仕事で怒られて萎縮するのは会社が悪い【断言】辞めたい時の解決策

仕事で怒られて萎縮している人へ

仕事で怒られて萎縮してしまう人へ。

ミスを怒られて萎縮している人は、仕事や人間関係でも悩んでいないでしょうか?

実は、仕事で萎縮する悪影響は仕事の成果やプライベートにまで及んでしまうのは当たり前で、仕事のモチベーションもなくなってしまいます。

本記事では、仕事で萎縮する悪影響と解決策を紹介していきます。

萎縮する原因や解決できる方法を見ていきましょう!

仕事で怒られて萎縮するのは誰が悪い?

仕事で怒られて萎縮する原因

普段の仕事で怒られ萎縮している状況は、そもそも誰が悪いのでしょうか?

結論は、萎縮をさせている会社や上司が悪いと断言します。

なぜ仕事で萎縮する原因が会社や上司にあるのか、理由を紹介します。

マネジメント不足の証拠

ミスを注意するのは当然のことですが、会社や上司がすべきは怒って萎縮させることじゃなくてマネジメントです。

マネジメントとは、個人が能力を最大限に発揮できる状況を作ってあげることです。

例え本人のミスが原因としても萎縮させている状況は、チーム全体の生産性を大きく下げている状態ですよね。

ミスに対する反省は必要ですが、萎縮している状況は会社や上司のマネジメント力が不足している証拠なのです。

仕事で萎縮すると多くのデメリットがある

あなたは「仕事で萎縮してしまい辛い」と悩んで、この記事に辿り着いたと思いますが、仕事で萎縮をさせているのは会社や上司のマネジメントに責任があります。

「自分のミスが原因で・・」と思うかもですが、怒ることと萎縮させてしまう状況は全く別物です。

萎縮している精神状態は、仕事で多くのデメリットを生み出します。
    萎縮による悪影響
  • ミスの悪循環が生まれやすい
  • 仕事へのモチベーションが下がる
  • 上司とのコミュニケーション不足を生む

次の章で詳しく紹介しますが、仕事で萎縮してしまう状態は、仕事で大切なたくさんのものを奪っているのです。

うまくいかず悩むのは頑張っている証拠

今まさに悩んでいる人へ、伝えておきたいことがあります。

怒られて萎縮しやすく、ストレスを抱えがちな人は、真面目で素直な人が多いということです。

素直で真面目だからこそ、怒られたことを間に受けてしまい、次はミスをしないように注意し過ぎることから萎縮してしまいます。

反対に言うと、仕事に真面目でミスをしないよう頑張っているからこそ出てくる悩みであるとも言えます。

仕事で萎縮することの悪影響や解決策は次の章で紹介しますが、悩んでいる自分を褒める気持ちを持っておきましょう。

仕事で怒られて萎縮する5つの悪影響

仕事で萎縮する悪影響

仕事で怒られて萎縮すると、どんな悪影響があるのか。

5つの項目で紹介していきます。

1.ストレスで脳や身体にダメージ

仕事で怒られて萎縮している状態は、ストレス過多の状態です。

このストレスが長く続くと、脳や身体にまで悪影響が出てきます。

仕事だけじゃなく、身体を滅ぼす可能性もあります。

不安や恐怖が続くと脳が縮む

不安や恐怖が続くと脳がダメージを受けて、最悪の場合には縮んでしまいます。

怒られる恐怖や不安は、脳の前頭葉を刺激するのですが、前頭葉は記憶に関わる部位です。

日頃から怒られていると若年生アルツハイマーの原因にもなるなど、脳の機能を低下させる可能性があります。

ストレスは体中に炎症を引き起こす

萎縮をする慢性的なストレスは、体中に炎症を引き起こす原因にもなります。

特に、怒られないかと萎縮している状態で分泌されるストレスホルモン:コルチゾールは、高血糖や心臓病、アレルギーなど体の至るところに悪影響を及ぼすことが分かっています。

仕事で怒られて萎縮して悩んでいる人は、仕事の悩みじゃなく健康や人生の悩みとして捉えないと大変なことになってしまいます。

2.萎縮すると生産性が下がる

仕事で萎縮していると、不安やストレスから集中力が下がり、結果として生産性も下げます。

これはGoogleが提唱する、職場での生産性を左右する唯一の項目と言われる”心理的安全性”が大きく関わるためです。

仕事の萎縮は心理的安全性を下げる

心理的安全性とは、職場環境でどれだけ落ち着いてストレスなく仕事ができるかと言った指標です。

心が安定して仕事ができれば生産性も高くなると言うこと。

職場の人間関係で怖いと感じたり、ミスばかり考えて創造的な思考が出来ないと、仕事の生産性を大きく下げると言われています。

怒られて萎縮をして働く環境では、心理的安全性は低い職場となり、仕事で高い成果も出すことは出来ないのです。

3.ミスを怖がりチャレンジできない

ミスを恐れる保守的な気持ちになることも、仕事で萎縮するデメリットと言えます。

アメリカのジョージタウン大学で行われた研究で分かった、仕事の幸福感を左右する指標として、”自分の意思で行動できる仕事かどうか”があります。

自分に裁量があり自分の意思で業務を行うことですが、ミスを恐れている状態だと、上司に怒られないかどうかが基準で仕事をすることになります。

ミスをしないことも大切ですが、怒られないように萎縮してしまっては、創造的なチャレンジをすることはかなり難しくなるでしょう。

また、仕事の成果はミスをしないことより何を生み出したかで評価され仕事がほとんどのはずです。ミスをしないよう萎縮してばかりだと、仕事上の評価も下がってしまいます。

4.新たなミスを生む悪循環

ミスを恐れる気持ちは、新たなミスを生み出す悪循環を生み出します。

萎縮するとミスが続くのは、恐怖や不安が集中力や思考力を奪い、正常な判断を行えなくなるからです。

”ミス”と言っても、仕事によって原因は様々だと思いますが、落ち着けばできることをミスする状態は、精神が落ち着いていなくて頭が働いていないことが原因です。

言い換えると、普通にしていればミスを減らすことが出来ますが、怒られないかと萎縮している状態だと、既に心は乱れていて思考力・集中力も下がっている状態なのです。

ミスをしないためにはミスを怖がらないことが大切ですが、萎縮状態だと既にミスが起きやすい状態となってしまっているのです。

5.自己肯定感を下げる

仕事に萎縮した状態が長引くと、自己肯定感を下げて仕事や人生の判断を間違えやすくなります。

自己肯定感とは、”自分に満足していて価値を見出せていること”です。

自己肯定感があると社内で積極的に意見が言えたり、仕事も自信を持って進められますが、萎縮していると何をするにも人任せで自分がやりたいことも明確に見えなくなります。

仕事で下がった自己肯定感はプライベートにも影響し、人生の目標も持てず新しいチャレンジや行動も起こせなるのです。

怒られて萎縮するのが当たり前になると、”自分は価値がない人間だ”と思い始めてしまい、仕事も人生も上手くいかなくなります。

仕事で萎縮して働き続けることは、人生を変えるほど悪影響が大きいことなのです。

仕事で萎縮して辞めたいなら転職すべき!

仕事で萎縮して辞めたいなら転職すべき

仕事で萎縮している人の中には、辞めて転職を考えている人もいると思います。

既に辞めたいと感じているなら、転職を強くおすすめします。

「辞めたい」気持ちは、今の環境が合わずに逃げたい気持ちの現れであり、我慢して続けると、上記で紹介してきた悪影響が必ず出てきます。

転職で解決されることは3つです。

    転職で解決できること
  • 原因が上司や会社にある場合は即解決できる
  • 自分に合う仕事ならミスも減る
  • 仕事に集中でき成果が上がる

順番に解説していきます。

原因が上司や会社なら即解決できる

冒頭でも述べましたが、仕事で萎縮する原因は上司や会社のマネジメント不足がほとんどです。

言い換えるなら、上司や会社が変われば萎縮せず仕事ができると言うこと。

転職に踏み切る理由で一番多いのは人間関係の問題です。ミスをしない心掛けも大切ですが自分が働きやすい環境で仕事をすることも大切で、実際に多くの人は転職に踏み切っています。

転職で良い職場に出会えれば、今のストレスは解決できます。

自分に合う仕事ならミスも減る

転職をする時には業界や職種を変えることも多いです。

少なくとも、「苦手な仕事に就こう」と思う人はいないですよね。

転職で今よりも自分に合う会社や仕事に出会えれば、自然とミスも減っていきます。

ミスを気にし過ぎて悩む人は、元が真面目で素直な人が多いです。

自分に合う仕事に転職できれば、ミスが少なくなるだけじゃなく、持ち前の真面目さで新しいスキルもすぐに身に付けることができるはずです。

仕事に集中できると成果も上がる

転職で働きやすい環境が見つかると、ミスやストレスが減るだけじゃなく仕事の成果も出るようになります。

今の萎縮している状況は、仕事に集中できず積極性もない状態で、本来の力を発揮できていません。

萎縮せずストレスが減ることは、仕事への集中力を高めて積極的な行動も取れるようになるので、高い成果・成績を残せるようになってきます。

“逃げの転職”ではなく、仕事で成果を出す”攻めの転職”として、前向きに捉えましょう。

おすすめの転職エージェント3社

仕事で萎縮している人の転職には、転職エージェントの利用がおすすめです。

理由は、社風や雰囲気も判断して紹介してもらえるからです。

エージェント経由じゃなく直接企業に応募できる転職サイトもありますが、直接のやり取りになると、企業側の話しか聞くことができず、会社の内情や社風までは分かりません。

ですが、エージェント経由で紹介してもらえると自分に合いそうな社風や雰囲気をエージェントが判断した上で紹介して貰えるメリットがあります。

おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

dodaエージェント

dodaエージェント

CMや広告で目にすることも多い大手転職サービスのdodaは、特に若い人(20〜30代まで)におすすめの転職エージェントです。

事前の面談で、今の悩みや希望条件を伝えておけば、希望に沿った求人を多くの非公開求人も含めて紹介して貰えます。

会社と直接じゃなく中立的なエージェントがいることで、本音ベースで転職活動も進めることができ、企業調査の手間も減るのでぜひ活用しましょう。

dodaエージェントの公式ページはこちら
dodaエージェントの評判と体験談

dodaエージェントの評判まとめ【転職の体験談】

2019.05.30

リクルートエージェント

リクルートエージェント

2つめはリクルートのエージェントサービスです。

求人の大手であり、求人数は業界最大級と言われていて職種や年代を問わず、転職したい人なら誰でも利用できるのが大きなメリットです。

エージェント経由でしか紹介されない非公開求人が8〜9割なので、登録・面談をして紹介してもらいましょう。

リクルートエージェントの公式ページはこちら
リクルートエージェントの面談に行ってみた体験談

リクルートエージェントの面談に行ってみた!体験談&特徴とは?

2019.06.02

リクナビネクスト

リクナビネクスト

3つ目はリクナビネクストです。

リクナビネクストはエージェントタイプじゃなく自分で応募する求人サイトですが、オススメする理由は2つあります。

1つ目は適職診断が無料で受けられることです。

ミスが多い原因は、自分の特性に合っていないことも多いですが、適性に合わせた転職をするなら、適職診断で性格特性を見てもらうのがオススメです。会員登録だけですぐできるので、適職診断だけでも利用する価値は高いです。

2つ目はとりあえず求人を見るのにおすすめだからです。

エージェント型だと、一度面談をしないと紹介して貰えないですが、リクナビネクストなら、登録するだけで実際の求人が見れます。

もちろん非公開求人がなく求人数は上記2つより少ないですが、まだ転職すべきか迷っているけど求人を見てみたい人は、利用する価値が高いです。

リクナビネクストの公式ページはこちら
リクナビネクストの評判

リクナビネクストの評判・口コミ徹底まとめ【特徴とおすすめの人】

2020.04.20

怒られても萎縮せずに仕事を続けるなら

萎縮せずに仕事をする方法

仕事で怒られて萎縮している原因は、上司のマネジメント能力不足や仕事の向き不向きによることがほとんどです。

多くの原因は転職で解決できてしまうので、今悩んでいるなら求人を見ることから始めて見るのをおすすめしますが、会社に残って頑張りたい人もいるでしょう。

では今の仕事を辞めずに克服するにはどうすれば良いのか?

3つの方法を紹介しておきます。

1.謝罪じゃなく感謝の気持ちを持つ

1つはミスを謝罪するのでなく、指摘してくれた人への感謝に変えることです。

仕事で怒られないかと萎縮しているのは、「ミスをして申し訳ない」と思うからですよね?

謝る気持ちも大切ですが、謝る癖がつくと気持ちも萎縮しやすくなり、ミスが続く悪循環も招きやすいです。

ミスをしたら、「申し訳ない」「私は仕事ができない」とマイナスの感情じゃなく、指摘をしてくれた人へ感謝するプラスの気持ちを持てると、自分を責めたり萎縮することもなくなります。

2.仕事以外の会話でコミュニケーションを取る

怒られないかと萎縮していると、何気ない会話もしにくくなりますよね?

実は、萎縮して普通のコミュニケーションが減ってしまうことも大きな問題で、ミスが続く悪循環にも陥りやすくなります。

働きやすく生産性が高まる職場に共通するのは、お互いへの信頼感です。

信頼感は仕事上のやり取りだけじゃなく、何気ない会話で作られる人としての信頼感も関わってきます。

怒られないかと萎縮している時こそ、タイミングを見て話しかけることで気持ちも楽になり、怖い気持ちも減っていきます。

できたこと・次の日の予定を書き出す

萎縮をして自己肯定感が下がると、色んなことに自信を失ってしまいます。

解決策として、当日の振り返りと翌日の予定を書き出すことが効果的です。

元はアメリカの大学で行われた、睡眠の質を高める方法なのですが、ミスへの恐怖が減って不必要なストレスを抱えなくすることにも使えます。

Participants in the to-do list condition fell asleep significantly faster than those in the completed-list condition. The more specifically participants wrote their to-do list, the faster they subsequently fell asleep, whereas the opposite trend was observed when participants wrote about completed activities.

引用:The effects of bedtime writing on difficulty falling asleep: A polysomnographic study comparing to-do lists and completed activity lists.より

方法は簡単で、帰宅の時間や寝る前の数分で、当日できたことと翌日の予定を書き出すだけです。

頭で思い返すのじゃなく、スマホのメモでも良いので見える形にするように注意しましょう。

人の脳は悪いことや不安なことほど注意が向きやすいですが、紙に書き出すことで1日を性格に振り返ることができます。

頭でグルグル考えて萎縮しないようにするには、1日の振り返りと翌日の準備として、目に見える形に残すようにしましょう。

仕事で萎縮してる人は早く解決を!

仕事で萎縮する人は早く解決しよう

仕事で怒られないかと萎縮している人向けに、萎縮する悪影響や解決策を紹介してきました。

ミスをしないように改善するのは大切ですが、萎縮させているのは本人の能力を下げてしまうことであり、マネジメントのやり方に問題があるとも言えます。

人は環境に大きく左右されます。

転職で関わる人や社風が変われば、あなたの持つ能力を最大限に発揮して仕事で評価を受けられる可能性はいくらでもあるのです

今悩んでいるのなら、転職サイトで外の世界を見てみるのも1つの方法です。

貴重な人生を豊かにするために、なにか1つでも行動に移してみましょう。

転職のおすすめ3社特徴
dodaエージェント20〜30代におすすめのエージェント
リクルートエージェント業界最大級で年齢を問わずおすすめ
リクナビネクスト適職診断で自分に合う職種を探せる
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。