職場の雰囲気が悪い会社で働くとヤバい!【10個の特徴と対処法】

職場の雰囲気が悪い

職場の雰囲気が悪くてストレスを抱えている人へ!

職場の雰囲気が悪いと、仕事に行くのもダルくなりやる気も出てこないですよね。

実は雰囲気が悪い環境で働き続けると、やる気以外にもたくさんのデメリットがあるのです。

本記事では、職場の雰囲気が原因で起こる悪影響やその対処法について紹介していきます。

今の環境がいかにストレスが多くヤバい状態なのかが理解できるでしょう。

職場の雰囲気が悪い会社10の特徴

雰囲気が悪い職場の特徴

まずは雰囲気が悪い会社の特徴についてです。

あなたが働く職場も、どれかには当てはまっているのではないでしょうか。

残業が多い

雰囲気が悪い職場の特徴で非常に多いのが、残業が多いことです。

雰囲気が悪いから仕事が終わらず残業をするのか、その逆なのかは分かりませんが、社内がいつもピリピリしている職場だと業務もスムーズに終わりません。

今は雰囲気が良くても、残業が増えてきたらピリピリしてくる可能性は多いにありますし、残業を無理やりにでも減らせれば雰囲気も改善してきます。

休日も休めない

休日出勤が多かったり、休日もメールや電話対応がある会社も雰囲気は悪くなりがちです。

休みも仕事も分からない状態だとストレスを発散できずに、社内全体がピリピリして気持ちよく仕事をするのは難しいです。

社内にいてもピリピリしていて、休みの日も仕事のストレスから逃れられずに精神的にも病みやすい職場となります。

パワハラや怒鳴り声が響く職場

怒鳴り声が響くような職場も、雰囲気が悪い職場で多い特徴です。

当然ですが、ビクビクしながら働いて楽しい人はいないですよね?

暴力がや理不尽な仕事の振り分けのようなパワハラや、昭和時代のような怒鳴って鍛える教育をいまだに実践しているような会社では、全員がストレスを抱えていく状態になっていきます。

怒られた本人だけでなく、職場全体の雰囲気を悪くしてしまう環境と考えましょう。

売上が下がっている

売上が良くない会社も雰囲気は悪くなりがちです。

会社全体の場合も、部署単位の場合もありますが、モチベーションを保つ上で売上が好調かどうかは仕事の達成感にも大きく関わってきます。

売上も下がると雰囲気も悪くなってしまい悪循環が続く状態となってしまうのです。

サービスや商品の質が低い

サービスや商品の良し悪しも、実は職場の雰囲気と大きく関わります。

競合他社の悪評を流すような会社は論外ですが、世の中のニーズと合わない商材を扱っていると売上も順調に伸びず、顧客満足度も低いのでやりがいも感じにくい状態となります。

従業員たちも自社サービスを自信を持って提供できなくなっていくので、職場でもイライラや不満を抱えながら日々仕事をしていくことになります。

商品やサービスの良し悪しも、職場の雰囲気が悪い会社に共通する特徴の1つなのです。

正当な評価をされない

評価基準が曖昧で上司や責任者の気分で評価するような会社も、雰囲気が悪い職場に共通している特徴です。

人間には承認欲求という核となる欲求があります。

評価制度が曖昧だと頑張りが報われないと感じる人が多くなり、モチベーションや上層部への不信感にもつながります。

評価が平等で納得できる仕組みかどうかも、雰囲気作りには大切なのです。

給料が低すぎる

業界や同年代と比較して給与水準が低い会社も、雰囲気の悪い職場として当てはまりやすい特徴です。

給料が全てではないですが、仕事を通じたやりがいや達成感を感じるのは生活できる給料が貰えてこそですよね。

ですが、業界の平均や同年代と比べて明らかに低い収入だと、会社への不満に繋がりモチベーションも下がります。

社内で愚痴を言う人も増えてしまい、イライラして働く人も増えてしまうのです。

人の入れ替えが多く離職率が高い

離職率の高さも職場の雰囲気が悪い会社では共通する特徴です。

正社員なら1日8時間以上も過ごす職場環境が、ピリピリとストレスを抱えてしまう状態だと逃げたくなるのは人の心理として当然のことです。

また、入退社が激しいと個人のスキルも状態しない状態が当たり前になってしまい、業務もスムーズにいかずにイライラを引き起こす原因を作ります。

離職率と雰囲気には大きな関係性があるのです。

研修制度が整っていない

入社した人はもちろん、既存の従業員も含めて研修制度が整っていない職場も雰囲気は悪くなりやすいでしょう。

入社して仕事を覚える時期はもちろん、役職を上がっていく上で必要な知識でも、「見て覚えろ」でしか教えてくれない職場だと、必ずどこかでトラブルや漏れが出てきます。

教わっていない本人はもちろん、カバーする人も気分を落としてしまい、結果として社内全体の雰囲気にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

トップダウン

雰囲気が悪い職場として、社長のワンマン体質が強い会社も挙げられます。

ワンマンでも優れたマネジメント力があり、社内を統制できる社長なら良いのですが、ほとんどの場合はそうはいきません。

ワンマン経営だと「現場の意見を聞いてもらえない」といった不満が出やすくもなり、職場全体での雰囲気も壊してしまうのです。

職場の雰囲気が悪い5つの原因

職場の雰囲気が悪い原因

職場の雰囲気が悪い会社の共通点を紹介してきましたが、特徴をまとめると大きく5つに分類されます。

なぜ雰囲気が悪くなってしまうのか。その原因を紹介していきます。

休息が取れていない

休みを取れないことは、職場の雰囲気を悪くする大きな原因です。

残業が多いことや休日も仕事のやり取りがある状態だと、緊張状態が続きすぎてしまいストレスは確実に増えていきます。

睡眠不足はデメリットが多すぎる

特に、残業が多くて寝不足の人が多い状態だと、かなり悪影響を及ぼしていると考えられます。

睡眠不足のデメリットは健康からメンタルまで非常に大きく、職場の雰囲気に繋がる項目だけでも以下の通りたくさんあります。

    睡眠不足のデメリット
  • 不幸感が増える
  • 不安やうつの原因
  • イライラしやすい
  • 言語力が下がる(自己表現が下手になる)

職場全体で残業が多く、十分に寝られない人が多いなら、睡眠環境に大きな原因があるとも考えられるでしょう。

休みに仕事をすると生産性をが下がる

休日に仕事をしてしまうことも、実は職場の雰囲気を悪くする原因です。

休息が取れないのまもちろんですが、休日に仕事をしてしまうと普段の仕事の生産性が下がる悪影響もあります。

ハーバード・ビジネス・レビューに掲載された海外企業の例だと、休日に一切仕事をしなくなると、生産性は13%増えて幸福感は25%も高くなることが分かったのです。

人には緊張とリラックスの2つのリズムがありますが、仕事=緊張だけだと必ず体や心に異常が出てきます。

休日に仕事をする文化があると、生産性は下がり幸福感はもっと下がってしまい、職場全体の雰囲気も確実に悪くなってしまうのです。

意見が通らない=存在価値がない

「自分が会社にいる意味」を感じられないことも雰囲気を悪くする原因です。

承認欲求や存在意義と関わる項目ですが、トップダウンで決定権がない仕事や頻繁に怒られる職場だとモチベーションが下がりイライラも増してきます。

自分で決められる感覚が大切

職場環境で大切なのは、個人がある程度の裁量権を持っていることです。

上からの仕事が多かったり、意見があっても認められず怒られる状態だと、ストレスばかり増えて仕事中のイライラも増してきます。

上司や社長がOKしないと何も進まないような会社だと、職場の雰囲気は悪くなり、働く人のモチベーションも下がるのです。

将来が不安な会社

将来が不安になる会社でも、職場の雰囲気は悪くなります。

「将来が不安」にも様々ですが、大きく2つです。

  • 会社に将来性がない
  • 自分の成長に繋がらない

会社に将来性がない

売上が低下していたり商材の質が低いと、職場に悪い雰囲気が充満します。

会社で働いている以上、会社が成長しなければ自分も報われません。

将来性が感じられない会社だと働く人の士気も下がるし責任の押し付けが当たり前になったりと、楽しく働ける状態とは程遠い環境になります。

給料が上がりにくく倒産のリスクもある会社なので、イキイキと働きたいのなら、転職などで環境を変えるべきでしょう。

自分の成長に繋がらない

自分が成長できていると思えない職場も雰囲気が悪い原因になり得ます。

上から言われた仕事をこなすだけの仕事や、怒られてばかりの環境だと、やる気も起きずにイライラしやすくなります。

「転職しても上手くいかないのでは?」という不安から、会社からも抜け出せないと感じる人も増えてきて、職場全体の雰囲気を悪化させてしまうのです。

職場環境さえ変われば本来の能力を発揮できる人もたくさんいるので、当てはまる人は環境を変えて楽しく働ける可能性があることも知っておきましょう。

雰囲気が悪い職場で働き続けると起こるヤバいこと

職場の雰囲気が悪いと起こる悪影響

職場の雰囲気が悪い原因と特徴を紹介してきました。

ですが、中には「会社の居心地くらい大したことじゃない」と思う人もいるかも知れません。

ですが、職場環境の悪さは、あなたに大きなダメージを与えていると覚えておくべきでしょう。

雰囲気が悪い職場で働き続けるとどんな悪影響があるのか、3つ紹介します。

脳・身体への悪影響

職場の雰囲気の悪さは、脳や身体にダメージを与えます。

脳の機能が低下したり、体に炎症が起きやすく病気にもかかりやすいなど、メリットは全くありません。

脳の機能が低下

怒られたりピリピリした職場環境で過ごし続けると脳の機能、特に記憶力がダメージを受けます。

前頭前野と言われる記憶力に関する部位に影響が大きく、場合によっては若年生アルツハイマーの原因にもなり得てしまうのです。

正常な思考を保ちたいなら、居心地の良い職場で働くべきです。

体に炎症が起きる

毎日職場でストレスを感じ続けると、ストレスホルモンが身体中に増えてしまい至る所で炎症を起こします。

吐き気やお腹を壊したりだけじゃなく、血圧の上昇や心臓などにもダメージを与えてしまうのです。

雰囲気が悪くてビクビクしながら働く環境は、健康面にも悪く、時には寿命を縮める原因になることを理解しましょう。

仕事ができない人間になる

雰囲気の悪い環境で働き続けると、仕事ができない人間になります。

仕事ができなくなる理由は3つです。

    職場の雰囲気が能力に影響する理由
  • 生産性が落ちる
  • 自主性がなくなる
  • モチベーションが保てない

生産性が下がる

仕事の生産性を高める上で、ある程度のリラックス状態と自分で決められる感覚は非常に大事です。

ですが、ピリついた職場で働き続けることは、常に生産性が低い環境で仕事をすることで、高い成果を残すこともできません。

仕事を頑張りたい人や自分を高めたい人は、雰囲気が悪い職場からは離れるべきでしょう。

自主性がなくなる

怒られないかビクビクして働く状態だと、チャレンジをしたり改善するための意見も言えなくなってきます。

するとやがて自分発信で仕事をしなくなってしまい、結果として成長できなくなるのです。

モチベーションが保てない

雰囲気が悪い職場だとモチベーションを保ち続けられないことも成長できない理由です。

自ら意欲的に学ぶ時に、居心地が悪くストレスがかかる環境だとやる気も起きないのは当然で、成長にも繋がりません。

自分を高めて少しでも成長したい人は、職場環境の良い場所で働くべきでしょうう。

職場の雰囲気が悪い時は転職が最適!

職場の雰囲気が悪いなら転職

職場の雰囲気が悪いことは、多くの悪影響をもたらすことを紹介してきました。

では対処法は何が良いのか?

結論として、一番良い解決策は転職です。

雰囲気が悪い職場で悩んでいるなら、転職が一番簡単で楽な解決策になります。

マイナスをプラスに変えるのは難しい

転職をオススメする理由1つ目は、雰囲気が悪い状態を一人で変えるのはとても難しいためです。

自分自身の習慣や行動さえ変えるのが難しいのに、何人もの他人を変えることはとてつもなく労力や時間が掛かります。

また、本来であれば職場をマネジメントする立場がやるべきことなのにできていないことは、責任者が問題視しておらず協力的になってくれるかもわかりません。

そんな中で自分や周りの数名が動いても、職場全体の雰囲気が良くなるにはかなりの時間と労力が掛かってしまうでしょう。

既に良い環境に行く方が楽で簡単

転職は社会人にとって大きな決断で、環境を変える決断は不安も多くなるでしょう。

ですが、今の職場環境を変えるよりも転職してしまう方が、よほど楽で簡単な解決策になります。

世の中には数えきれないほど会社があるし、今は転職しない人の方が少ない時代になっています。

今の会社に恩や親しみを持っているかもですが、成長できない環境でストレスも多く働き続けるくらいなら、既に良い環境に転職してしまう方がよほど効率的で確実です。

残り続けると転職すら考えられなくなる

今の環境が良くないと感じているうちは転職できますが、この先も残って働き続けると転職ができない状態に陥ってしまいます。

日頃のストレスから環境を変えることへの恐怖が大きくなってしまったり、数年歳を取ってからだと雇ってくれない年齢になるかもしれません。

今の職場の雰囲気が悪いと感じ、何かを変えたい気持ちがあるなら、手遅れにならない今のうちに行動しておくべきなのです。

また、求人を見るだけでも将来の選択肢が増えてストレスが減ったりと、”求人を見るだけ”でも転職活動のメリットはあります。

転職サイト・エージェント3選

今の職場に危機感を持った方や、求人を見ることから始めたいと思った方のために、おすすめの転職サイト・エージェントを3つ紹介しておきます。

求人数が多いサービスを中心に選んだので、今の職場の外には色々な選択肢があることが分かるはずです。

dodaエージェント

dodaエージェント

1つ目はdodaエージェントです。

業界を問わず10万件以上の求人を抱えており、そのほとんどが非公開求人です。

無料面談をすれば非公開求人を紹介してもらえるようになりますが、面談時にエージェントへ希望を伝えていれば「雰囲気が良い職場」を厳選して紹介してもらうのも可能です。

20〜30代向けの求人に特に強いサービスなので、上司や会社の文化が原因で雰囲気が悪い環境にいる人は、登録をして外を見てみましょう。

dodaエージェントの公式ページはこちら

リクナビネクスト

リクナビネクスト

2つ目はリクルートが運営する転職サイトのリクナビネクストです。

リクナビネクストは新卒の就活でも多くの人が使っているリクナビの中途版なので、使い方も分かりやすいのが特徴です。

また、自分が向いている職業を性格や価値観から診断してくれるサービスを、無料の会員登録だけで受けることができます。

職場の雰囲気だけでなく、自分のキャリアプランも悩んでいる人は、数分の登録で診断が受けられるようになるので、試しに受けてみるのもおすすめです。

リクナビネクストの公式ページはこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェント

3つ目はリクルートエージェントです。

上記のリクナビネクストと運営元は一緒ですが、サービスの違いは大きく2つです。

1つ目は非公開求人の紹介を受けられることで、リクナビネクストでは紹介しきれない求人も豊富に紹介してくれます。求人数は転職業界最大規模の豊富さです。

2つ目はエージェントによるサポートを受けられることです。

リクナビネクストは気軽な反面、会社との調整は自分でやる必要があったりとサポート面が不足してます。初めての転職で不安な人は特に、エージェントタイプのサービスを使うことで、転職の成功率も高くなります。

リクナビネクストと合わせて登録することで、それぞれのデメリットを補えるので、併用もオススメします。

リクルートエージェントの公式ページはこちら

雰囲気の良い職場で働くと変わること

「職場の雰囲気でそんなに変わるもの?」と思う人もいるかもですが、私自信が転職で職場環境を変えた経験があります。

職場の雰囲気が違う会社に転職したことで大きく変わった体験談として3つ紹介しておきます。

プライベートが充実

1つ目はプライベートが充実したことです。

残業が減ったり休日に連絡をチェックする必要がなくなったことはもちろん、仕事に行くのが辛い気持ちも無くなり、休日は仕事とは全く離れた生活が送れるようになりました。

プライベートが充実すると、仕事の時間も頑張れるようになり、集中力も続き生産性も高く働ける良い変化がありました。

自発的な行動が増えた

仕事上はもちろん、プライベートでも自分から起こす行動が明らかに増えました。

新しいサービスの提案をしてみたり、自分でサイトを作成してみたりと、これまで仕事に追われているだけだった毎日から、チャレンジ精神や成長したい気持ちが確実に増えたと感じています。

スキルアップしたい人・チャレンジしたい人は、私の実体験からも転職で環境を変えることを強くお勧めします。

ストレスが大幅に減った

そして何よりですが、ストレスが大幅に減りました。

仕事の最中にビクビクと不安を抱えながら働くことも無くなりましたし、雰囲気が悪くて質問もしにくいことがなくなり、自信を持って仕事を進められるようにもなりました。

また、ストレスが少ないので帰ってからの生活も充実させることができ、運動したり料理をしたりする時間や意欲も増えて、健康的になれたのもメリットの1つと感じています。

転職以外で職場の雰囲気を良くするには

職場の雰囲気を変える方法

雰囲気が悪い職場の問題を解決するには、転職が一番手っ取り早く楽な方法です。

ですが、それでも今の職場で頑張りたい人もいるでしょう。

転職せずに今の職場環境を良くするにはどんな方法があるのかを紹介していきます。

パワハラ・怒る上司がいる職場は権力者に相談

職場の雰囲気を悪くしている原因がパワハラや怒りやすい上司にあるなら、さらに上の権力者に相談しましょう。

パワハラであればそもそも法律で罰則の対象になりますし、怒鳴り声が響く職場を良いと思っている経営者はいないはずです。(居たら逃げるべきです)

上司のさらに上司に直接相談をして、みんな困っていることを伝えたりパワハラの処罰を求めるなどして、雰囲気を悪くする原因を無くせるような行動をしましょう。

異動を申し出る

自分が居る部署だけ雰囲気が悪いなら、異動で解決できることがあります。

「雰囲気が悪いから」だけだと通らないかもですが、ストレスを抱えて辛いことや辞めようか悩んでいることを伝えれば、異動を認めてもらい易くなります。

異動先でも同じ雰囲気なら転職以外ないですが、会社への恩があり仲の良い人が居たりする会社なら、大きく環境を変えずにできる解決策です。

職場で仲の良いグループを作る

雰囲気が悪い職場でも、仲の良い人が何人かいるなら、グループを作ってしまうのもアリです。

2人や3人だと少ないですが、徐々に増やしていき職場の多くを巻き込んでコミュニケーションが取れるようになれば、職場の雰囲気を自分達で作り上げることができます。

グループを作っていき、数で雰囲気を操ることも対処法の1つです。

雰囲気が悪い職場についてまとめ

雰囲気が悪い職場まとめ

雰囲気が悪い職場について、原因や悪影響、対処法まで一通り紹介してきました。

職場の雰囲気は、会社の売上だけでなく個人のスキルやプライベート、そして健康にも関わってくるとても大切な要素です。

仕事を通じて成長したい人や楽しく働きたい人にとって、職場の雰囲気の悪さはデメリットしかない環境です。

人間の価値観や感情・行動は、周りの環境によって大きく左右されますが、私たちはどこで働くかを選ぶことができます。

将来の自分にとって、今のまま働くのと環境を変えるのとではどちらが良いか。考えるキッカケにして貰えたらと思います。

雰囲気の良い職場に転職するなら特徴
dodaエージェント20〜30代におすすめの大手エージェント
リクナビネクスト無料の性格分析もできる転職サイト
リクルートエージェント求人数国内 最大級の転職エージェント
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。