ホワイト企業の特徴まとめ9選【求人票や社風は?】実体験で紹介

ホワイト企業の特徴まとめ

ホワイト企業にはどのような特徴があるのか?

会社の価値観は様々なところで現れてきます。

ブラック企業らしい特徴があれば、ホワイト企業にはホワイト企業ならではの特徴も出てくるのです。

ホワイト企業ならではの特徴を、実体験も元にしながら紹介していきます。就職や転職の見極めにも使える内容なので、転職を考える人も参考にしてみてください。

ホワイト企業の転職なら特徴
ウズキャリ 独自のブラック企業排除システムによりホワイト企業を厳選して紹介。
第二新卒エージェントneo第二新卒向けのホワイト企業特化型エージェント。
doda転職エージェント10万件以上の求人数からホワイト企業を厳選して紹介。
リクルートエージェント人材大手で豊富な求人数があり、転職するならまず登録しておくべき。
キャリコネ 企業の口コミからホワイト企業かの見極めが可能。

ホワイト企業の求人票や採用ページで分かる特徴

ホワイト企業の求人票で分かる特徴

ホワイト企業の特徴は、求人票や採用ページでも現れます。

企業側が作っているページなのでよく見せようと書かれている場合も多いですが、さすがに嘘を書く悪質な会社は稀です。

ホワイト企業だからこそ現れてくる特徴を知ると、転職する時に正しく見分けられるようになるでしょう。

ホワイトな福利厚生

福利厚生の充実さもホワイト企業ならではの特徴と言えるでしょう。

福利厚生は企業が従業員に還元したい気持ちがどれだけあるかの指標でもあります。お金のある大企業ほど福利厚生が整っている傾向はありますが、ベンチャー企業や中小企業でもオリジナルの制度を設けているホワイト企業も多くなっています。

福利厚生が充実していると全てホワイト企業とまでは言えないですが、従業員へ還元したい気持ちがある会社の特徴として押さえておきましょう。

嬉しい福利厚生の例

最近導入する会社も増えている福利厚生の一例です。

  • ジム手当
  • 生理休暇
  • 昼寝制度
  • セミナー補助
  • 本・勉強代の補助
  • 託児所の設置

体の健康や運動を後押ししてくれるジムへの手当や、セミナーや勉強など従業員の自己投資を後押ししてくれる制度も、ホワイト企業では充実していることが多い特徴です。

また、共働きが増えて女性も働きやすい環境にするため、生理休暇や託児所を福利厚生に取り入れる会社もホワイト企業を中心に増えてきています。

最先端?の変わった福利厚生

働き方改革の最先端をいくホワイト企業では、今後のトレンドになるような特徴的な福利厚生を取り入れている会社も出てきています。

恋人にフラれた時の失恋休暇や、全社員が一斉でコーヒー休憩をする時間を取り入れる会社。また、レシピサイトのクックパッドではキッチンを借りられてランチタイムにまかないを作れるなど、独自の制度で働きやすい環境を提供している企業が増えています。

どんな制度なのか?だけでなく、どのような背景で取り入れた制度なのかを知ると、企業の価値観やホワイト企業かどうかを知ることができるでしょう。

年間休日

業界や職種にもよりますが、年間休日がどれほどあるかもホワイト企業の特徴として見ておくべき点です。

目安の年間休日は120日以上。

サービス業は少なく、金融系の会社は多くなる傾向はありますが、おおよその目安として押さえておきましょう。

会社によってはお盆や年末年始の休みも有給休暇で消化される場合もあるので、転職を考えるのなら長期休暇の取りやすさを確認して、ホワイト企業か見極めることをおすすめします。

有給消化率

有給休暇は労働者全員にある法律で決まっている権利です。

2019年4月からは年間5日の消化が義務付けられて、推奨する会社が増えたものの、会社の文化や価値観で良しとしない企業もいまだに多く存在します。

求人票や採用ページに有給消化率を載せていて、高い数字が書かれていたらホワイト企業の1つの特徴となります。

8割以上取得は7%

2016年に行われたアンケートなので、少し増えている可能性はありますが、有給休暇の消化率を調べたところ、81%以上消化できていると答えたのは、わずか7%だけだったとするデータもあります。

退職する時にまとめて取得する人も多いはずですが、本来は普段の仕事の疲れを休めたりする制度です。

求人票や採用ページで有給取得率が8割以上であればホワイト企業の可能性は非常に高いと言えます。

ホワイト企業の業務の特徴

ホワイト企業の業務の特徴

ホワイト企業の特徴は、当然ですが普段の業務にも現れてきます。

ホワイト企業が経営できているのは、会社の体制や仕組みが整っていることが基本になるからです。

”ホワイト企業はなぜホワイト企業なのか”を知るためのヒントにもなるかもしれません。

仕事の押し付けがない

ホワイト企業は業務管理が整っています。なので無理な仕事の押し付けが少ないことも特徴です。

ブラック企業や残業が多い会社では業務分担がなされていないので担当外の業務もやらざるを得なくなり、時には仕事の押し付けが発生します。

繁忙期など一時的ならまだしも、仕事を押し付けるようになるとそれが当たり前になりどんどんブラック企業化してしまうのがほとんどです。

ホワイト企業では業務分担をしっかりすることで無理な仕事の押し付けがなく、やるべき業務に集中できる仕事環境を作ってくれます。

パワハラ・セクハラがない

当然ではありますが、ホワイト企業はコンプライアンスに非常に厳しいのが特徴です。そのためパワハラやセクハラにも敏感で、もしそのような行為をする人がいたら適切な処置をして会社の風土が壊れないよう動いてくれるでしょう。

パワハラやセクハラは、本人だけでなく周りを萎縮させて会社全体の生産性も大きく下げます。

会社への不信感が生まれる原因になりますし、怒鳴っている人がいる職場だと周りも大きなストレスを抱えてしまいます。

当然のことではありますが、パワハラやセクハラがないのもホワイト企業の特徴です。

教育体制が整っている

ホワイト企業は人を育てていくことに熱心な会社が多いです。

そのため、新卒や中途社員を問わず教育体制が整っていることも特徴となります。

従業員に多くの残業を強いるようなブラック企業は人を育てる意識はありません。耐えられなくなったら他の人を補充すればいいと考えている経営者も実際には多く存在します。

そんなブラック企業では人を育てる意識がなく教育体制も整えません。

ホワイト企業は従業員の人生を考えて、将来の成長にも多くの投資をしてくれます。

教育にはお金も労力もたくさんかかりますが、人を育てることこそ大切だという価値観があるので教育体制も充実している会社が多くなるのです。

ホワイト企業へ就職を考えているのなら、入社した後の研修や教育体制を知ることはホワイト企業かを知る1つの特徴として使えるでしょう。

引き継ぎができている

ブラック企業では、引き継ぎの時間は無駄な時間だと考えて退職直前まで引き継ぎの時間を設けないことが多々あります。また、引き継ぎするまでもなく急に音信不通になったり逃げるように辞めてしまう人が多くて引き継ぎしたくてもできない会社も多くあります。

反対に、ホワイト企業では急な音信不通での退職もほとんどなく、引き継ぎは顧客のために最重要事項だと考える会社も多いため引き継ぎの時間や工数を割いてくれるケースが多いのも特徴になります。

目先のお金しか見えないブラック企業と違い、先のリターンを考えられるホワイト企業は、引き継ぎができずに顧客を困らせると結果的に売上を下げてしまうことを理解しているのです。

会社や業務が嫌で辞める人が多いブラック企業と違い、キャリアアップなど前向きな転職が多いホワイト企業は、引き継ぎもしっかりとできて残った人も顧客もトラブルなく業務が滞ることもなくなります。

ホワイト企業の社風の特徴

ホワイト企業の社風の特徴

ホワイト企業の特徴は、会社の雰囲気にも現れてきます。

殺伐としていたり、無理にハイテンションな異様なブラック企業とは全く違った居心地の良い空気感が、ホワイト企業には必ずあります。

適度な距離感がある

ホワイト企業の社風は、適度な距離感があるのも特徴と言えるでしょう。

ブラック企業だと「社員は家族」の価値観が悪い影響を与えて、「家族なんだから深夜や休日も助け合うのは当然」という間違った方向に向かってしまいがちです。

反対に、ホワイト企業は従業員を大切にしつつも過度なコミュニケーションを強いたり、家族だから残業も休日出勤も問題なしという間違った解釈もしません。

働く人同士仲はいいですが、適度な距離感でお互いに干渉し過ぎずに仕事ができるのもホワイト企業ならではの特徴と言えるでしょう。

ホワイト企業の方が将来の関係も長続きするかも

ホワイト企業には適度な距離感があることは、仲良くなりにくいわけでは決してありません。

むしろ、ホワイト企業に居た方が将来も長続きする関係になりやすいとも言えるのです。

理由は、ブラック企業のようにストレス過多な環境を共にすると、たとえ辞めた後でもマイナスなイメージが思い出されてしまい会話や気分も暗くなりがちになるためです。

ホワイト企業は業務後の時間や休日の時間が確保できるので、気の合う人が見つかればプライベートでも仲良くなるチャンスが多くなり、苦しい環境で過ごした訳じゃないので辞めた後でも良い関係が続きやすくなります。

ホワイト企業の適度な距離感は、むしろその後の人生を変えるキッカケもたくさんあると言えるでしょう。

飲み会が愚痴ばかりじゃない

会社の同僚とランチや飲みに行くと、どうしても愚痴は出てしまうものです。

でも、ずっと愚痴や悪口しか出ないブラック企業とは違い、ホワイト企業では明らかにポジティブで前向きな話題が多くなるのも特徴と言えるでしょう。

残業が多く仕事に日々追われているとストレスも多くなり気持ちはネガティヴになるものです。ストレスも溜まるので、上司への不満や会社への愚痴ばかりが話題に上がってしまいます。

ホワイト企業でも愚痴や不満は話題に出ますが、ストレスは圧倒的に少ないので将来の話やプライベートの趣味など明るい話題が圧倒的に多くなります。

夜の時間や休日もしっかり取れるホワイト企業なら、仕事以外の話題も多くなり知見を広げることにも繋がりますし、副業に寛容な会社なら副業を通じたスキルアップやお小遣い稼ぎの情報を得られるかもしれません。

ランチや飲み会の話題にも、ホワイト企業ならではの特徴は現れてくるのです。

ホワイト企業の特徴まとめ

ホワイト企業の特徴について

ホワイト企業の特徴について、求人票など外からわかること・働いてわかることなど、項目毎に紹介してきました。

会社がどんな価値観を持っているのかは、あらゆる点から感じることができます。

そして、ホワイト企業のように従業員を思いやる環境にいる方がストレスがなく人生にも良い影響をたくさん受けることができます。

人は環境に大きく左右される生き物です。

いま働いている先がストレスが多く自分の時間も取れない環境にいるのなら、紹介したホワイト企業の特徴をキッカケにして将来を考え直してみるのはいかがでしょうか?

ホワイト企業への転職なら
ウズキャリ
第二新卒エージェントneo
doda転職エージェント
リクルートエージェント
キャリコネ

ホワイト企業に強い転職エージェント5選【失敗しないコツ】

2019.12.08
スポンサーリンク