「ワンマン社長についていけない」のは正常な心理【働き続ける末路】

ワンマン社長についていけない

「ワンマン社長にはもうついていけない」と悩むあなたへ!

事業も評価も全て自分で決めたがるワンマン社長と働くと、意見も通らずに評価もされずストレスが溜まるのは当然です。

ワンマン社長の言動は仕事のモチベーションを下げる行動ばかりで、このまま働き続けると仕事だけじゃなく価値観や人生にも悪影響が及びます。

本記事では、ワンマン社長にありがちなことや、働き続ける悪影響。また、転職すべきかどうかについてまとめました。

ワンマン社長についていけないと今まさに悩んでいる人は、自分を客観的に見れて行動できるようになるでしょう。

ワンマン社長についていけないのは当然!

ワンマン社長についていけないのは当然

ワンマン社長にはついていけないと感じている真っ最中かと思いますが、ハッキリ言って当然です。

ワンマン社長の元だと、よほど自分を無にして働くか、社長を絶対的に尊敬しない限り、続けていくのは不可能です。

ついていけないと感じる理由を5つ紹介していきます。

1.社長の周りはイエスマンばかり

ワンマン社長の周りにはイエスマンばかりなことも、ついていけないと感じる原因ではないでしょうか?

ワンマン社長の周りがイエスマンばかりになるのは、自分に揺るぎない自信(過信)がある社長にとって、否定的な意見は間違いだと捉えて聞く耳を持たなくなるからです。

ワンマン社長になるのは、基本的にオーナー社長で会社の決定権を全て持っています。

今まで会社を経営してこれたのも、自分の正しい行動があるからと考えているので、周りに居て欲しいのは自尊心を高め、言うことを聞くイエスマンばかりとなります。

もちろん、能力に関係なく社長の言うことを聞くかどうかが大切なので、無能な上司や役員も多くなってしまうでしょう。

2.評価基準が曖昧・好き嫌い

評価が社長の好き嫌いなど公平じゃないことも、ついていけないと感じて当然の理由です。

モチベーションを持って働ける評価基準は、平等で明確な基準があることが大切です。

どのくらい頑張れば、役職や給料が上がるかがハッキリしていると、目指すゴールが見えやすく、心理的にも前を向いて仕事に取り組みやすくなります。

しかし、イエスマンなど社長のお気に入りばかり評価される状況だと、どう仕事を頑張れば良いかの基準が分かりませんよね?

曖昧な評価基準でお気に入りばかり出世させるワンマン社長の元では、やる気を無くしても当然でしょう。

3.パワハラが多い

ワンマン社長の会社は、パワハラも多いです。

ワンマン社長の会社では全てトップダウンで物事が決まります。

トップダウンが根強い社風で、社長やお気に入りの責任者に権力が集中すると、怒鳴ったり残業が当たり前になったりとパワハラが起こりやすくなります。

場合によっては、「もっと働いて貢献しろ!」と言う社長のもと、サービス残業や休日出勤が当たり前になっている会社もあります。

パワハラが当たり前でストレスを抱えやすく、ついていけないと感じるのも当然の職場です。

4.社長の気分に振り回される

ワンマン社長についていけないと感じるきっかけにも多いのが、意見がコロコロ変わり振り回されることです。

ワンマン社長は、周りの意見を聞かず独断で物事を決めます。

事業の方向性についても社長の独断で急に決定されるので、現場としては振り回される一方で、急な残業が発生したり、予定が全て無くなったりとため息をつきたくなる場面も増えてくるでしょう。

現場として意見をあげても、ワンマン社長は「いいからやれ!」と押し切る場面も多く、疲れ切ってついていけないと感じてしまうのも当然のことなのです。

5.仕事に自由度がない

ワンマン社長の元では仕事への自由度=裁量権がなくなることも、ついていけない理由の1つです。

仕事のモチベーションを保つには、自分で判断したり決められることがある程度あることが大切と言われています。

自由度には、仕事の進め方はもちろん、残業も管理できて時間の時間を持ちやすいことも含まれます。

しかし、ワンマン社長の会社だと、社長の意見や気分次第で急に仕事が変わったり、自分が決められる範囲は大きく限られます。残業や休日出勤が多いならさらにダメで、プライベートさえ自由度がない職場になります。

仕事の進め方が社長次第で決まってしまうことやプライベートも不自由になると、ついていけずに逃げ出したくなるのも当然の心理なのです。

ワンマン社長についていく先の末路

ワンマン社長についていく末路

ワンマン社長の元で働き続けると、どんな未来が待っているのか?

仕事だけじゃなくプライベートにも与える悪影響について3つ紹介します。

1.自分の考えを持てなくなる

ワンマン社長についていくと、自分の考えを持てない人間になります。

ワンマン社長の元でストレスなく過ごすには、言われたことを否定せずにイエスマンになりきることです。

イエスマンで居ることは社長の考えに全て従うことなので、次第に自分の意思を持てなくなり、降りてきた業務をこなすだけのロボットになってしまうでしょう。

人生も考えられない人間になる

ワンマン社長と働き続けると、仕事だけじゃなく人生も人任せになります。

社会人が一番多くの時間を過ごすのは職場です。職場で受け身で居続けると、自分の人生や将来さえ考えられない頭に変わります。

今のついていけないと感じているうちは自分の意思がある証なので、仕事も人生も受動型の人間にならないうちに、早く環境を変えることをおすすめします。

2.評価・給料も得られない

ワンマン社長についていっても、適切な評価や給料は貰えません。

たとえ、イエスマンとしていいポジションに就けたとしても、能力や仕事に見合った評価は受けられないのです。

ワンマン社長にある雇ってあげてる意識

イエスマンとなって出世しても見合った評価が貰えないのは、ワンマン社長にある雇ってあげている意識が理由です。

ワンマン社長は自分の力に自信があるので、部下や従業員は自分の仕事やアイデアをサポートしてくれる立場としか考えていません。

たとえ事業が上手くいっても、あくまで自分の経営判断が正しかったと自画自賛するだけで、”サポート役”の部下に対する報酬は、十分なものとは言えないでしょう。

能力や成果に見合った評価や給料を貰いたいなら、健全な会社で働くべきですね。

3.ワンマン社長のために働く人間に

ワンマン社長の元で働き続けると、ある種の洗脳状態になり”社長のために働く人間”ができあがります。

ある種の洗脳状態となるのは、主に2つの理由からです。

  • 会社と言う閉じた環境
  • 行動が価値観を作る

会社という閉じた環境は洗脳に最適

会社は社会全体で見るとほんの小さな閉じた環境です。

外部の人がほぼいない職場で毎日同じ人たちと顔を合わせます。

宗教だと宗教施設に隔離するなど関わる人を限定して洗脳しますが、会社でも似たようなことが起こります。

会社に長く勤める人は、社長の愚痴を言う人が少なくないでしょうか?

今は「ついていけないよ」と悩める状態かもしれませんが、長く続くとワンマン社長の考えを受け入れてしまうようになり、おかしい環境だと感じられなくなってくるのです。

行動が価値観を作る

ワンマン社長に身を捧げる人間になる洗脳は、行動が価値観を作ってしまうことも理由の1つです。

普通、人には考えがあって行動していると思われがちですが、行動から感情や価値観が生まれることもたくさんあります。

心理学だと認知的不協和の解消(本音と違う行動をしていても、行動したことに見合った価値観に徐々に変わってしまう心理)と言われますが、ワンマン社長の元で働き続けると、自分も同じ価値観に染まっていきます。

ワンマン社長の考え方に賛成できないようなら、価値観が変わってしまう前に環境を変えるようにしましょう。

ワンマン社長についていけない人は転職すべき!

ワンマン社長の会社は転職すべき

ワンマン社長についていく末路を紹介しましたが、なりたいと思えないですよね?

  • 「人生も左右されたくない」
  • 「洗脳されたくない」
  • 「見合った評価や給料が欲しい」

このように感じてもらえたと思いますが、ではどうやって解決すれば良いのか?

結論として転職が一番のおすすめです。

続いては転職をするメリットや、転職するのも不安な時の考え方を紹介していきます。

普通の会社なら驚くほど働きやすくなる

ワンマン上司に悩んでいる人は、転職で環境を変えるだけで驚くほど働きやすくなります。

しかも、今がワンマン社長のブラック企業なら、”普通の会社”に転職するだけで相当ストレスが減ります。

働きやすくなる理由を3つ紹介します。

納得のいく評価が受けられる

まともな会社なら、評価が適正で納得できるようになります。

ワンマン社長だと好みで出世させたり、イエスマンじゃないと酷い扱いを受けることも多いですが、普通の会社はいくつかの指標を元にした正しい評価を受けることができます。

評価されるとモチベーションが上がるのはもちろん、評価基準がわかると目標も立てやすく、自主的に学んだりとスキルアップにも繋がるメリットもあります。

「なんであいつが!」とストレスを溜めて働く毎日は、ワンマン社長から離れることで解決できるのです。

自分の意見を言える

転職をすると、仕事の進め方や方向性について意見を言うことができるようになります。

ワンマン社長と働き続けると、「社長の言うことは絶対!」と洗脳されてしまいますが、業務に対して意見を言うのは全員が持つ権利です。

事業やサービスがもっと良くなる提案や、作業効率の無駄を省く提案は、現場に近い人ほど説得力がある提案ができます。

転職で”まともな”職場で働くことができると、積極的に発言できるようになり、もし提案が通れば仕事へのモチベーションはかなり上がるはずです。

会社を良くするための当たり前の提案ができることも、転職で得られるメリットの1つです。

収入が増える

ワンマン社長に見切りをつけて転職をすると、最終的に収入が増えます。

ワンマン社長の元で働いていると、よほど優遇されているイエスマンじゃなければ、評価も適正じゃなくて給料も安いままです。

転職することで、能力や経験に見合う給料が貰えるようになり、収入は増える可能性が高いです。

また、ストレスが多く嫌々働く今の環境を辞めて、モチベーションが高くなると、仕事に意欲的で自ら進んで行うことも増えます。

すると、結果としてスキルアップや多くの経験を得ることになり、将来的な収入の上がり幅も大きくなるのです。

転職が不安

とはいえ、転職に踏み切るのは勇気が要りますよね。

ある程度慣れ親しんだ今の会社を離れることは不安も多いですが、辞めないリスクも考えておくことが大切です。

ワンマン社長が変わることは100%無い

「いつか社長も改心するだろう」と淡い期待を持っている人は、残念ですが考えを改めるべきです。

人の性格は生まれつき半分以上決まっていますし、今会社が経営できている以上、ワンマン社長が性格や価値観を変えることはあり得ません。

そもそも、自分を変えることも難しいのに、他人の性格や価値観を変えることはほぼ不可能に近いことです。

社長についていけないと本気で悩んでいるなら、自分を変えてイエスマンになり切るか辞めるかの2つしか解決策はないのです。

ワンマン社長と共倒れするリスクは考えているか

もし、ワンマン社長についていく気持ちがあるとしたら、共倒れになるリスクは考えているでしょうか?

今、社長についていけないと感じるのは、何かしら”おかしい”と疑問に感じることがあるからですよね?

評価、給料、事業の方向性など、”おかしい”と感じるポイントは色々ですが、そのように感じる人は他にもいるはずで、間違っている方向に進み続けることと一緒です。

もし、社長の決断が間違ってリストラや倒産になっても、社会人である以上、責任は自分自身にあります。

疑問を持ちつつ間違った方向に進むことは、人生を間違えてしまうリスクもあると理解しておきましょう。

転職先は大丈夫か不安

転職が怖い理由として、転職先も同じような環境かもと不安に感じることもあるでしょう。

とても簡単な計算ですが、今の会社で働き続けることと転職で上手くいかないリスクを考えると次のようになります。

    良い職場で働ける確率
  • 今の会社:0%
  • 転職先:50%

既にワンマン社長で疲弊している今の職場は、働き続けても悪い環境のままです。転職しても確かに100%成功するとは言えませんが、良いor悪いの2択で考えると50%の確率で良くなります。

くじを引く時、絶対外れるくじより、50%当たるくじを引くのは当然ですよね?転職するかしないかも、数字で表すと全く違う結果が見えてきます。

転職先が実際はどうなのかは、次に紹介するエージェントサービスを使えば内情を知った上で紹介してもらえることができるので、絶対外れる今の職場より転職を選ぶ方が良い決断となるでしょう。

転職サービスおすすめ3社

転職をするときに気になるのは、転職先は大丈夫か?ってことだと思います。

自分で直接応募する転職サイトだと、良いことしか言われなくて入社したら全然違うこともあり得ますが、エージェント経由だと本音ベースで内情を知ることが可能です。

ワンマン社長にはついていけない人におすすめの転職サービスを3社紹介します。

dodaエージェント

dodaエージェント

1つ目はdodaエージェントです。

エージェント経由だけの非公開求人を含めた10万件以上の豊富な求人数が強みで、特に20〜30代におすすめのサービスです。

初めての転職でも書類添削や面接練習などが無料で受けられるので、安心して転職活動を進めることができます。

事前の面談(電話面談も可)でワンマン社長に困っていることを伝えれば、会社の社風も踏まえて紹介してもらえるので、面談の際は本音ベースで伝えてみるようにしましょう。

dodaエージェントの公式ページはこちら
dodaエージェントの評判と体験談

dodaエージェントの評判まとめ【転職の体験談】

2019.05.30

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最大規模の求人数を誇るサービスです。

8〜9割が非公開求人なので、エージェントからしか紹介してもらえないお宝求人も抱えていたりします。

もちろん、事前の面談を元にした求人を厳選して紹介してくれるので、自分で企業に直接連絡する手間が省けたり、内情も分かって転職を進められるメリットもあります。

リクルートエージェントであれば、年齢や職種を問わず誰でもおすすめできるので、非公開求人を紹介してもらいたいなら、ぜひ登録しておきましょう。

リクルートエージェントの公式ページはこちら
リクルートエージェントの面談に行ってみた体験談

リクルートエージェントの面談に行ってみた!体験談&特徴とは?

2019.06.02

リクナビネクスト

リクナビネクスト

3つ目はリクナビネクストで、こちらは上記2つと違いエージェント型ではありません。

紹介した理由は、求人をとりあえず見てみたい人に一番おすすめできるからです。

まだ本格的に転職を始めなくても、実際の求人を見てみたかったりすると思います。

そんな時は、エージェント以外の転職サービスとして一番求人の多いリクナビネクストを利用しましょう。

数分の登録だけで、すぐに実際の求人をみることができます。

リクナビネクストの公式ページはこちら
リクナビネクストの評判

リクナビネクストの評判・口コミ徹底まとめ【特徴とおすすめの人】

2020.04.20

ワンマン社長には”ついていかない”選択を

ワンマン社長にはついていかない!

ワンマン社長についていけないと感じる悩みについて、理由や対処法を紹介してきました。

実は私自身、トップダウンの強い会社で働いていた経験があり、意見が通らずストレスを抱えていた時期があります。

転職もなかなか勇気が出ずに数年悩み続けましたが、転職してみると悩み続けた時間がもったいないと感じるほど、環境がガラッと変わり、ストレスも消え去りました。

人は未知のことが怖く、多少我慢しても慣れた環境を選ぶ心理がありますが、ワンマン社長に悩む人は、その心理が大きな足かせになっていることが多いです。

ストレスを抱えながらワンマン社長についていくのも、辞めて転職するのも自分次第!

意見が通らずに降ってきた仕事続ける日々を、この先続けていけるか自分に問いかけてみて、ダメそうならぜひ行動に移してみましょう。

ワンマン社長から抜け出す転職サイト特徴
dodaエージェント初めての転職でも手厚いサポート!
リクルートエージェント非公開求人多数でお宝求人も
リクナビネクストとりあえず求人を見たい人におすすめ
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。