大企業がつまらないのはなぜ?【5つの理由】転職のコツと注意点

大企業がつまらない理由

大企業がつまらない理由とは?

どんな仕事も、向き不向きがあります。その中でも大企業のような大きい組織だと仕事を楽しめずにつまらないと感じやすい人もいるのです。

大企業だとつまらなくなる理由や性格の特徴は何があるのか。

転職をする時のコツと合わせて紹介していきます。

大企業から転職するなら!特徴
dodaエージェント10万件以上の豊富な求人数!
ウズキャリ ホワイト企業専門の転職エージェント!
リクルートエージェント人材業界最大手のリクルート

なぜ大企業はつまらないのか?【8つの理由】

なぜ大企業はつまらないか

大企業がつまらないと感じてしまうのは何が理由なのか?

新卒で入社した人も、社会人として何年も送っている人も、共通する8つの理由を紹介していきます。

仕事での裁量権が少ない

裁量権が少ないことも、大企業がつまらないと感じる理由です。

中小企業なら入社1年目から役割を与えられて、割と自由にできる職場もありますが、大企業のように組織が大きくなると仕事や部署が細分化されたり制限が多かったりと、何事にも決裁が必要になります。

裁量権がないこと=自己コントロール感がないことは、人の心理としてもやる気を下げやすく、仕事のつまらなさに大きな影響を与えるのです。

若くても権限のある仕事をしたいのなら、大企業から転職した方が良いでしょう。

仕事の範囲が狭い

大企業では役割が細かく決められていることも、つまらないと感じる理由の1つです。

細かく役割分担されることで、責任が誰にあるかや業務管理がしやすくなりますが、毎日繰り返しがちな大企業の仕事は、飽きやすいデメリットもあるのです。

好奇心が旺盛で、色々なことに興味を持ちやすい人は、同じ毎日の繰り返しのように感じてしまいやすく、つまらなく感じてしまうのです。

成長感覚を味わいにくい

大企業では下積み期間が長いこともつまらないと感じる原因となります。

やる気を持って仕事をするには、スキルが身に付いたりと、成長した感覚が不可欠です。

心理学の研究では嘘でも成長してる感覚を持つことが大切とまで言われています。

大企業のように下積みが長く、成長を感じにくい環境ではつまらなく感じても当然とも言えるのです。

人との関わりが広く浅い

大企業だと浅く広い人間関係が多くなることも、つまらないと感じやすい原因の1つです。

人間関係の悩みは、中小企業を問わずどんな会社でも必ずありますが、大企業では人が多い分、広く浅い付き合いがどうしても増えてしまいます。

業務によって細かく役割が分かれているので、社内だけでも関わる人間は膨大となり、転勤や人事異動で人の入れ替えも起こりやすく、関係性を深く築きにくい特徴があります。

適度な距離感で接する毎日はコミュニケーションのストレスも感じやすくなり、つまらない原因になるのです。

影響範囲が小さい

仕事でのやりがいを感じにくいことも、大企業がつまらなく感じる理由です。

仕事でもプライベートで何かをするにも、成果もなく誰も喜んでいないことは楽しくありません。

大企業だとたくさんの人が関わるので、一般社員だと自分一人が与える影響は会社全体のほんの僅かです。

自分の仕事がどれだけ人や社会、会社のためになったか感じにくいことも原因の1つなのです。

刺激が少ない(安定しすぎている)

大企業だと安定している反面、刺激がなさすぎることもつまらないと感じる理由です。

ベンチャー企業であれば、自分たちで会社や事業を伸ばす感覚があって日々刺激があります。

反対に事業も安定している大企業だと、良くも悪くも波風を立てずにいれば生活には困らない環境になります。

簡単過ぎるテストやゲームにはやる気が出ないように、ある程度の不確実性は楽しむために必要なことなのです。

社内の立ち回り力が求められる

本業の成果より人間関係の立ち回りの上手さが評価に響きやすいのも、大企業がつまらないと感じる理由の1つです。

大企業だと、失敗を恐れずチャレンジすることよりも大きなミスをしないことが求められがちです。

そのため、評価されるには上司や役職者への立ち回りが上手くないと贔屓してもらえません。

仕事ではなく、社内営業が求められる企業文化が嫌な人もつまらないと感じやすいでしょう。

性格と合わない

大企業をつまらないと感じるのは、本人の性格と合っていないのも大きな理由となります。

大企業でもイキイキと働いている人がいる反面、つまらなくやる気も上がらない人もいます。

結局は性格や個人の合う合わないの部分も多いのです。

転職も当たり前で仕事も選びやすい時代なので、自分の性格と合う会社を探すことが賢明でしょう。

大企業がつまらない人の性格とは?

大企業がつまらない性格

どんな環境でも、楽しい人もいればつまらない人もいます。

大企業で楽しめるか、つまらないと感じるかは、本人が持つ性格や価値観次第なのです。

では、どんな性格だと、大企業をつまらないと感じやすいのでしょうか?

興味関心が広い

興味関心が幅広い性格ほど、大企業はつまらないと感じてしまいます。

大きな組織だと、規律も大切になり、興味や関心の赴くままに行動しにくくなります。

興味の幅が広く、色々とやってみたい人は、下積みで何年も掛かるような大企業は確実に飽きてしまいます。

自分で決めたい

大企業だと裁量権が少なく、転勤で住む場所さえ会社の都合で決まってしまいます。

何事も自分の意思で決めたい人は、会社や組織が決定権を持つ大企業は窮屈でストレスを感じやすいです。

自分で決めたい性格の人は、小さい組織で裁量権の大きい仕事ができる会社に転職すべきでしょう。

挑戦したい

失敗を恐れて何もしないより、チャレンジ志向が強い性格も大企業だとつまらなくなります。

組織が大きくなると、リスクには敏感になりがちで気軽に挑戦させてもらえず、そもそも企画が通ることも少なくなります。

人生でいろいろな経験を積みたい性格の人は、安定や保守的な傾向が強い大企業だとやりたいことができずに苦しくなるはずです。

スタートアップやベンチャー企業のように挑戦する価値観のある職場が向いているはずです。

大企業がつまらない人が転職するコツ

大企業から転職

大企業がつまらない理由と、性格の特徴を紹介してきました。

では、今まさにつまらないと感じていて転職したい人は、どうすれば良いのか?

大企業から転職するためのコツや注意点を紹介します。

中小企業・ベンチャーへは転職エージェントを使う

大企業からの転職活動には転職エージェントは必ず使うべきです。

理由は、大企業と違い情報が少ないから。

関わる人もたくさんいる大企業と違い、人数の少ない中小企業や立ち上げ間もないベンチャー企業では、得られる情報は何十倍・何百倍も変わります。

転職は情報戦であり、リアルで正しい情報を持たないままの転職では、入社後にイメージと違ったと感じる可能性が高くなります。

面談に合った提案をしてくれる転職エージェントで、できれば中小・ベンチャー企業に強いエージェントを利用することがコツとなります。

転職エージェント3つ

大企業がつまらないと感じて転職する人におすすめの転職エージェントを3社紹介します。

dodaエージェント

dodaエージェント

転職エージェント選び人は、求人数の多さとサポートの充実さの両方が大切ですが、その2つを兼ね備えているのが大手のdodaエージェントとなります。

毎週多数の求人が更新される、国内最大規模10万件の求人を抱えており、選択肢が多いだけでなく、面談の希望に沿ったサポートをしてくれます。

転職を考えた段階で、まずは登録しておきたい転職エージェントです。

dodaエージェントの公式サイト

ウズキャリ

ウズキャリ

20代で大企業から転職するなら、ウズキャリがおすすめです。

ウズキャリは第二新卒や20代に特化し、ブラック企業を排除する厳しい基準で求人を紹介してくれる会社です。

大企業のように組織が整っていないと、残業が多かったり人間関係が良くない会社も出てきやすいですが、中小企業やベンチャー企業への転職でも安心できることが1番のおすすめポイントとなります。

ウズキャリ の公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

特徴としてはdodaエージェントと似ていますが、リクルートエージェントもおすすめの1つです。

非公開求人をはじめ、求人数の多さはもちろんのこと、転職先企業との交渉にも強みのあるエージェントとなります。

年代を問わず利用できるので、大企業がつまらなく楽しめてないどの年代の人にもおすすめできるエージェントです。

リクルートエージェントの公式サイト

性格診断:リクナビNEXT

転職前に自分の性格特性から合う企業を探したいなら、リクナビNEXTで無料でできる性格診断サービスがおすすめです。

登録して質問に答えるだけですが、かなり本格的な性格特性が分かり、大企業に向くか向かないかがハッキリと分かります。

つまらないと感じる理由が性格や価値観にあるかを正しく知る上でも使えるので、気になる方は一度試してみましょう。

グッドポイント診断
グッドポイント診断ができるリクナビNEXT公式ページ

大企業とは勝手が違うと知る

大企業から規模の小さい会社へ転職する時には、勝手が違うことは理解しておきましょう。

大企業とは常識や文化が違うと感じやすい例を紹介します。

業務の広さ

大企業のように人がたくさんいない職場では、仕事の幅も広くなります。

部署や役職を兼任する場合も珍しくなく、一人が色々と掛け持ちながら業務をするのも普通です。

あまりに理不尽な場合を除き、やるべき業務にはある程度融通を利かせる必要があるのは理解しましょう。

提案から実行が早い

大企業だと、企画から実行までたくさんの時間を要しますが、責任者の二つ返事で決まってしまうことも小さい企業だと珍しくありません。

資本のある大企業と違い、スピードが早くないと勝てない会社では、多少リスクがあっても決断して実行する場面も多いのです。

やろうと思ってすぐ出来るメリットだと、前向きに捉えるようにしましょう。

会社・事業の方向性が変わりやすい

スピード重視なのは、戦略や方向性についても言えます。

資本力では勝てない会社は、売上が立たないと判断したら方向性をすぐに変えることも多くなります。

根拠なくコロコロ変える会社は危ないですが、データや社長の高い能力によってスピードある判断をすることは、経営上正しいことです。

会社が大きく成長するために試行錯誤している段階なので、大企業とは違う文化に戸惑わないようにしましょう。

つまらない会社は転職すべき!

つまらない会社は転職すべき

大企業がつまらない理由や特徴、転職のコツを紹介してきました。

今の仕事がつまらないと感じている人は、会社や自分が悪いのではなく、ただ相性が良くないだけです。

大企業で楽しく働けなくても、環境を変えるとモチベーションが上がり高い成果を残せる人はたくさんいます。

大企業も中小企業も、それぞれメリットとデメリットがあり、性格によって向き不向きがあるだけです。

イキイキとした社会人生活を送るために、将来のためになる行動を起こしてみましょう!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。