定されていることも多く、音そのものがストレスを感じやすいものだったりもします。

相手も見えない状態で鳴り続ける電話の音は、仕事を辞めたいと感じる悩みやストレスの原因になる場合は多いのです。

2.相手が見えないストレス

コールセンターは声のみで相手と接客をする仕事です。

コールセンターを辞めたいと感じる理由として、声のみでコミュニケーションを取るストレスが原因になる場合も多くあります。

人は相手とコミュニケーションする時、顔の表情や目線などから得る情報もたくさんありますが、電話だと声からの情報しかありません。

声だけのコミュニケーションは電話ができた約150年前から始まったことであり、私たちは対応できる脳を持っていません。

相手が怒っているのかも分からないストレスは、一度クレームや怒られた経験があるとずっと引きずることも多く、うつ病や吃音症(声がうまく出なくなる)を引き起こす人もいるほどです。

声だけでコミュニケーションをするコールセンターの業務は、思っている以上にストレスが溜まる仕事なのです。

3.厳しいノルマ

コールセンターの仕事では、厳しいノルマが課されている場合も多々あります。

売上金額や受注件数の場合もあれば、受電した件数で設定されている場合もあるでしょう。

ノルマは分かりやすい目標になる反面、ストレスを抱える大きな原因にもなります。

コールセンターと言っても発信の有無など仕事内容は様々ですが、今の職場でノルマがあるなら、無くなることはほぼあり得ないので、ノルマが原因でストレスを抱えているのなら辞めて転職するしかないでしょう。

4.給与

コールセンターの仕事を辞めたいと考える理由として、給料も多くの人が抱える悩みです。

発信のテレアポであれば、歩合制で稼げるコールセンターもありますが、受電業務や受付対応が中心のコールセンターでは、大幅な給料アップはなかなか見込めない職場がほとんどではないでしょうか。

上記のように仕事の内容やストレスはハードにも関わらず、給料が割りに合わないと感じる人も多いです。

コールセンターは給料の面で悩む人も多い仕事なのです。

5.キャリアアップ

コールセンターの仕事をする人の中には、その先のキャリアをイメージできない人も多くいます。

特に、社員じゃなく契約社員やパートやアルバイト・派遣で働く人なら尚更で、マネジメントへのステップアップも見えないとどんなキャリアを積めば良いか分からない人も多くなります。

コールセンターの仕事で上記のようなストレスを感じていたり、将来ずっと電話対応するのはキツイなと感じているなら、キャリアアップは大きな悩みとなるでしょう。

キャリアアップで悩み、辞めたいと考えている人は、この後紹介する内容で少しは悩みが解消されるかと思うので、ぜひご覧ください。

コールセンターの仕事で身に付くスキル

コールセンターの仕事で身につくスキル

コールセンターの仕事ならではの辞めたい理由やストレスの原因は紹介した通りですが、コールセンターだからこそ身に付いているスキルもあります。

ストレスや悩みでネガティヴになるのでなく、今の仕事で得たことを知って次のステップに行くことが大切です。

営業スキル

発信するテレアポの場合はもちろんですが、受電が中心のコールセンターの仕事でも営業スキルは身につきます。

コールセンターは言葉だけで説明しなければいけない仕事です。そのため余計な言葉はなくし、伝わりやすい言葉や話し方が求められます。

伝わりやすい話し方は営業をするのに必ず役立つスキルです。

また、営業で行うプレゼンを言葉のみで行うだけでなく、対面よりも圧倒的に回数が多いのも特徴です。

様々な質問にも電話のみで応対するスキルは、営業で分かりやすく説明したり話の構成を作るスキルとして応用ができるでしょう。

ヒアリング力

営業スキルの一部とも言えることですが、相手から電話だけで様々な情報を的確にもらうのは、コールセンターで特に身に付くスキルの1つです。

対面だと資料があったり、身振り手振りで伝えることもできますが、電話だと明確に言葉だけで伝える必要があります。

相手から聞きたい情報を正しく聞き出すのは、営業だけでなく人と接する上で必ず身に付けなければいけないスキルであり、聞きたい情報から逆算して質問を選ぶのは頭もかなり使います。

コールセンターで身に付くヒアリング力は多くの仕事で生かすことができるスキルなのです。

事務スキル

コールセンターは電話対応だけの仕事ではありません。

電話で聞きながらPCに入力したり、依頼された内容とまとめて社内で処理するなどの作業も一緒に発生します。

コールセンターで働くうちに電話をしながらPC作業もできるようになりますが、誰もがすぐに身に付く能力ではありません。

電話をしながら複数の作業をこなしたり、次の電話までに効率よく作業を終わらせるスキルは、単に事務作業を行うよりも非常に難易度の高い仕事になります。

電話応対だけでなく、事務スキルも身につくのがコールセンターの仕事の特徴でもあるのです。

コールセンターを辞めたい人におすすめの仕事

コールセンターを辞めた後におすすめの仕事

コールセンターの仕事で抱えやすい悩みや、コールセンターだからこそ身に付くスキルを紹介してきました。

続いては、コールセンターを辞めて別の仕事をするには何がおすすめなのかを紹介します。

身に付いたスキルを活かせる仕事を選ぶと、転職してすぐに活躍できるでしょう。

対面での営業

コールセンターを辞めたい人・ストレスを抱えてしまう人は、相手が見えないことが原因の場合も多いです。

人と接すること自体は嫌いじゃない人は、対面での営業に変えるのもおすすめです。

コールセンターで身に付けた、営業スキルやヒアリング力は、対面でも必ず生かすことができます。

営業の経験がなくとも、コールセンター経験者であれば伝わりやすい話し方やヒアリング力は既に身についていることも多く、即戦力として期待される場合もあります。

相手が見えると、表情や態度から温度感を伺うこともできてコールセンターより楽に感じてしまうこともあるかもしれません。

受付

コールセンターの仕事で身につけた丁寧な話し言葉は受付の仕事にもおすすめです。

受付は見た目の綺麗さだけでなく、正しく丁寧な話し方も求められます。

コールセンターで聞き取りやすい話し方や正しい言葉遣いが身についていれば、企業やホテルなどの受付に転職してみるのもおすすめで、すぐに即戦力として活躍できるでしょう。

コールセンターで事務スキルも身についていれば、受付の事務作業もスムーズに覚えられるでしょう。

接客・サービス業

相手に伝える力とヒアリング力を生かすことのできる、接客業やサービス業もコールセンターを辞めたい人にはおすすめの仕事となります。

接客やサービス業は、会話のやりとりが何より大切です。

コールセンターで毎日何十件も対応をしているのなら、接客やサービス業で必要な会話力のほとんどは身に付いています。

営業と同じく相手の様子を伺いながら伝えることもできて、電話では分からない温度感も感じやすいですし、営業より会話に近い提案ができるのでコールセンターで身に付いたスキルがより生かしやすい仕事でもあります。

実際にコールセンターを辞めてから、接客・サービス業に転職する人も多く、今までの経験が無駄にならない仕事と言えます。

事務

コールセンターの仕事を辞めたい理由が人と接すること自体に疲れたのなら、事務の仕事もおすすめします。

コールセンターでの事務作業は、電話をしながらや次の電話が来るまでのわずかな時間で行うなど非常に難易度の高い仕事です。

事務の仕事といっても様々で、経理のように専門知識が必要な場合もありますが、コールセンターで作業を効率よく行うスキルが身に付いていれば時間に追われるストレスもなく楽に感じることもあるでしょう。

営業や接客のように人と何かをする以外にも、コールセンターで身に付いた強みを生かすことができる仕事です。

コールセンターを辞める人におすすめの転職サイト5選

コールセンターからの転職

コールセンターを辞めたいと感じてしまう理由から、スキルを活かせる仕事までを紹介してきました。

コールセンターで身に付くスキルは、転職をするにも有利になるスキルはたくさんあります。

辞めたい気持ちが強かったり、良い求人があれば転職したいと考えているのなら、転職サイトで実際の求人を見ると具体的なイメージも湧きやすいです。

コールセンターを辞めて転職を目指す人にオススメする転職サイトをまとめました。

1.doda

求人数最大規模のdodaはコールセンターの仕事をしている人を始め、転職をするならまずは候補にしておきたい転職エージェントです。

求人数の多さは希望に合う会社が見つかりやすいことでもあり、様々な仕事から自分の希望に合った会社・スキルを活かせる会社探しが可能になります。

無料相談で今の状況をプロに聞いてもらったり、求人を見るだけでもイメージがつきやすくなるので、この先も今の仕事を続けるのは辛いのなら登録してみることをお勧めします。

dodaが転職のプロ厳選の求人を大公開!

2.10〜20代向け「ウズキャリ」

ウズキャリは10〜20代向けの転職エージェントで、今正社員の人はもちろん、パートやアルバイトで働いている人での実績も豊富な転職サイトです。

コールセンターの仕事をする人は、アルバイト・パートでの勤務や派遣社員として働いている人も多いので、転職を機にステップアップを目指す20代の方にはオススメの転職エージェントとなります。

ウズキャリ

3.女性向け転職サイト「とらばーゆ」

転職業界大手のリクルートが運営している、女性向けの転職サイトです。

事務系の仕事から販売職まで、女性向けの求人が多数掲載されています。

服装が自由など女性に嬉しい条件で絞ることもできるので、コールセンターを辞めたあとも自分らしく働きたい方は、希望に合った求人に出会えるかもしれません。

とらばーゆ

4.パート・派遣からのステップアップなら「バイトルNEXT」

アルバイトの求人サイトとして有名なバイトルですが、アルバイトやパート、派遣から、正社員・契約社員を目指すならバイトルNEXTもオススメです。

正社員デビューの人をメインにしているため、就職へのサポートやバックアップも受けられます。

バイトルNEXT

5.マイナビ「Woman will」

マイナビの女性向け転職サービスがWomon willです。

上記で紹介したような営業職や事務職をはじめとして、女性向けの求人を一通り紹介してもらうことが可能なサービスとなります。

本記事を読んでいるような、コールセンターを辞めて未経験の業種で働き始めたい人でも専属のキャリアアドバイザーがついて真摯に対応してくれるため、安心して仕事探しができます。

マイナビ Woman will
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。