職場に友達がいないのはダメ?【こんな人は要注意!】理由と対処法

職場に友達がいない原因と理由

職場に友達がいないのはダメなこと?

会社での人間関係は、悩んだことはいないと言えるほど多くの人が抱える悩みです。

その中でも、心おきなく話せる友人が職場にいなくて毎日寂しい思いをしている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、職場に友達がいない原因やデメリット、解決法について心理学の知識も交えながら紹介していきます。

人見知りで友達ができないなら、未来の自分のために行動していきましょう。

転職で人間関係を変えるなら特徴
dodaエージェント業界最大級10万件以上の豊富な求人数が魅力!
リクルートエージェント人材業界最大手のリクルート
パソナキャリアパソナグループとして幅広いジャンルの求人に対応

職場に友達がいない理由7つ

職場に友達がいない理由

職場で友達ができない理由や原因には、いくつかパターンがあります。

なぜ友達ができないのか、多くの人に共通する理由・原因を7つ紹介していきます。

職場が合わない

一緒に働く人たちや会社の文化が合わないことは、友達がいない原因となります。

人は頻繁に会う人の方が仲良くなりやすいのは心理学でも良く言われる内容ですが、人間関係は相性によるところも大きいです。

自分と価値観が違う人ばかりの職場や、タイプが違う人種ばかりの会社だと、友達ができにくいのは当然です。

自分に理由があるのではなく、職場環境が原因の場合も多くあるのです。

仕事中は仮面を被っている

会社では普段の自分とは違うキャラで仕事をしていることも、友達ができない原因になっているかもしれません。

仮面を被って仕事をすると、自分の本音を話せないことやリラックスして良い場面でも気を張り続ける必要が出てきます。

すると、気軽な雑談も噛み合わなくなったり、一緒にいると緊張して話しかけにくいなどと人を寄せ付けないオーラを漂わせてしまいます。

仕事中は自分を偽ってでもいるべきと思うかもですが、日常の多くの時間を過ごす職場で本当の自分と違ったキャラを演じ続けるのは、ストレスも増えてデメリットが大きいです。

仕事モードで本音やリラックスする場がない人も、友達がいない理由として考えてみましょう。

仕事仲間をライバル視しすぎ

職場で同僚達をライバル視しすぎていても友達はできないでしょう。

営業会社などで多いですが、他人を出し抜いてでも高い成績を取ろうと仕事に必死になる人は、何かと反感も買いやすくなります。

常にライバル関係にあって同僚との協力関係も築けていない人は、愚痴や気軽な会話もしにくく友達も作りにくいです。

仕事をする上で負けたくない気持ちが強い方だと感じる人は、敵対視しすぎていないかも理由として考えてみましょう。

会社以外に友達が多い

プライベートで友達がいて、わざわざ職場で友達を作る必要がない人もいます。

友達がいない人というより、”友達を作る必要がない人”と言うべきですが、会社以外での人間関係が充実していることも、職場で友達がいない理由として考えられます。

人は何か必要がなければ行動しないので、会社で人間関係を作らなくてもプライベートで困らないので職場で友達がいないケースとも言えます。

仕事中に孤独感を感じるとかでなければ、今のままでも問題ない人たちでしょう。

自己中

仕事中に自己中心的な行動が多いことも友達がいない理由の1つです。

自分本位な行動は、本人ほど気が付きにくいものです。

自分は正しいと思ってもズレた主張をしていたり、会社の価値観と合わずに周りから変わり者扱いされてしまうことも珍しくありません。

会社の価値観と合わな過ぎるなら、環境を変えるまでですが、自分本位な行動を取りがちじゃないか気を付けてみるべきでしょう。

人助けが少ない

職場の人間関係で自分から人にしてあげる行動が少ないことも、友達がいない理由となります。

心理学で返報性の法則と呼ばれるものがあります。

何かをしてもらうとお返しをしようとする心理で、営業やマーケティング・恋愛など人と関わることであれば必ずと言えるほど関係してくる法則です。

もし、周りに何かをしてもらうばかりで自分はお返しができていないようなら、小さな協力から始めてみるべきでしょう。

人に頼らなすぎ

自分で何でもやりたがり、他人に相談もお願いもしないことも、友達がいない原因となり得ます。

人は好きなものには労力や手間を掛けます。

しかし、労力や手間をかけるものほど好きになりやすい心理も持っているのです。

最近ではイケア効果とも呼ばれるものですが、手間暇をかけるものほど価値が高いと感じたり好きになりやすかったりする心理です。

職場の人間関係でも同じことが言えて、何かをしてあげた相手ほど、好きになったり気に入ってくれやすくなります。

自分で何でもやりたいタイプは、手間暇をかけてもらう機会が減ります。

その方が頑張っている気もしますが、心理学としては適度にお願いする方が気に入ってもらいやすく友達もできやすいのです。

職場に友達がいないのは悪い?【デメリットとは】

職場に友達がいないのは悪いことか

職場に友達がいない理由や原因を紹介してきましたが、そもそも友達がいないのは悪いことなのでしょうか?

結論として、友達がいなくても心が安定していれば問題ありません。

ですが、以下のような気持ちを持っている人は要注意です。

孤独感を感じる人は要注意!

職場に友達がいないことから孤独を感じている人は注意が必要です。

職場でもプライベートでも、孤独感は健康的なデメリットが非常に大きくなります。

孤独は心にも身体にも悪い

孤独によって精神や身体にどんな悪影響があるかを調べた研究はいくつかありますが、以下のデメリットがわかっています。

    孤独感のデメリット
  • 寿命が短い
  • 肥満になりやすい
  • 慢性的な疲労感
  • 不安やストレスが増える

一説にはタバコよりも害があるとも言われるほど、孤独感には多くのデメリットがあります。

職場に友達がいなくても孤独を感じない人は問題ないですが、いつも寂しい思いをする人は要注意です。

仕事の生産性が落ちる

友達がいないと、仕事の成果にも悪影響が出ます。

友達がいなくて愚痴を吐き出す場がない人や、信頼関係を築けていない場合ですが、人間関係は仕事の生産性にも大きく影響するのです。

Googleが提唱する”生産性を上げる唯一の方法”とする心理的安全性と呼ばれるものがあります。

不安や恐怖感が少なく、信頼できる職場の人間関係こそ仕事の成果を高めるといった研究結果ですが、友達がいなくて不安になったり信頼できる人がいない状態は生産性を下げます。

働きやすい人間関係は、ストレスが少ないだけでなく仕事をする上でもたくさんのメリットがあるのです。

職場で友達がいない人の対処法

職場に友達がいない人の対処法

友達がいなくて職場で不安や孤独感を感じる人は、何かしら対処が必要です。

職場で良い人間関係を築くための方法をまとめました。

転職

まずは転職です。

転職をおすすめする理由は2つあります。

    友達がいないなら転職が良い理由
  • 人の印象は変えにくい
  • 自分に合う人がいる環境の方が楽だし手っ取り早い

それぞれの理由について紹介していきます。

友達を作るなら転職をおすすめする理由

「イメチェンすれば印象も変わるでしょ?」と思う人もいるかもですが、印象を変えるのはものすごく大変なことです。

例えば第一印象は半年間も残ってしまうと言われており、一度「こういう人だ」と周りにイメージが付いてしまってから印象を変えるのはとても難しくなります。

また、今の職場で友達がいないのは価値観や性格が合う人がいない可能性も高いです。

性格が合わない人たちと無理に仲良くして友達になってもストレスが増すだけなので、自分に合う職場を探す方が得策と言えます。

環境が変わると仕事の生産性も上がる

転職で環境が変わることは、仕事の生産性を高めます。

記事中で紹介をした、Googleが提唱する心理的安全性が高まることが主な理由ですが、仕事のモチベーションはもちろん、精神的なストレスも減り自分本来の力を発揮しやすくなるのです。

転職を機に職場の人間関係を1からスタートさせることは、気持ちの面だけじゃなく仕事の結果にも良い影響を与えてくれるでしょう。

人間関係で転職するなら、エージェント利用がおすすめ

リクルートエージェント

人間関係で悩んで転職するときは、自分で求人を調べるのでなく転職エージェントが断然おすすめになります。

おすすめする一番の理由は、社風や働く人たちのタイプを聞けるので、自分と合わない会社に入社するリスクが減るからです。

自分で直接会社を探すのと違い、会社と繋がりがあるエージェントが自分の雰囲気や希望に合わせて会社を厳選してくれます。また、非公開求人も多いので個人で探すよりも多くの会社に出会えるメリットもあります。

求人数が多い大手の転職エージェントをまとめているので、実際の求人を見てみたい人や、無料相談で話を聞いてみたい人は利用してみましょう。

転職で人間関係を変えるなら特徴
dodaエージェント業界最大級10万件以上の豊富な求人数が魅力!
リクルートエージェント人材業界最大手のリクルート
パソナキャリアパソナグループとして幅広いジャンルの求人に対応

自己開示

今の職場で良い人間関係を築くなら、自己開示もおすすめです。

自己開示とはプライベートの話や自分の好き嫌いなど、人間性がわかる会話をすることで、3つのステップで人間関係を深めます。

    自己開示3つのステップ
  1. 自己開示をする
  2. 返報性の法則で相手も自己開示する
  3. 自己開示をした人ほど信用しやすくなる

自分のプライベートや好き嫌いを話すと、心理学でいう返報性の法則によって相手も自分のことを話してくれやすくなります。

人は自分のことを話した相手ほど、好感をもち信頼しやすくなるので、仲を深めやすくなるのです。

主張してばかりでなく、相手の話を聞くことも大切にしながら自己開示をすると職場でも良い人間関係を作れるでしょう。

人を助ける

人は助けてもらうとお返ししなきゃと思いますし、良い印象を持ってくれやすいです。

仕事で助けることは、能力やスキルがなくてもできます。

些細なこと、例えば荷物を抱えてドアを開けにくそうな時に手伝ってあげたりと、能力やスキルに関係がないことで十分です。

人助けをしていくうちに、「ありがとう」から一言二言会話をするようになったり、さらには自分が困っている時に相手が助けてくれるようになると理想的でしょう。

人に頼み事をしてみる

人は、自分が労力や手間をかけたことほど価値を感じたり好意を持ちやすくなります。

自分が助けるのでなく、簡単な頼み事をすることも職場で友達を作るのにおすすめの方法になります。

頼みごとをする時のコツは2つです。

    頼みごとをするコツ
  • 簡単なこと
  • 相手が得意・好きなこと

嫌な頼みごとや大変な頼みごとだと逆に嫌われてしまう可能性があります。

小さなお願いや、相手が得意・好きなことをお願いすると、承認欲求も満たして良い印象を持たれやすくなります。

自分がしてあげるだけじゃなく、何か頼んでみることも職場の人間関係では大切になるのです。

職場に友達がいないメリットは?

職場に友達がいないメリット

職場で友達がいないのはデメリットばかりではありません。

もちろん、上記で紹介したような孤独感を感じる状態はよくないですが、孤独を感じなければメリットもあるのです。

友達がいないことで仕事上プラスになることを紹介します。

自分のペース・時間で仕事ができる

職場で友達のように仲の良い人が多いと、何かと相談されることが増えて仕事を中断することも増えます。

仕事以外にも雑談が増えてやるべき仕事が進まないこともあるでしょう。

友達がいなくて雑談も少なければ、自分のペース・時間で仕事でき、集中が途切れることも減ります。

職場に友達がいないことは、仕事をスムーズに進められる可能性もあるのです。

派閥闘争に入らなくて済む

職場の人間関係では、仲良し同士の派閥ができることも良くあります。

全体的に仲が良い会社なら良いですが、人が固まると必ず愚痴や嫉妬も生まれてくるものです。

その結果、派閥ごとで無駄な結束やトラブルを生み、余計なストレスを抱える原因を作ってしまいます。

友達がいなくてグループや派閥に所属しなければ、余計な集まりやトラブルに巻き込まれることもなくなるメリットがあります。

職場で友達がいなくても解決策はある!

友達がいなくても解決策はある

職場で友達がいない原因やデメリット、解決するための方法を紹介してきました。

友達がいないこと自体は悪いことではないですが、孤独感を感じたり仕事でストレスを抱えてしまう状態になっている人は、転職や社内でコミュニケーションを取っていかないと仕事も人生も損をしやすくなります。

退職をする理由で一番多いのは人間関係です。

何の仕事をするかも大切ですが、誰と働くかもとても大切です。

自分の未来のために職場の人付き合いを考え直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。