ホワイト企業に強い転職エージェント5選【失敗しないコツ】

ホワイト企業に転職できる転職エージェント

「ホワイト企業に転職したい!」

残業が少なくプライベートも充実できるホワイト企業は誰しも憧れます。

ですがどうすればホワイト企業に転職できるのかのコツを知っていますか?

ただ転職サイトに登録したり、転職エージェントから紹介を受けても、ホワイト企業に出会えるかは非常に難しいのです。

本記事ではホワイト企業に転職しやすい転職エージェントを厳選してご紹介します。転職エージェントからホワイト企業を探してもらうコツもあわせて解説していきます。

ホワイト企業への転職なら特徴
ウズキャリ ブラック企業を除外する独自のシステムでホワイト企業を厳選。
第二新卒エージェントneo第二新卒向け!ホワイト企業を厳選した転職エージェント。
doda転職エージェント10万件以上の求人数を誇り、転職するなら必ず登録すべき。
リクルートエージェント求人数が豊富で、転職エージェントの質も安心。
キャリコネ 転職口コミサイトでのリアルな声が分かるサイト。

ホワイト企業に強い転職エージェント

ホワイト企業に強い転職エージェント

ホワイト企業へ転職するためのステップは5つです。

  1. ホワイト企業に強い転職エージェントに登録する
  2. 転職エージェントに希望条件を正しく伝える
  3. 転職口コミサイトで実態を調べる
  4. ネットから情報収集する
  5. 面接で直接話を聞く

ホワイト企業へ転職する第一歩として、ホワイト企業への転職に強い転職エージェントを5社紹介します。

転職エージェントは様々ありますが、不当な労働をさせたりする企業を排除しているエージェントや、求人数が多くてホワイト企業も多く紹介可能な転職エージェントとなります。

ブラック企業を排除しているウズキャリ

ウズキャリは、独自のブラック企業を排除する仕組みによって多くのホワイト企業を紹介することができています。

また、ブラック企業を除外しているため、転職後の定着率は93%と高い数字を誇ります。

ホワイト企業に強い転職エージェントを探しているなら、まず登録しておくべきサイトです。

既卒や第二新卒に特におすすめ

ウズキャリは10〜20代向けの転職エージェントです。

そのため、新卒で入社したけどブラック企業で転職を考えている方には特におすすめできる転職エージェントとなります。

初めて転職活動する人も多いので、面接対応や書類の添削も無料でサポートしてくれるのもかなり安心できるポイントです。

ウズキャリ

ホワイト企業厳選型の第二新卒エージェントneo

人材大手ネオキャリアが運営する、第二新卒向けでホワイト企業厳選型の転職エージェントです。

ブラック企業かを事前にチェックしてから提携しており、労働環境が悪い企業は事前に排除する仕組みを採用してホワイト企業を厳選しています。

第二新卒向けなので20代が基本のサービスとなりますが、対象の人は求人数も多いので登録しておくべき転職エージェントでしょう。

転職でどれだけ年収が変わるのかの診断も無料受けられるので、迷っている人は登録や面談だけ試してみるのもおすすめです。

【公式】第二新卒エージェントneo

dodaエージェント

人材大手のdodaエージェントはホワイト企業の転職にオススメの転職エージェントです。

dodaエージェントがホワイト企業探しにオススメできるのは10万件以上という最大規模の求人数です。

いくらホワイト企業を厳選していたとしても、紹介される求人が少ないと候補も少なく、希望条件に合う会社も探しにくくなります。

dodaエージェントでは業界最大規模の求人数を誇り、その分だけホワイト企業も多くなるのです。たくさんの候補から選びたいならdodaエージェントは非常にオススメできる転職エージェントとなります。

求人が多いので注意も必要

dodaエージェントは求人数は本当に多いのですが、反対に注意点もあります。

1つ目は多くの求人の中にホワイト企業でない求人が紛れることがあることです。担当のエージェントに、希望条件をしっかり伝えておき、希望にあった求人のみ紹介してもらえるよう念押しをして対策しましょう。

2つ目は求人が多い分、連絡もたくさん来ます。メールの通知も多くなるので転職の時期はある程度覚悟してホワイト企業探しを行なっていきましょう。

doda転職エージェント

人材最大手のリクルートエージェント

人材業界の最大手であるリクルートが運営する転職エージェントがおすすめなのは、エージェントの対応力と求人数の多さにあります。

転職エージェントを利用しての転職活動は、担当するエージェントの質も重要です。

希望する内容にあった求人を紹介してもらえるかは、担当者によって大きく変わります。

リクルートのエージェントは厳しい採用基準を突破した能力の高い人が多く在籍していて、企業との交渉力は非常に高いのが特徴です。

大手で求人数も多いため、希望条件を担当エージェントとすり合わせることでホワイト企業への転職を叶えやすくなります。

リクルートエージェント

口コミ情報から求人検索ができるキャリコネ

キャリコネは、企業の口コミが多数掲載されていて口コミから企業探しが可能です。

退職者や現職者のリアルな投稿があるので、口コミ投稿からブラック・ホワイト企業の判断をすることができます。

こちらは自分で求人に応募するタイプのサイトになりますが、評判をもとに応募ができるので、ホワイト企業に出会える確率はかなり高くなります。

無料登録で口コミの閲覧が可能になるので、情報を得るためにも登録しておくと便利です。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

ホワイト企業に転職できるエージェントの特徴とは?

ホワイト企業に強い転職エージェントの特徴とは

ホワイト企業への転職に強い転職エージェントはどのような特徴があるのか?

上記でも紹介した内容もありますが、大きく3つです。

  • 企業を厳選している
  • 求人数が多い
  • 転職者の要望を最優先にしている

企業を厳選している

働き方改革に国を挙げて取り組んではいるものの、まだまだホワイト企業と言える会社は少ないのが現状です。そのため、求人を載せる際の審査や基準がしっかりした転職エージェントでないと、ブラック企業も多くなりホワイト企業の数も少なくなってしまいます。

上記で紹介した転職エージェントは、独自の掲載基準や審査を設けて違法な労働を強いている企業を排除するなど取り組んでいるエージェントです。

求人数が多い

求人数の多さもホワイト企業探しでは必須の項目になります。

ブラックとまでは行かずとも、ホワイト企業と言える会社は多くありません。

そのため、求人数が多い転職エージェントの方がホワイト企業の求人も多くなりやすいのです。

求人数の多い転職エージェントを選ぶことも、ホワイト企業への転職を目指す時にはチェックしておくべき項目です。

転職者の要望を最優先にしている

こちらは会社だけでなく、担当するエージェント次第でもありますが何がなんでも転職させようとする転職エージェントでは、実態とかけ離れた紹介をされてしまう場合もあります。

転職の条件は転職者によって様々です。

ホワイト企業のように残業が少ない会社を目指す人もいれば、多少残業があっても給料が高い方が良いと考える人もいます。

ホワイト企業への転職を目指すなら、担当のエージェントにしっかりと希望を伝え、要望を最優先に考えてくれるエージェントでなければいけません。

希望する条件をしっかり汲み取って求人を紹介してくれる転職エージェントなのかも、ホワイト企業への転職では考えておくべきでしょう。

転職エージェントにホワイト企業を紹介してもらうコツ

転職エージェントにホワイト企業を紹介してもらうコツ

ホワイト企業の紹介に強い転職エージェントや特徴を紹介してきました。

ですが、厳選された転職エージェントに登録をしても”コツ”を知っていなければ希望通りのホワイト企業と出会うことはできません。

ホワイト企業へ転職する確率を少しでも高めるコツも活用しましょう。

転職エージェントとの面談は超重要

転職エージェントからホワイト企業を確実に紹介してもらうためには、面談で希望を伝えることが重要です。

面談では、職種や給与、勤務地など様々な希望を聞かれると思いますが、ホワイト企業を希望するなら、以下のことを必ず条件に含めてもらいましょう。

    希望条件の例
  • 残業が少なさ
  • 休日の多さ
  • 福利厚生の充実さ

ホワイト企業と一言で言っても様々な要素から成り立っています。その中でも自分の優先度はどれが高いのかも伝えることができれば、エージェントも求人を紹介しやすくなります。

さらに言うと、希望する理由まで話すことができるとベストです。

  • プライベートで習い事をしており、夜の時間が欲しい
  • 恋人や夫婦の休みを合わせたいので、土日休み前提にして欲しい

なぜホワイト企業を希望するのかの理由まで話すことができると、エージェントから企業へも紹介しやすくなります。もしその時点でハッキリと浮かばない場合は、エージェントと相談して納得できる理由を考えましょう。

掲載型の転職サイトはオススメできない

転職先を探す方法は、転職エージェントと転職サイトの2つがあります。

本記事では転職エージェントを中心に紹介していますが、掲載されている求人に直接連絡できる掲載型の転職サイトはホワイト企業探しにはオススメできません。

掲載型の転職サイトでは企業が自社に都合の良い内容を載せがちで、実態と違う求人になっている場合も多いからです。

また、転職エージェントによる選別もできないので、求職者が自分でホワイト企業かを見極める必要が出てきます。

ホワイト企業を多く載せている転職サイトもありますが、基本的には転職エージェントに仲介してもらう方が楽だし確実です。

転職口コミサイトは必ず登録しておこう

ホワイト企業に転職するために、転職口コミサイトへの登録は必須です。

有名なところだと上記3つの転職口コミサイトがあります。会社の規模が大きくないと、口コミがないサイトもあるので会社を調べるときは3サイトまとめて確認するようにしましょう。

転職口コミサイトはリアルな声が書かれていて便利ですが、注意すべき点が2つあります。

古い内容の口コミ

口コミサイトの投稿には数年前の古い情報が書かれている場合もあります。

今はホワイト企業でも昔はブラックだったらその投稿が残っていることも多いので、投稿日は必ず確認するようにしましょう。

サクラの投稿

会社によってはサクラを使って良い評判を投稿している場合もあります。見分けるのは簡単ではないですが、おおよそ判断がついたりすることもあります。

    サクラ投稿の見分け方
  • 薄い内容だけど評価だけ高い
  • 良い評判と悪い評判の両極端な口コミが多い

サクラでの口コミ投稿は、嘘の情報です。そのため内容が具体的じゃなく薄い内容となる場合が多いです。また、サクラを使う会社は評判の悪い会社が多いため、もともと悪い評判が多く書かれている可能性が高く、サクラの投稿が浮いているケースも多いです。

転職口コミサイトはリアルな内容が書かれていてホワイト企業を探す上で非常に便利ですが、正しい情報を見分けて活用しましょう。

求人票やネットの情報を活用しよう

企業の紹介を受けたら、ネット情報も活用してホワイト企業かを調べましょう。

求人票、企業の採用ページ、SNSなど、ネットから得られる情報はたくさんあります。年間休日や福利厚生などは必ず得られる情報なので、必ず抑えておくようにしましょう。

見分け方・見つけ方は以下の関連記事にもまとめていますので参考にしてみてください。

ホワイト企業に転職する方法【正しい見分け方・見つけ方】成功事例

2019.11.16

ホワイト企業に転職できる転職エージェントまとめ

ホワイト企業への転職なら
ウズキャリ
第二新卒エージェントneo
doda転職エージェント
リクルートエージェント
キャリコネ

ホワイト企業の転職に強い転職エージェントと、ホワイト企業探しのコツを紹介してきました。

冒頭にも載せましたが、ホワイト企業への転職は以下のステップで行います。

  1. ホワイト企業に強い転職エージェントに登録する
  2. 転職エージェントに希望条件を正しく伝える
  3. 転職口コミサイトで実態を調べる
  4. ネットから情報収集する
  5. 面接で直接話を聞く

働き方改革で残業やハラスメントは少なくなっているものの、ホワイト企業と言える会社は少ないのが現状です。

とはいえ、正しい見つけ方を知っていればホワイト企業に転職できる可能性は非常に高くなります。

今の会社でハラスメントや残業が多いなら、抜け出す第一歩は転職エージェントの登録と面談からです。

長い人生を考えた時に、会社に残るのと転職ではどちらが良いのか?自分なりに考えて後悔しない人生を送りましょう!

スポンサーリンク