大企業が合わない人の特徴5つ【転職の注意点と後悔しないコツ】

大企業が合わない人の特徴

大企業は合わないと感じる方へ!

会社には文化や特徴があり、性格によって合う合わないは必ずあります。

大企業でも同じで、合わないまま働いているとストレスが増え、仕事のモチベーションが下がり良い結果も残せません。

そんな、大企業に合わない人はどんな性格や特徴があるのか?5つにまとめて紹介します。

大企業が合わない人の特徴5つ

大企業が合わない人の特徴5つ

大企業が合わないと感じる人には、どんな共通点があるのでしょうか?

特徴を5つ紹介します。

好奇心が旺盛

新しいものが好きで好奇心が旺盛な性格の人は、大企業には合わない傾向が多いです。

大企業だと個人の制限やリスク管理も強くなります。組織が大きいだけ関わる人も増えるため、1つ決定するにも承認までたくさんの手順を踏まなければならず、アイデアが通る機会も少なくなります。

自分で色々と勉強したり、アイデアが思いついて形にしたい人は、大企業には合わない性格でしょう。

大企業は下積み期間も長く、企画を出せる立場になるまでに10年以上掛かることも珍しくないので、好奇心旺盛な人は大企業じゃない方が仕事のモチベーションも高くなるでしょう。

好奇心が旺盛かが分かる2つの質問

そもそも、自分は好奇心が旺盛か分からない人は簡単な性格診断をやってみましょう。

次の2つの質問に答えてみてください。

    好奇心の旺盛具合が分かる質問
  1. 新しい情報や知識を知ることや、枠にとらわれずにアイデアを考えることが好きか?
  2. 現実的で常識と違う考えは好きじゃなく保守的な人間か?

1の質問に当てはまり、2の質問には当てはまらない人は、好奇心が旺盛な性格で大企業に向いていない性格です。

この性格傾向は遺伝で半分ほど決まっているので、自分の特性に合わせた会社選びをすることが不可欠になります。

自分で決めたい意思が強い

大企業だと、働く部署や職種、転勤によって働く場所なども会社に権限があります。

どんな仕事をするかや、住む場所は、自分自身で決めたい人は、大企業には向いていません。

大企業は組織力と資金力で安定を与える代わりに、一人の決定権は少なくなりがちです。

相談や打診をするケースも多々ありますが、拒否すると”使い勝手の悪い人材”となり、キャリアに大きなブレーキが掛かることも珍しくありません。

仕事内容や働く場所を含め、自分の意思で物事を決めたい性格の人は、大企業には向いていないでしょう。

早くから裁量権を持ちたい

入社して間もないうちから責任があり裁量権のある仕事をしたい人も、大企業には合わないでしょう。

大企業は下積みだけで何十年と掛かることも普通です。

ある意味で公務員的で、年功序列の傾向も強くなりがちです。

仕事で与えられる権限も限定されやすく、責任者として多くの権限を持つまでにはかなりの時間を要します。会社によっては定年までいってもある程度のポジションまでしかいけないことも珍しくありません。

若くから責任と権限を持って働きたい人は、大企業にいてもストレスが溜まるだけです。

安定よりチャレンジしたい

チェレンジ思考が強い人も大企業には合わない性格です。

会社が大きいと、企画を通すにも承認フローが多く一苦労ですし、ひとりの一般社員の意見を1つ1つ聞いていられないので、決定権は一定以上の役職者しか持たない場合が多いです。

反対に、ベンチャー企業やスタートアップなら直接社長に企画をプレゼンしたり、入社間もない新卒でもいい意見を取り入れてくれる可能性が遥かに高くなります。

承認フローも少ないので、チャレンジの回数もその分多くなることもあるでしょう。

チャレンジ思考が強く、何かを改善したい意欲が強い人は、大企業は合わずフラストレーションを抱えたまま仕事をしがちになってしまうでしょう。

周りに合わせるのが苦手

細かいルールや顔色を伺って行動することが苦手・嫌いという人も大企業には合わない人でしょう。

大企業は関わる人も非常に多くなります。部署が違えば入社から退職まで、名前すら知らない人がいるのも珍しくありません。

たくさんの人が1つの組織で働く大企業は、全体に合わせる場面も多くなります。

学生時代などを思い返してみて、集団生活や細かいルールが煩わしいと感じていた人は、大企業では自分の本来の能力は発揮しにくくなります。

辞めちゃダメ!大企業が合う人とは?

大企業が合う人

大企業が合わない人がいる一方で、合う性格や特徴を持つ人もたくさん存在します。

大企業から辞めてはいけない人の特徴も紹介します。

安定が何より優先

仕事の内容や働く場所、もしくはチャレンジ精神なんかより、安定こそ会社選びの最優先と考えている人は、大企業向きです。

大企業でも買収や統合、または終身雇用の廃止や早期退職など、安定度は下がっているものの、資本の少ない会社より安定しているのは確実です。

会社に属し、卒なく仕事をこなしているだけで良いと思う人は、大企業からは辞めるできではないでしょう。

会社のブランド力は譲れない

会社の一員であることにステータスを感じている人も、大企業は辞めるべきではありません。

大企業は世間一般にも名の知れたブランド力のある会社も多いです。

中小企業やベンチャー企業、もしくはスタートアップだと、勤めている会社を知っている人はほとんど出会いません。

○○会社に勤めていることこそ大切だと考える人も、大企業向きの人です。

10年以上の下積みも我慢できる

下積みに10年、もしくはそれ以上掛かっても我慢できる人も大企業向きの人と言えます。

上記の安定や会社のブランド力に加えて、一人前になるまで何年も我慢して働ける忍耐力は長所の1つでもあります。

長い下積みを経てでも大企業で責任ある仕事に就きたいと考えるなら、むやみに転職すべきではないでしょう。

大企業が合わない人が転職するコツと注意点

大企業が合わない人の転職

自分は大企業に合わないと感じたなら、転職する意外方法はありません。

ですが、間違った転職の仕方をすると、後悔や失敗を生んでしまいます。

大企業が合わない人向けに、転職のコツと注意点を紹介します。

大企業が合わない人向けの転職エージェント

転職するために転職エージェントの利用は必須ですが、エージェントを選びには2つのコツがあります。

    2つのコツ
  • 意向を反映して紹介してくれるか
  • ベンチャーやスタートアップの求人が多いか

大企業が合わない原因を理解して紹介してくれないエージェントだと、転職先でも同じ悩みを抱えてしまいます。

また、紹介できる求人にベンチャー企業やスタートアップなど自分の特性を活かせる求人が多くなくても意味がありません。

2つの項目に合う転職エージェントを3社紹介します。

dodaエージェント

dodaエージェント

大企業が合わなくて転職するなら、dodaはまず登録しておくべきサービスです。

一番の強みは求人数の多さで、8〜9割の非公開求人と合わせて約10万件と豊富な求人数を誇り、その分だけ選べる選択肢も増えます。

また、転職する理由についても事前の面談や電話で確認してくれて、希望に合う求人を紹介してもらいやすいのもおすすめできるポイントです。

上記の2つのコツを満たすエージェントの1つです。

dodaエージェントの公式サイト

ウズキャリ

ウズキャリ

大企業は合わないけど、労働環境が整っていない会社への転職は避けたい20代にはウズキャリがおすすめです。

ウズキャリはホワイト企業特化型で第二新卒に強みを持つ転職エージェントです。

その点でウズキャリは、残業が少なくクリーンな会社を厳選しているので、大企業からでも安心して転職が可能なのです。

ウズキャリ の公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

ベンチャー企業など求人数の多さで、リクルートエージェントもおすすめの1つです。

人材業界最大手であり、大企業以外にも多数の求人を抱えていて、今の悩みを解決できる選択肢をたくさん提示してもらいやすいです。

エージェントの営業力も高いので、希望する会社により好条件で転職しやすいのも特徴の1つです。

リクルートエージェントの公式サイト

大企業とは勝手が違うことを理解しよう

大企業から規模の小さい会社に行って失敗する人は、会社の文化や価値観の違いを理解できずに転職してしまったケースが多いです。

大企業では当たり前でも、ベンチャーやスタートアップ企業では普通ではないこともたくさんあります。

いくつか事例を紹介します。

業務分担がハッキリ分かれていない

大企業だと、業務分担が細かい場合が多いです。

人をたくさん抱えているので、見積書や請求書を作る人(事務)が居たりと、自分のやるべき仕事に注力しやすい会社が多いです。

大企業の文化が当たり前と感じていると、営業担当が自分で見積書を作る文化だったり、人員が足りない部署に協力することがおかしいと感じるかもしれません。

小さい組織だと、業務の割り振りが曖昧になりやすいことは事前に理解しておきましょう。

社員も清掃する

大企業なら専門で掃除をする人を雇っていたり、業者が全て清掃している場合もありますが、人数が少ないとそうは行きません。

日によって掃除当番が割り当てられていたり、社内で一斉に掃除をする曜日がある場合も多いです。

面倒なことは会社が全てやってくれていたことは理解した上で、大企業から転職しましょう。

福利厚生や退職金

福利厚生や退職金が充実していることも、大企業ならではの価値観です。

会社が保有している別荘があったり、辞める時には一定の退職金があることも多いですが、中小規模の会社だとそうはいきません。

社会保険などは国の規定通りなので問題ないですが、会社独自の福利厚生や退職金にはあまり期待しない方が良いでしょう。

その分、早くから出世できるチャンスや自分に合う仕事ができて収入アップに繋がるとポジティブに捉えましょう。

大企業が合わない人の特徴まとめ

大企業が合わない人の特徴まとめ

大企業が合わない人の性格や傾向をまとめてきました。

会社の文化は人数や規模の多さが全てではないですが、規模が大きくなるだけ似たような傾向が現れてきます。

大企業が良い・悪いのではなく、たくさんの選択肢から自分に合う環境を自由に選ぶことが大切です。

自分が描いている将来のイメージや仕事で成し遂げたいことは何かを考えて、正しい会社選びをしましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。