人間関係が悪い職場3つの特徴【デメリットがヤバ過ぎ】脱出すべき

人間関係が悪い職場の特徴

人間関係が悪い職場に共通する特徴とは?

職場の人間関係が悪いとストレスも抱えてしまいますが、それ以上のデメリットがたくさんあります。

居心地の悪い会社に居るべきか迷う人もいると思いますが、一番簡単で楽な対処法とは何か。悪影響や特徴と合わせてご紹介していきます。

将来の自分にとって正しい行動をしましょう!

辞めて転職するなら!特徴
dodaエージェント10万件以上の豊富な求人数!
ウズキャリ ホワイト企業専門の転職エージェント!
リクルートエージェント人材業界最大手のリクルート

人間関係が悪い職場3つの特徴

人間関係が悪い職場の特徴

はじめに人間関係が悪い職場の共通点です。

人の関わりが良くない会社は、同じような特徴が現れてきます。

どんな共通点があるのか、3つ紹介していきます。

情報共有ができない

関係性が悪い会社は、情報の共有が上手くできません。

仕事とはいえ、関係の悪い人と積極的に話したい人は居ませんよね。

人間関係が悪いと、必要な情報でさえも十分に伝わらないですし、何かを改善する気軽な意見も伝わりにくくなります。

情報伝達が上手くいかないことで、トラブルやサービスの質を下げてしまうことも出てきます。

必要な情報も気軽なことも、情報が上手く伝わらないのも人間関係が悪い職場の特徴なのです。

離職率が高い

人間関係が悪い職場は、確実に離職率が高くなります。

転職理由として一番多いのは人間関係の悩みです。

上司や役員、同僚や部下との関係など、会社を辞めるほとんどの人は人との関わりが原因となっています。

会社全体で人間関係が悪い環境は、辞めてしまう人も多くなりやすい状態にあるわけです。

離職率の高さも、人間関係が悪い職場の特徴です。

業績が悪い

人間関係の悪さは、働きにくいだけじゃなく業績の悪さにも影響する特徴です。

職場の人間関係は、結果として売上や業績にも多くの悪影響を及ぼします。

情報共有ができずにサービスが落ちる

情報共有ができないことは、サービスの質が落ちることに繋がります。

全体で共有すべきなのに伝わらず、一人一人が違う認識で仕事をしていたら、会社の統一感も出ないし時にはクレームやトラブルを生みます。

サービスの質を下げ、トラブルを生みやすいので、業績も下がるのです。

離職率が高いと人・お金のデメリット

離職率が高い会社は、採用費も多く使いますし人材も育ちません。

どんな優れたビジネスでも、結局は人の力で成功するかは変わります。

また、投資すべきことにも採用費がかかり過ぎて適切に投資できず、事業が伸びるチャンスも失いやすくなります。

業績が悪いことも、人間関係の悪い職場の特徴となり得るのです。

人間関係が悪い職場で働くと起きるヤバイこと

人間関係の悪い職場で働くとヤバい

人間関係が悪いことは、単にストレスが多くなる程度と思っていませんか?

実は、ストレス以上に多くのヤバイ事態を引き起こすのです。

職場の人間関係が悪いと起こるヤバイことを紹介します。

ストレスで脳が縮む

人間関係のストレスは、長く続くと脳を縮めます。

不安や恐怖感を抱える環境にいると、脳の前頭前野という記憶力などを司る箇所がダメージを受けて、脳が縮み若年性アルツハイマーの原因にもなり得るのです。

愚痴を言われたり怒られる対象が自分じゃなくとも起こるのが怖いところで、同じ職場にいるだけで悪影響があるのです。

寿命が縮む

職場の人間関係が悪いのに、ストレスフリーで働ける人はいないですよね。

ストレスが続くと体の炎症も起きやすくなり、免疫力低下や病気も発症しやすくなります。

実際に、ストレスと寿命の関係性を調べたスタンフォード大学とハーバード大学の研究では、仕事のストレスで平均3年も寿命が縮む結果が発表されました。

少しでも長生きしたいなら、ギクシャクした人間関係の職場から脱出すべきでしょう。

太る

職場の人間関係の悪さは太る原因にもなります。

ストレスはコルチゾールと呼ばれるストレスホルモンを分泌が分泌されて、筋肉が付きにくく脂肪を取り込みやすくなるのです。

オハイオ州立大学の研究では、1ヶ月に416gも増える計算になるとのこと。

ストレスが大きい被験者ほど、体が脂肪を燃やしにくくなってまして、体脂肪もつきやすくなってたんですな。具体的には、1日に104kcalほど基礎代謝が落ちてまして、これを1カ月の脂肪量に直すと416グラム。

引用:パレオな男より

元々は防衛本能から備わった体の仕組みですが、職場のストレスは肥満の原因となってしまいます。

生産性が下がる

人間関係が悪い職場は仕事の生産性も下げます。

Googleが提唱する、生産性を高める唯一の方法:心理的安全性は、信頼のおける人と不安やストレスなく働くことが大切と言われています。

人との関係性が壊滅的な職場だと、集中も途切れ途切れになり本来の能力も発揮できないまま毎日仕事をしていると言っても過言ではありません。

仕事で成果が出ない人や、いつも残業ばかりの人は、人間関係の悪さが原因の場合も多いのです。

家庭やプライベートが壊れる

職場の人間関係は家庭やプライベートにも影響を与えます。

職場で不安やストレスが多い人は、家族との関係も壊しやすく、プライベートでも不幸続きとなるでしょう。

これはスピリチュアルではなく、心理学的な話です。

マイナスの対人関係は、近しい人にほど発散してしまいやすく、家族や友人と喧嘩をする原因になり得るのです。

大切な家族や友人と仲良くいたいなら、人間関係が悪い職場は辞めるべきでしょう。

人間関係が悪い職場は転職が絶対おすすすめ

職場の人間関係が悪いなら転職すべき

人間関係が悪いといかにデメリットが多いかは紹介した通り。

では、どうやって解決すれば良いのでしょうか?

結論として、悪い環境の職場は転職で違う環境に移ることが一番おすすめです。

転職をおすすめする理由は3つです。

楽で簡単

転職は一番楽で簡単に、人間関係の悪い職場から脱出できます。

「会社を変えるって結構大変でしょ」と思うかもですが、結局は転職が一番良い解決策なのです。

人間関係が良好な職場はいくらでもあります。既に目標とする会社が存在するのに、マイナスの状態にある今の会社に居続けるメリットはあるでしょうか?

既に悪い環境の職場は、会社全体の気持ちが変わらない限り改善しないので、ホワイトな職場に転職してしまう方が、よほど楽で簡単な方法となるのです。

人間関係は転職する理由で一番多い

人間関係が辞める原因として一番多いことも、おすすめできる理由です。

各転職サイトで本音の退職理由についてアンケートが行われていますが、人間関係の悩みが一番多くなります。

  • 1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
  • 3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
  • 6位:社長がワンマンだった(7%)
  • 7位:社風が合わなかった(6%)
引用:リクナビNEXTより
  • 2位:職場の人間関係が良くない
  • 4位:仕事内容にやりがいを感じない
  • 7位:経営理念や社風が合わない
  • 7位:職場環境が悪い
引用:マイナビ転職より

みんながやっているから何事も正しいとは限らないですが、人間関係が原因の転職は一般的なことであり、同じ理由で多くの人が転職に成功している事実があります。

辞めても転職先が見つけやすく、現実的な解決策になるのです。

自然に解決することはない

人間関係の悪い職場に希望を抱く人もいるかもしれませんが、何事もなく自然に仲の良い職場にはなる可能性は限りなく低いです。

理由は、一度ついた印象を変えるのはかなりの時間と労力がかかるから。

例えば、初対面の人と第一印象で受けた感覚は半年後まで残り続けます。

嫌な感情を持っている人が、ある日急に良い人に見える可能性はとても低いのです。

転職も一般的で、職種の移り変わりも早い現代において、今の職場に居続けてストレスを抱え続けるメリットはほぼありません。

人間関係が良好な会社が見つかる転職エージェント

ホワイトな職場へ転職するには主に2つの方法があります。

自分で企業を見つける方法と、エージェント経由で見つける方法です。

人間関係が原因での転職であればエージェント経由の方が断然おすすめとなります。
    転職エージェントが良い理由
  • 非公開求人を多く紹介してもらえる
  • 雰囲気が合う会社を紹介してもらえる

自分で企業を探すタイプの転職では、非公開の求人に出会えません。その分転職する候補が減ることになるので、非公開求人を多数抱える転職エージェントがおすすめです。

また、転職エージェントは会社の人事と繋がりがあるため、体育会系が多いか等といった社風や雰囲気を知った上で紹介してもらえます。

雰囲気が合わなそうな会社は除外して紹介も可能で、ギクシャクしてる会社に出会う可能性も減るのです。

doda

dodaエージェント

dodaは大手の転職エージェントで10万件以上の豊富な求人を抱えています。

20〜30代に強く、業界や職種を問わず様々な求人の紹介が可能です。

候補が多い分だけ自分に合う会社や雰囲気の良い会社も多くなるので、転職を考えるならまず登録をおすすめします。

dodaエージェントの公式サイト

ウズキャリ

ウズキャリ

第二新卒や20代向けのサービスですが、ウズキャリは会社をかなり厳選して紹介する転職エージェントです。

特に、ブラック企業を独自の基準で除外しているので、パワハラや長い残業のある会社は初めから候補を外してくれます。

初めての転職でも他社より2倍以上の時間をかけてサポートするのも強みなので、第二新卒や20代での転職の人はおすすめのサービスとなります

ウズキャリ の公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートも大手の転職エージェントで求人数の多さとエージェントの交渉力に強みがあるサービスです。

人材業界最大手の会社だけあり、抱える非公開求人も多くどの年代でも利用できるサービスです。

dodaやウズキャリと合わせて登録しておくと、希望する会社に出会える確率も高くなりますし、より良い待遇で転職することもできるでしょう。

リクルートエージェントの公式サイト

職場でやってはいけないこと

職場でやってはいけないこと

人間関係が悪い職場に、何かしらの理由で残る人もいると思いますが、

絶対ダメなのは、一緒に人の愚痴や悪口を言うことです。

特に、自分は思っていなくても周りに合わせて言ってしまうことはダメです。

人は、感情があって行動をしているだけでなく、行動から感情が湧き上がることもあります。

はじめは人と合わせて愚痴や悪口を言っていても、日に日に本当に嫌いになったりイライラしてきてしまいます。

もし会社に残るのであれば、周りと一緒に愚痴や悪口を言わないことが大前提です。

人間関係の悪い職場から解放されよう

職場の人間関係が悪いなら辞めよう

人間関係の悪い職場がいかにデメリットが多いのかを紹介してきました。

何かしらの理由で辞めたくない人もいるでしょうが、よほど大好きな会社じゃなければ、もっと自分の能力を発揮できる優良企業はたくさんあります。

ストレスも少なく生産性も高く働けるので、給料も上がりやすいですしプライベートも充実させやすくなるはずです。

今の職場が良くないと感じるのなら、本当にこのままでいいのか自分に問いかけて、将来の自分のためにどちらが良いか選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。