働きたくない人の心理【16個の原因】失敗しない正しい解決策とは?

働きたくない心理と解決策

働きたくないと感じる心理はどこからくるの?

今の仕事が長い人も入社したばかりの人も、「働きたくないな」と感じる場面は必ずやってきます。

仕事のやる気が下がった時は何かが上手くいっていないサインであり、そのまま過ごしていても良くなることはありません。

働きたくない心理はどこからくるのか。その原因と解決策をまとめました。

働きたくないと感じる原因を正しく理解し、将来の自分のために正しい行動を起こしましょう。

転職でやる気を取り戻すなら特徴
dodaエージェント10万件以上の豊富な求人数!
リクルートエージェント人材業界最大手のリクルート
パソナキャリアグループで幅広い求人提案が可能
ウズキャリ ホワイト企業専門の転職エージェント!
第二新卒エージェントneo大手ネオキャリアが運営のホワイト企業特化型サービス。

働きたくない人の心理【全16個の原因】

働きたくない心理と原因

働きたくない心理には、どのような原因があるのでしょうか?

会社の状況や個人の性格により原因も様々ですが、多くの人がハマりやすい原因をまとめて紹介していきます。

なぜ働きたくないと感じてしまうのか、その理由から理解しましょう。

1.仕事内容に興味がない

仕事内容に興味が全く持てないことも、働きたくない心理を生みます。

「好きこそものの上手なれ」のことわざもあるように、人が行動するきっかけとなるのは興味や関心です。

今の仕事を選んだ理由が”楽そう”・”待遇が良かった”などを優先して決めた人や、人事異動でポジションを変えられてしまった人は、働きたくない心理が生まれやすいでしょう。

なぜ今の興味がない状態になったかは人それぞれですが、仕事内容そのものに興味を持てない場合も働きたくない心理が生まれやすいです。

2.残業・働きすぎ

どんなにやりたい仕事でも、毎日の残業や疲れすぎている状態だと働く気力もなくなります。

過労死ラインと呼ばれる残業時間の目安や、働き方改善で残業がない働き方が推奨されているのは、仕事のし過ぎによって体や精神を壊してしまう人がいるからです。

疲労は私たちから多くのものを奪います。

残業や疲れが原因の場合、働きたくないと感じているうちはまだマシな方で、そのうち何も考えられない状態にもなりかねません。

働きたくない心理があるうちに、今の環境を変える行動を起こすことをお勧めします。

3.睡眠不足

仕事が天職だと感じている人でも、睡眠不足だと働く気力は起きません。

日本人は睡眠が少ないと言われがちですが、睡眠不足によるデメリットはあまりに多く、社会人なら注意すべきです。

睡眠不足のデメリット

睡眠不足は気持ちにも体にもデメリットしかありません。
  • 不安増加
  • 怒りやすくなる
  • 事故率増加
  • 不幸感増加
  • 太る
  • 免疫力低下

気持ちや健康と睡眠不足の関係性は科学的にもたくさん見つかっており、上記以外にもたくさんのデメリットが見つかっています。

不健康になりイライラして不安も増すようでは、働きたくないという心理になるのも当然ですよね。

睡眠時間が少ない時にも働きたくない心理は増えてしまうのです。

4.食生活

私たちの体を動かす原料になるのは、食事です。

一見関係なさそうですが、食生活の乱れは心理面でも悪影響があることは科学的にも明らかになっている。

栄養不足

無理なダイエットや、疲れて食事が取れていない状態だとエネルギー不足で脳も動きません。

エナジードリンクで無理に頭を働かせようとしても意味はなく、野菜やビタミン・タンパク質・炭水化物など一通りバランスの良い食事をしないと気持ちは乱れて働きたくない心理の原因となります。

「でも、今の食生活でも痩せないから足りてるんじゃない?」って人でも、単に代謝が落ちて体が栄養を使うことをセーブしている可能性もあるため、食事を取れていない人は栄養不足もやる気の低下の原因として疑ってみましょう。

栄養の偏り

栄養はしっかり取れていても、偏った食事をしているとメンタルにも悪影響があります。

実際、油の摂りすぎはうつ病と関係があることも分かっており、揚げ物やお菓子ばかりの食生活をしていることが、働きたくないと感じる原因かもしれないのです。

油(サラダ油や加工食品に含まれるオメガ6)を普段から多く摂っている人は、食生活を改善すると本来の仕事に対するモチベーションが戻ってくるかもしれないのです。

5.運動不足

社会人になってから、定期的に運動できていますでしょうか?

運動は健康はもちろん、仕事に大切な脳の働きやモチベーションを保つ上でも大切な習慣の一つになります。

運動によって幸福ホルモンが分泌される

運動している最中は辛くても、終わった後はすっきりした気持ちにならないでしょうか?

それは、運動によって幸福物質であるエンドルフィンやセロトニンが分泌されるからで、ストレス耐性を高めて精神を安定させます。

反対に、運動不足の状態だとストレスに弱くなり、好奇心や協調性が低下することも明らかになっています。

普段からあんまり運動をしてなかった人は

  • マジメにコツコツやる能力が減退!(誠実性)
  • 好奇心を持ってものごとに取り組む気力も減少!(開放性)
  • 他人とうまくやっていく気持ちも低下!(協調性)
  • 他人とコミュニケーションを取る気持ちも減少!(外向性)
引用:パレオな男より

仕事のモチベーションと共通する点も多く、運動不足が働きたくない心理を作っていることも大いにあり得るのです。

6.会社に話せる人がいない

人間関係が悪いことも、働きたくない心理の原因になります。

長く働いている会社はもちろん、入ったばかり・異動したばかりで会社に馴染めていないことがストレスになると、仕事のモチベーションも下がります。

実際に、スポーツジムの継続率は友達がいるかどうかで大きく変わったとする調査もあるなど、会社での人間関係は働く気持ちに大きな影響を及ぼすのです。

働きたくないと感じる心理として、友人のように自分を出せる同僚がいるかも原因の一つと覚えておきましょう。

7.上司が怖い

同僚とは仲が良かったとしても、上司が怖いと感じる場合にも働きたくないと感じてしまいます。

パワハラやセクハラは論外ですが、性格が合わずに細かい点まで指摘されるような場合にも、心理的にストレスを抱えて仕事へのモチベーションは下がります。

人は何か行動を起こすパターンは2種類あります。

    行動を起こす2つのパターン
  • 快楽を求める
  • 危険を回避する

仕事が楽しく感じる、快楽を求める行動パターンが理想ですが、毎日怒られないようにビクビクして仕事をしていては危険を回避するパターンとなり、ストレスは増えてモチベーションは下がります。

上司と上手くやれているかも、働きたくない心理の原因となるのです。

8.仕事が難しすぎる

仕事の難易度もモチベーションを保つ上では大切です。

業務が専門的過ぎてほとんど理解できなかったり、会社独自のルールが細かく覚えられなかったりする場合にも働きたくないと感じる原因になります。

仕事でも勉強でも、やる気を保つ上で理想的なのは”少し頑張ればできるくらい”です。

分からないことは素直に話せているか?

仕事が難しすぎるのは、自分自身が難しい状況に追いやっている人も意外と多いです。

内容を理解できないまま「わかりました」と答えてしまい、やり方も分からないまま仕事をしていませんか?

教えてくれる人が忙しそうだったりすると素直に分かりませんと言いにくいですが、分からないまま業務をして時間も長くかかると会社にとってもよくありません。

抱え込みがちな人ほど陥りやすいパターンなので、メモや覚える努力も大切ですが分からないことは素直に聞くことを心掛けましょう。

9.仕事が簡単すぎる

仕事が難しすぎる一方で、簡単すぎる仕事でも働く気がなくなります。

仕事のモチベーションを保つには成長する感覚や適度な緊張が必要です。

誰でもできるような仕事や、自分の実力では何の負荷もなくできてしまう仕事内容だとモチベーションも保てません。

毎日緊張感なく働いている人は、難易度が原因で働きたくないと感じていないか疑ってみましょう。

10.時間の縛り

仕事だけでなく、自ら進んで行動する上で”自己コントロール感”は欠かせません。

誰かに言われるのではなく自分で決めてやり遂げる感覚ですが、多くの会社では時間の縛りが発生します。

フレックスタイム制やコアタイム制も徐々に増えつつも、多くの会社だと始業・終業は一律で決まっているでしょう。

自分の自由な時間がない感覚はモチベーションを奪い、働きたくない心理の原因となり得ます。

11.場所の縛り

会社で働くことは、時間の縛りだけでなく場所の制限も発生します。

ほとんどの会社は決まったオフィスに出社しなければならず、移動するための労力や時間はどうしても生まれてしまいます。

出社後も同じビルの中で多くを過ごすことは精神的にストレスも抱えやすく、働きたくないと感じる原因にもなり得るのです。

リモートワークも許可されていない会社で働いている人は、場所が固定されることが原因でやる気もなくしていないか問いかけてみましょう。

12.働いた先のキャリアが見えない

仕事も勉強も一緒ですが、目指す目標や道筋が見えないと気持ちを保つことはできません。

仕事を通じた目標も将来像も見えずに働くことは、砂漠の中で目印もなく歩き続けるのと一緒です。

会社のポジションが固定されていて、頑張っても昇格できなさそうだったり、そもそも自分のキャリアに合わない業務をしていては、やる気も起きないでしょう。

会社を通じてキャリア形成ができると感じられているでしょうか?

13.責任が重すぎる

仕事において役割を与えてくれることは、信頼の証であり成長に繋がるチャンスでもあります。

しかし、役割や責任が必要以上に重すぎてしまうと、プレッシャーに押し潰されて気持ちもネガティヴになってしまいます。

自分の力量に対して期待が多すぎる場合もあれば、小さな業務でもミスをした時の責任が重すぎるなど状況は様々ですが、能力や業務に適した責任になっているのかは、仕事へのやる気を保つ上で大切な要素なのです。

14.会社が遠い

職場までの通勤時間はどのくらいでしょうか?

家賃や家庭環境によって遠くに住むしかない人も多いですが、通勤時間の長さと仕事へのモチベーションは関係性が深い項目なのです。

幸福度・ストレスに悪影響

通勤時間が長いことや、満員電車で過ごす時間が多いことは体にも心にもデメリットが大きくなります。

人生の幸福度や、仕事でのストレスは、通勤時間と関係性があることも海外の大規模な調査で分かっており、働きたくない原因となり得るのです。

仕事も人間関係も悪くないのに、なぜか働く気が起きない人は通勤時間の長さも原因の一つとして考えてみましょう。

15.プライベートで嫌なことがあった

「仕事とプライベートは別!」って人もいるかもですが、私たちの体・心は一つしかありません。

家族や恋人との関係、友達とのトラブルなど、プライベートが上手くいっていない人も働きたくない心理が起きやすい状態になります。

社会人であればプライベートでも何かしら事件は起きるものです。

    社会人にありがちなトラブル
  • 家族の体調が悪い
  • 恋人、夫婦喧嘩
  • 友人関係でのトラブル
  • 急な出費でお金がない

プライベートのネガティヴな出来事は、気持ちを切り替えようとしても少なからず仕事のモチベーションに影響を与えます。

気持ちをすぐに切り替えるのも簡単ではないですが、リフレッシュしたり信頼できる人に悩みを打ち明けるなどして、プライベートのストレスを解消しないことには仕事でも良いパフォーマンスを発揮できないでしょう。

16.仕事よりやりたいことがある

今の仕事よりもやりたいことがある場合にも働きたくないと感じてしまうでしょう。

ハマっている趣味があって仕事が手に付かなかったり、昔からの夢である音楽や演劇をやりたいなど、気持ちが仕事に向かない人もいるのではないでしょうか。

内容により対策は変わりますが、働きたくない心理は、モチベーションの矛先が別のことに向いてしまっていることも原因の一つとして覚えておきましょう。

働きたくない心理の原因は大きく3つ

働きたくない原因

働きたくない心理を解消する方法はこの後紹介しますが、原因を掘り下げると大きく3つに分けることができます。

ストレスが原因

まずはストレスです。

人間関係のストレスをはじめとして残業が多いこと、睡眠時間が少ないことなどもストレスに含まれます。

  • 人間関係
  • 長い勤務時間
  • 疲れすぎ
  • 仕事のプレッシャー
  • 通勤のストレス
  • プライベートでの嫌なこと

ストレスが原因で働きたくない気持ちが生まれているのなら、環境を変えてストレスが解消されない限り仕事へのやる気も戻りません。

仕事内容や働き方に原因がある場合

ストレスはたとえ向いている仕事でも悪影響を与えますが、2つ目は仕事内容や働く環境そのものに原因があるケースです。

主に2つに分かれます。

自己コントロール感のなさ

途中で少し述べましたが、働きたくないと感じるのは人から押し付けられて自分では決められない感覚が原因の場合も多いです。

  • 時間の拘束
  • 毎日の残業
  • 仕事の権限が少ない

反対に言うと、自分で決められる感覚を持つこと・持てる環境で働くことで仕事へのやる気も取り戻せます。

成長や目標に繋がらない

前に進む感覚や進むべき道がハッキリしていることも、働く上では大切です。

  • 仕事内容に興味がない
  • 簡単すぎる
  • 今の会社だとキャリアが見えない
  • 仕事よりやりたいことがある

今の会社で成長できそうじゃない・目標が見つからない場合には、会社を離れる選択肢をとる必要があります。

健康面

働きたくない原因3つ目は、健康面です。

  • 栄養不足
  • 睡眠不足
  • 運動不足

ストレスなどと被る場合もありますが、残業がなくやりたい仕事ができていても、健康的な食事ができていなかったり運動不足が続いていると、どんな仕事でもモチベーションは上がりません。

体が不健康だと脳も働かず、働きたくない大きな原因となるのです。

働きたくない気持ちの解決策

働きたくない心理の解決策

働きたくないと感じる原因について、一通り紹介してきました。

続いては解決策を一通り紹介していきます。

原因を理解し、正しい解決策を取りましょう。

転職

働きたくない気持ちを解消するために、転職は多くの人が考える手段であり効果も高い解決策です。

人は環境に影響を受ける生き物です。

働く環境や行う仕事内容が変われば、仕事へのやる気にも良い変化が現れてくるでしょう。

転職をオススメする人

  • 仕事内容に興味がない
  • 職場に話せる人がいない
  • 上司が怖い
  • 残業が多い
  • 仕事が難しすぎ・簡単すぎる
  • 場所や時間の縛りがある
  • 会社が遠い
  • 他にやりたいことがある

紹介してきた働きたくない心理のうち、半分以上は転職によって改善される可能性を持っています。

仕事内容に興味を持てない人や難しすぎ・簡単すぎの人、ストレスが多い職場で働いている人などは、まず転職を考えてみましょう。

すぐに転職に踏み切るのではなく、実際の求人を見てワクワクする求人があれば転職に踏み切るのでも問題ないでしょう。

職種や環境を変えたい人は、求人数の多い大手エージェント

仕事内容に興味を持てない人や、時間や場所の縛りを無くしたい人は求人数の多い大手の転職エージェントを利用しましょう。

職種が定まっていない人でも無料相談で自分の特性にあった職種を紹介してもらえるので、「今の仕事は嫌だけど、他になにが良いか分からない」人は大手の転職エージェントがオススメです。

たくさんの求人の中から、転職の方向性を決めるのにも役立ちます。

求人数が多い大手の転職エージェント特徴
dodaエージェント10万件以上の豊富な求人数!
リクルートエージェント人材業界最大手のリクルート
パソナキャリアグループで幅広い求人提案が可能

働き方を変えたい人は、ホワイト企業専門の転職エージェント

職種よりも働きやすさやストレスの少なさを求めるのであれば、ホワイト企業を多数掲載している転職エージェントがオススメです。

会社独自でブラック企業排除の仕組みを設けて、パワハラや残業が多過ぎる企業を排除している転職エージェントなので、ストレスから働きたくない心理が起きる心配は少なくなります。

上記の大手転職エージェントと合わせて上手に使い分けるのがオススメです。

ホワイト企業特化型の転職エージェント特徴
ウズキャリ ホワイト企業専門の転職エージェント!
第二新卒エージェントneo大手ネオキャリアが運営のホワイト企業特化型サービス。

休職

転職とすぐに気持ちを切り替えられない人は、一度休む期間を設けてみるのがおすすめです。

今の仕事で抱えたストレスやダメージが大きい人は、仕事から離れて自分を取り戻す時間が必要な場合もあります。

休職しながら自分が本当にやりたいことを探したり、向いている職種は何か考えたりすることで、次の転職もうまく行きやすいはずです。

失業保険も考えよう

仕事を辞めて休職する場合、収入面が1番の心配事ではないでしょうか?

体調を崩しての休職だと諸々の手当が降りたりしますが、自主的な退職だったとしても約3ヶ月の猶予期間があれば今の収入をベースとして休職手当がもらえます。

最低1年の雇用保険加入など条件はありますが、仕事を辞める=収入が無くなる訳ではないので、少しゆっくりしたい人は失業保険も視野に入れて休む期間を設けてみましょう。

フリーランス・起業

  • 「上司とそりが合わない」
  • 「一人の方がモチベーションが上がる」

そんな人は、独立してフリーランスになったり起業する方がモチベーションは高まるでしょう。

もちろんある程度のスキルがあってこそですし、個人で0から仕事を取るのは今の会社で仕事を請け負う何倍の何十倍も難しいことです。

しかし、働きたくない気持ちが転職でも解消できなさそうなら、フリーランスや独立も選択肢としておすすめです。

自分の力だけで0から売上を立てることは、会社員では味わえない達成感・喜びを得ることができます。

通勤時間を減らす

満員電車のストレスや、睡眠時間の確保に繋がるのが通勤時間を減らすことです。

満員電車のストレスは戦場の兵士以上とも言われるほど、かなりのストレスがかかっています。また、通勤時間が減れば帰る時間も減り、睡眠時間も確保しやすくなります。

通勤時間の減らし方は主に3つです。

    通勤時間の減らし方3つ>
  • 会社の近くに引っ越す
  • 家に近い会社に転職する
  • リモートOKの会社に転職する

引越し

会社の近くへ引っ越すと、家賃が高くなると思われがちですがストレスで生まれる仕事に対する幸福度や給料への満足度を考えると、むしろ引っ越す方が得だったりもします。

以下のページで引っ越すとどれだけ得をするか計算しているので、よければ参考にしてみてください。

通勤時間の無駄を減らす方法

通勤時間で無駄になる5つのコト!【解決策と引越した時の比較】

2019.06.25

転職

通勤時間を減らす転職は2種類です。

  • 家に近い会社への転職
  • リモートワークOKなど、通勤が要らない会社への転職

転職におすすめのエージェントについては上記でまとめた通りなので、サイトに登録して実際の求人をみてみましょう。

運動や食生活の改善

運動不足はストレス耐性を弱めて、時に性格を悪くするほど悪影響がありますし、食事のバランスが取れていないと体や脳を動かすエネルギーが足りなくなります。

仕事だけでなく生きる上での基本でもありますが、1駅歩いてみたり、野菜を意識的に増やしてお菓子や油ものを控えるだけで、自然と仕事への意欲が湧いてくるケースも多くあります。

健康面の改善が仕事のモチベーションも高めてくれるのは、科学的にも正しい解決策です。

働きたくない原因を理解して正しく解決しよう

働きたくない気持ちの解決策

働きたくない心理はどこからやってくるのか?

仕事のモチベーションは色々なきっかけで浮き沈みをし、原因に応じて解決策も変わります。

仕事内容や職場環境が原因なら転職が有効ですし、運動習慣をつけるだけで解消される場合、時にはいくつもの解決策が必要なケースもあるでしょう。

全ての解決策に共通するのは、働きたくない原因を正しく理解して行動を起こすことです。

今、働きたくないと感じているのなら何かを変えなければ状況が勝手に良くなることはありません。

自分はどの原因に当てはまるのかを理解して正しい行動を取りましょう。

自分を変えようと起こした行動は、この先の将来を変えるきっかけとなるでしょう。

仕事のやる気が出ないのは転職のサイン?

仕事のやる気が出ないのは転職のサイン?【それ失敗パターンかも】

2019.07.18
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。