営業に向いてない性格診断!【簡単1分】4つの質問に答えるだけ

営業に向いてない性格診断

営業に向いてない性格の特徴と診断方法を紹介します!

4つの質問で分かる、簡単な診断です!
もし、営業に向いていないと感じてもそれはあなたの個性です。

営業職以外にも仕事は沢山あるし、営業に向いていない人向けの克服方法もあります。

自分自身を理解するために、まずは診断から始めましょう。

営業に向いてないかを診断する!

早速ですが、営業に向いていないかどうかを診断しましょう!

営業の仕事は様々な要素から成り立ちますが、大きな要素は

  • 人と関わる事が好きか嫌いか
  • 関係の浅い人との交流にストレスを感じるかどうか

この2つです。

診断するための質問は4つ!
あまり考え込まずに回答してください。

前半2つ・後半2つに分かれているので、4つの答えを足していきましょう。

まずは2つの質問

まずは前半の質問2つです。

5段階で点数を付けていきましょう!

前半の質問2つQ1:初対面の人と話すのが好き
Q2:沢山人が居る飲み会やイベントが好きでストレスを感じない


  • 当てはまる:1点
  • やや当てはまる:2点
  • どちらでもない:3点
  • あまり当てはまらない:4点
  • 全く当てはまらない:5点

後半の質問2つ

では後半2つの質問です。

後半の質問2つQ3:物静かで口数が少ない方だ
Q4:一人で黙々と作業する方が好きだ


  • 当てはまる:5点
  • やや当てはまる:4点
  • どちらでもない:3点
  • あまり当てはまらない:2点
  • 全く当てはまらない:1点

※5段階で答えるのは一緒ですが、点数が逆になっているので注意してください。

質問はこの4つで終わりです。

4つの点数を合計しましょう!

診断結果!

では、点数の結果から営業に向いてないかを診断します!

    診断結果
  • 16〜20点:かなり内向的で営業に向いてない
  • 11〜15点:内向性が強く、営業にはあまり向いてない

いかがでしょうか?

16〜20点の人は内向的な性格がかなり強く、
沢山の人と関わる必要がある営業職は、ストレスを抱えやすい=向いていない仕事となります。

当てはまった人は、
初対面の人と当たり障りのない会話をするのをしんどく感じていませんか?

反対に、数字やデータを使ったり計画を細かく立てるような仕事の方が楽しくストレスも感じにくいのではないでしょうか?

11〜15点の人は、やや内向的な傾向あり、初対面の人と会う頻度が増えたり、飛び込み営業で何度も断られたりするうちに、苦手意識が強くなってしまうかもしれません。

診断の解説

今回の診断で利用した、営業に向いてないかを調べる4つの質問は、社交的か内向的かを調べる質問です。

ビッグファイブテストと呼ばれる、心理学で最も権威のある性格診断を元に作成されました。

営業に向いてないと感じる人は、初対面の人や沢山の人と関係を作ることが苦手だったりストレスを感じてしまう人がほとんど。

営業の仕事には数字を使う事や論理的な思考力などももちろん必要となりますが、向いてないと感じる1番の特徴は社交性・内向性なのです。

※ビッグファイブテストについて詳しく知りたいならこちらから↓↓

性格の半分は生まれつき決まってる?性格分析の基本:ビッグファイブについて解説

2018.11.16

営業に向いてない性格の人はどうすべきか?

診断で、16〜20点に当てはまった人。

もしくは11〜15点の人で営業が向いてないなと感じてきている人は、どうすべきなのでしょうか?

方法は2つです。

  • 自分に合う仕事に就く
  • 克服する

このどちらかの対策方法が必要となります。

1.自分に合う仕事に就く

自分が生まれ持った特性を活かすのなら、一番は営業職以外の仕事に就くこと。

理由は、社交的か内向的かは、遺伝子でほぼ決まっているから。

社交的or内向的かの性格的特徴は、生まれつき半分近く決まっており、残り半分は幼少期の生活環境で決まります。

そのため、社会人になってから根本的に克服するのは非常に困難です。

実際、
世の中には、初対面でもストレスを抱えずに話せる、営業向けの性格を持った人は沢山います。

多くの人と交流を持てて”天職だ”と感じ楽しく営業の仕事をする人と、同じ土俵で戦えるでしょうか?

“好きこそ物の上手なれ”って言葉もあるように、
何かを極めたりスキルを身に付ける上で、好きかどうか?得意と思えるかどうか?は非常に大切な要素です。

人と会うストレスを毎日抱えて、神経を消耗している毎日を過ごすくらいなら、自分にあった職を見つけてイキイキと働く方が、自分が生まれ持った特性を生かし楽しく働く事ができます。

【厳選】20代・第二新卒特化型の転職サイト一覧!新卒でも大丈夫!

2019.04.17

IT系におすすめの転職エージェント5選!コレだけ登録すれば大丈夫

2019.05.27

2.克服する

「営業は向いてないけど克服したい」

苦手を得意にすることは、マイナスからプラスに変えることなので簡単ではないですが、克服する方法もあります。

その方法は、会話のパターンを沢山作ること!

営業が向いてないと感じる理由は、何気ない会話や質問が浮かばなかったり答えに困ってしまうからですよね。

その対策として有効なのは、事前に質問や話すことを準備をしておくこと。
予め質問のパターンを用意しておいたり、解答例を作っておくのです。

    会話のパターンを用意しておく
  • アイスブレイク
  • 自己・自社紹介
  • 営業先会社への質問
  • 褒め言葉
  • 商材の紹介の文言

普段の営業の流れを思い出しながら、予めいくつかパターンを用意しておきます。

営業が向いてないと感じる内向的な人は、アドリブで会話をするのは苦手ですが、その分準備する力や会話を組み立てる能力が高い人が多いです。

初対面の人と話すのが苦手で営業が向いてないと感じている人は、会話のパターンをいくつか用意しておく事で、克服する事が可能になります。

社交的な人の意見は参考にならない!

1つ、間違って欲しくないのは、
元から社交的な人の意見は参考にならない事です。

内向的な性格を克服した人であればアドバイスを聞く価値はありますが、生まれつき人と触れ合うのが好きで、初対面の人と話す事にストレスを抱えない人の意見は、”遺伝子レベル”で特徴が大きく違うため、参考になりません。

後輩想いで熱心にアドバイスをくれる人がいるかもしれませんが、
元々社交的な人と内向的な人では、取るべき対策方法は大きく異なることを理解しておきましょう。

営業に向いてないのは短所じゃない

営業に向いていないのは、短所でも悪いことでもありません。

人にはそれぞれ特性があり、人間はこれまでの歴史の中で向き不向きを活かしながら集団で生活し、進化をしてきました。

    社交的・内向的な人の役割
  • 社交的な人は他の集団と交渉する
  • 内向的な人は集団の頭脳として計画を立てる

営業に向いてないと感じる内向的な人は、沢山の人と話すのは得意ではないものの、その分別の長所を必ず持っています。

    営業に向いてない人が持つ特徴
  • 綿密な計画を立てる
  • データから今後を予測する
  • 作業を正確にこなす
  • 黙々と1つの事をやり続けられる

これらは主に内向的な人が持っていやすいと言われる特徴です。

また、内向的な人は人を分析する力にも長けているので、人の心を理解できる人が多いとも言われています。
社交的な人は発信力は高いですが、感受性などの受信力は、営業に向いてないと感じる内向的な人の方が高いのです。

実際、社交的な人は人の気持ちを感じ取る力が弱いので内向的な人の方がリーダーや組織をまとめるには向いていると、ここ数年言われ始めています。

受信力が高く分析能力が高い内向的な人への理解は、性格分析が普及していくとともに高まってきています。

自分自身の特性を知ることが大切

営業に向いてない人の特徴や診断方法について紹介してきましたが、
大切なのは自分自身が生まれ持った特性を理解すること。

例えばサッカーのチームを作るとき、

  • 背の高い選手が多い
  • パス回しが上手い選手が多い

チームにどのような特性があるかで、戦術も大きく変わってきますよね?

仕事や自分を活かす方法も全く同じで、自分自身の特徴を理解する事が仕事をする上で非常に大切になります。

自分が生まれ持った特性を活かせる仕事を探すのか?
内向的な性格なりの克服方法を使って、営業を克服するのか?

どちらにせよ自分の性格を正しく理解する事が第一歩です。

毎日の仕事がストレス無く楽しいと思えるように、この診断と克服方法を実践してみましょう。

スポンサーリンク