仕事は頑張らない方がいい?【5つの方法】ダメな頑張りは逆効果!

仕事は頑張らない方がいい?

仕事は頑張らない方が良い?

仕事を頑張るのは大切なこと。

ですが、間違った頑張り方をしていると、ストレスを溜めて仕事の成果も出なくなります。

仕事には間違った頑張り方や、正しい頑張らない方法があるからです。

本記事では、仕事を頑張りすぎてしまう人が上手に頑張らないためにはどうすれば良いのか、その方法について紹介をしていきます。

頑張らない方が仕事の成果も出て、ストレスも少なく働ける可能性があるのです。

仕事は頑張らない方が上手くいく?

仕事は頑張らない方が上手くいく
仕事を頑張らないことは、サボる方法ではなく”効率よく結果を出すための方法”です。

「仕事は頑張らない方が良い」と聞くと不快に思うかもですが、あなたは普段どんな頑張り方をしていますか?

どんなに頑張って仕事をしていても、やり方や方向性が違えば結果は出ません。

仕事を頑張らないのとサボるは違う

仕事を頑張らないのは、サボることとは違います。

仕事の成果に結びつかない無駄な頑張りを無くして仕事をすることです。

やみくもに仕事を頑張る人の方が大変そうで頑張っている感は出やすいですが、仕事の成果を出せるかどうかは別問題です。

サボる方法ではなく、ダメな頑張り方と正しく頑張らない方法を理解することが大切なのです。

頑張った分だけ見返りが来る訳じゃない

仕事への頑張りは、残念ですが見返りと比例しません。

年収400万円の人に比べて、年収1億円の人は、勉強や行動などは確かに多いですが、頑張りまで比例している訳ではないですよね?

仕事を頑張る時にも、ダメな頑張り方があることを理解しないと、無駄に疲れるだけの毎日を送ることとなるのです。

ダメな頑張り方がある

仕事を正しく頑張らないために必要なのは、”ダメな頑張り方”を理解することが大切です。

あなたが普段仕事で頑張っていることは、本当に意味のある行動でしょうか?

次の章では間違った頑張り方の例を紹介していきます。

仕事の間違った頑張り方5つ

仕事の間違った頑張り方

仕事を頑張らない方法を知るには、間違った頑張り方を知ることから始めましょう。

間違った頑張り方をしていては、成果は出ないどころか、むしろ逆効果になる行動も多くあります。

全部で5つの間違った頑張り方について紹介していきます。

昼休みの仕事

昼休みの時間も頑張って仕事をするのは間違いです。
  • 昼休みに作業すると早く帰れる
  • 少しでも会社に貢献しよう

もし、このような気持ちで昼休みも仕事に励んでいる人は、むしろ仕事の生産性を下げていることを理解しましょう。

昼休みの仕事は午後の生産性を大きく下げる

昼休みの仕事がダメなのは、午後の生産性を大きく下げるからです。

例を紹介すると、昼寝の研究結果が参考になります。

昼休みに昼寝を取ることで、午後の生産性(認知能力・注意力)は30〜50%近くも高まることが、NASAの研究からも明らかになっています。

昼休みに仕事から離れることは、午後の集中力をリセットしてくれますが、昼休みも頑張って働くと午後の生産性は低いままになるのです。

昼休みにはしっかりと休息をとり、頑張らない方が結果として得をすると知りましょう。

昼休みの昼寝で生産性が上がる

え?まだ昼休みに昼寝してないの?【生産性1.5倍】戦略的な仮眠術

2019.10.13

休憩を取らずに頑張る

昼休みだけじゃなく、1日を通して休息を全く取らずに仕事をするのもダメな頑張り方です。

休憩を取ると頑張っていないと見られがちですが、適度な休憩を取ることは1日を通して集中し続けるためには大切です。

実際に、集中力を長く続けるテクニックでも適度な休憩は重要だとされています。

休憩を一定の時間で挟む方が、本気で仕事を頑張ることとも言えるでしょう。

土日に仕事

土日など休みの日に仕事をすることも、間違った頑張りです。

海外で行われた会社の実験では、休日に仕事を禁止にしただけで、翌週の生産性や幸福度が上がったとされる研究結果も出ています。

この研究から言えるのは、仕事を考えない時間を作ることが、逆に仕事のためになることです。

土日には仕事を頑張らないようにするべきでしょう。

完璧を目指す

仕事に一生懸命なのは良いですが、完璧主義で100点を目指しがちなのも間違った頑張り方です。

アートな仕事は別ですが、多くの仕事で求められる成果は、1つで100点を目指すよりも3つを80点(合格点)でこなすことです。

1つを完璧までこなす人は、100の生産物しか出せませんが、80点の合格点で3つできる人は、240の生産が出来ています。

合格点で良いのに、自分が気が済まないからと100点を目指す頑張りは、残念ですがほとんど見返りのない頑張りです。

仕事だけを頑張る

仕事を間違って頑張る人は、仕事だけを頑張ります。

ですが、それは視野を大きく狭めていることに他なりません。

日本では1つを突き詰めることこそ美学とする文化がありますが、適度に頑張らずに視野を広げた方が、結果として良い仕事ができることはたくさんあるのです。

仕事だけを頑張って視野が狭くなる人は、ダメな頑張り方をしていると自覚しましょう。

正しく仕事を頑張らない5つの方法

正しく仕事を頑張らない方法

仕事の間違った頑張り方について紹介してきました。

では、具体的にはどのように頑張らないべきなのか?

5つの項目で紹介していきます。

休憩は必ずとる

仕事はぶっ通しで頑張らないで、休憩を必ず挟みましょう。

昼休みはもちろん、その他の時間にも1時間おきくらいには必ず仕事を離れる時間を作るなどして、“強制的に”頑張らない時間を作ることが大切です。

集中力を維持し続ける方法も取り入れるなら、ポモドーロテクニックと呼ばれる25分の集中と5分休憩を交互に繰り返すのもおすすめの方法となります。

意識をして頑張らない時間を作ることが、最終的に良い結果を残すことにも繋がるのです。

生産性を上げるポモドーロ・テクニックとは

ポモドーロ・テクニックのやり方!集中力が最大化【勉強にも最適】

2019.04.19

業務外は通知を切る

仕事が終わりの時間や休日には、仕事関係の通知は切りましょう。

業務外の時間では、徹底して仕事を頑張らないことが大切ですし、それが本来あるべき姿です。

夜や休日に仕事をする人ほど頑張っていると思われがちですが、自分で生産性を成果を低くして頑張れなくしている人と言うのが正しいです。

仕事を頑張るのは業務時間中だけにする方が、無駄な頑張りが減って成果も上がるようになってきます。

完璧じゃなく完了を目指す

仕事は求められる合格点まで出来たら、あとは頑張らないようにしましょう。

合格点までできているのに、100点の完璧を目指すためにかける頑張り・労力は無駄な時間です。

それより、次の作業に取り掛かって、同じ時間でたくさんの仕事を完了させていく方が、生産性が高く会社での評価も高くなります。

物によっては100点が求められる場面はもちろんありますが、見切りをつけて頑張らない方が、社内での評価や良い結果を残すためには必要なことです。

趣味を作る

帰宅してからの時間や休日にやることがなくて仕事をしてしまう人は、趣味を作りましょう。

仕事をつい頑張ってしまう時間を趣味に充てることができると、仕事から頭が離れることになり、リフレッシュにも繋がります。

また、趣味を頑張っていることが結果として仕事とリンクしてくることも珍しくなく、仕事だけに視野を狭めるのではなくて、趣味など仕事以外に目を向けることが結果的に良い影響を与えてくれます。

業務時間以外は、仕事を頑張らないで趣味を頑張るのも方法の1つです。

苦手な仕事は断る

苦手な仕事は頑張らないで断るようにしましょう。

仕事を頑張っている人の中には、自分がやるべきじゃないことも抱えたり必要以上に時間をかけてしまうことも多いです。

長い学校生活の中だと、苦手なことも頑張る文化が染み付いてしまっていますが、今の社会は得意分野を伸ばして評価される時代です。

苦手なことを頑張っているのは、断るための努力が出来ていないと言い換えることもできます。

業務の中で苦手なことは頑張らずに人にお願いしたり、断ったりすることで、本来集中すべき業務に時間を割けるようになり、高い成果も残しやすくなります。

仕事が多すぎならホワイト企業への転職も

仕事が多いなら転職

仕事を頑張らない方法を紹介してきましたが、そもそも業務量が多すぎてどうしようもない人もいるでしょう。

今の会社が残業や休日出勤ばかりだと、常に全力を出せないまま働いていることになります。

業務量が多く残業や休日出勤がある会社からは、適切な業務量のホワイト企業への転職をおすすめします。

ホワイト企業って簡単に見つかるの?

転職に踏み切れない人は、いい会社が見つかるか分からないからではないでしょうか?

転職先は全てが未知の状態で、不安に思うのも当然だと思います。

ですが、ホワイト企業に就職するための転職活動をすれば、かなりの確率で転職が可能です。

働き方改革や評判サイトの影響

確かに数年前は、嘘の求人やある程度の残業も当たり前だったりしましたが、ここ1〜2年で状況は大きく変わりました。

国を挙げて行った働き方改革によって社会的に違法残業が見えにくくなったことや、SNSの普及や転職評判サイトが一般的になったことで、残業が多いと人が採用できないと改善する企業が増えてきたためです。

世の中に、嘘の求人や残業を規制する会社が増えたことで、ホワイト企業は明らかに見つけやすい状況が続いています。

残業の少なさを転職条件に入れられる

世の中的に、残業がしっかり見える化したことで、転職活動で残業の少なさを条件にしやすい状況にもなってきました。

転職エージェントからの求人なら会社の実情を踏まえて紹介してもらえるので、よほど悪徳な会社じゃなければ、実際と全然違う条件で入社することもなくなります。

「残業の少なさを条件にするなんて頑張っていない人と思われる」みたいな風潮はほとんどないので、正しく頑張れる会社を見つけやすくなっています。

転職エージェント3社

転職をして仕事を正しく頑張らないためにおすすめのサービスを、3社紹介します。

エージェントタイプなら、残業や休日出勤の有無などを本音ベースで共有してもらえるので、ホワイト企業が見つかる可能性も高まります。

事前の面談では必ず希望条件を伝えるようにして、正しく頑張らない働き方を実現しましょう。

dodaエージェント

dodaエージェント

多数の非公開求人を含めて10万件以上の求人数を誇るのがdodaエージェントです。

20〜30代向けの求人が多く、事前の面談で希望を伝えると残業の少ない会社を厳選して紹介してもらえます。

実際、私もdodaを使って28歳で転職できているので、おすすめ度も一番となります。

dodaエージェントの公式ページはこちら
dodaエージェントの評判と体験談

dodaエージェントの評判まとめ【転職の体験談】

2019.05.30

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、年齢を問わず国内最大規模の求人が魅力です。

書類の添削や面談の準備も担当のエージェントがサポートしてくれます。

営業やIT、事務系など、一般的な職種なら一通り掲載しているので、求人数の多さで選ぶならリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントの公式ページはこちら
リクルートエージェントの面談に行ってみた体験談

リクルートエージェントの面談に行ってみた!体験談&特徴とは?

2019.06.02

リクナビネクスト

リクナビネクスト

3つ目はリクナビネクストで、こちらはエージェントではなく自分でやり取りするタイプの転職サイトです。

リクナビネクストをおすすめする理由は、転職をまだ悩み中の人も使いやすいからです。

掲載型の転職サイトとしては最大数の求人なので、エージェントを利用するまでは踏み切れない人が、実際の求人を見るには一番向いているサイトとなります。

数分の登録ですぐに見られるようになるので、会社で残業が多くて悩んでいる人は、登録をしてどんな求人があるかを実際に見てみましょう。

リクナビネクストの公式ページはこちら
リクルートエージェントの面談に行ってみた体験談

リクルートエージェントの面談に行ってみた!体験談&特徴とは?

2019.06.02

仕事は正しく頑張らないことが大切!

仕事は正しく頑張らない方がいい

仕事を頑張らないメリットや方法について、一通り紹介をしてきました。

仕事を一生懸命取り組むのは当然のことですが、頑張りが逆効果になることはたくさんあります。

大切なのは”正しく頑張らない”で、ストレスを溜めずに生産性を高く保ち続けることです。

間違った頑張りで、自分の時間も持てずに辛い思いをしているのなら、頑張らない方法を実践してみましょう。

頑張らないのはサボることとは違い、仕事で高い成果を出すための行動に繋がることもあります。

仕事ばかり悩んでいるのなら、どれか1つでも行動に移してみましょう。

適度に頑張らないための転職サービス特徴
dodaエージェント非公開求人多数!
リクルートエージェント書類添削や面談サポートも充実
リクナビネクスト数分の登録で求人がすぐ見られる
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。