大企業から中小企業に転職して後悔する人【多い理由はこの5つ!】

大企業から中小企業の転職で後悔する人

大企業から中小企業へ転職をして後悔する人は何がいけないのか?

転職した後になって、本当は大企業に残るべきだったと後悔したり、やりたいこととは違っていたと気付くのは、自分にも会社にも避けたいものですよね。

本記事では、後悔しないためにはどんな理解が必要なのかを紹介していきます。

大企業から中小企業に転職!特徴
dodaエージェント10万件以上の豊富な求人数!
ウズキャリ ホワイト企業専門の転職エージェント!
リクルートエージェント人材業界最大手のリクルート

大企業から中小企業に転職して後悔する人は何がダメ?

なぜ、大企業から中小企業の転職で後悔するのか

大企業での仕事が窮屈に感じたり、自分らしさを求めて中小企業に転職する人はたくさんいますが、転職後に後悔する人もたくさんいます。

では、後悔してしまう人は何がダメなのでしょうか?

準備や理解不足がほとんど

大企業から中小企業に転職して後悔する人のほとんどは、中小企業への理解不足が原因です。

お金や人、ブランド力のある大企業と違い、中小企業では同じ職種でも勝手は変わりますし、求められる能力や向き不向きも変わるのです。

求められる能力の理解不足

大企業と中小企業、又はベンチャー企業では求められる能力は違います。

    大企業で必要な力
  • 決められた仕事を正しくこなす力
  • 受信力(会社の風土や文化を吸収する)
  • ミスをせず常に合格点に達すること
    中小企業やベンチャー企業で必要な力
  • 自己解決力
  • 発信力(自分が会社を動かす)
  • 多少のミスより行動・チャレンジ

勝手が違うことを理解しておこう

求められる能力が変わると、仕事の価値観や進め方も変わります。

規律や協調性がより求められる大企業とは違い、中小企業、特にベンチャー企業のようなこれから拡大する会社では、自発的で積極的な行動がより求められます。

また、大企業に比べて組織が成熟していないので、教えてくれるのを待つのでなく自分で調べて解決する能力が求められます。

どちらが良い悪いではなく、自分の性格に合うか合わないかの問題です。

上記の前提を分からず中小企業に転職すると、失敗や後悔したと感じてしまうことになるのです。

もちろん、転職先が悪いこともある

当然ではありますが、準備や理解不足じゃなく、転職先の会社が単に悪いだけのこともあり得ます。

例えば、パワハラが日常的にあったり、求人内容と実態が全然違うブラック企業だった場合は、大企業か中小企業かの話じゃなくて会社自体が悪いです。

大企業と違って中小企業には人目に触れる機会が少ないことから良くない社風や採用方法をするところも存在します。

日本の99%以上は中小企業なので、その分だけハズレも多くなることは理解して、企業調べなど準備をしないといけないのです。

大企業から中小企業へ転職して後悔する5つの理由

大企業から中小企業の転職で後悔する理由

大企業から中小企業へ転職をして、後悔するのは理解や準備ができていないことが根本的な原因です。

では、後悔する理由には具体的にどんなものがあるのか?

紹介していきます。

福利厚生や待遇の悪さ

福利厚生や待遇の悪さも、中小企業に転職してから後悔する理由となります。

給料は求人票や転職活動中に気にすることかと思いますが、福利厚生や細かい制度のことはあまり気にしないですよね。

福利厚生や待遇の違い一例

  • 経費が使える金額
  • 退職金の額や制度の有無
  • 家賃補助
  • 家族手当や育児手当
  • 出張で泊まれるホテルのランク

1つ1つは小さなことかもですが、大企業の時と比較すると悪くなったと後悔する原因になり得ます。

その分、自分が発案したり若くから高いポジションに就けるメリットもありますが、気になる人は転職活動中に調べておくべきでしょう。

仕事内容が広すぎる

大企業と違い、仕事の分担が曖昧で幅広すぎることも後悔しやすい理由の1つです。

人が十分でなく、仕事の分担も曖昧なことが多い中小企業だと、ひとりがいくつかの業務を兼務するのも珍しくありません。

営業でもWEB周りの仕事も任されたりと、人によっては本業に集中できないと不満を感じ、転職して後悔したと感じる原因になります。

色々と経験が積めてありがたいと感じられない人は、大企業から転職すると後悔してしまうでしょう。

制度や仕組みが整っていない

研修制度や仕事の仕組みがアバウト過ぎることも、転職後に後悔しやすい理由となります。

大企業と違い、中小企業は組織として未完成なことが多いです。

研修やOJTが不十分で、やりながら覚えるのが普通なこともありますし、上司や責任者の権限ですぐ決裁が下りたりと、アバウトさに不満を感じる人も多くいます。

もちろん整っていた方が良いのですが、資本や規模では勝てない中小企業はスピード感が事業の成長に不可欠であり、多少アバウトでも行動することが経営として正しい戦略だったりもします。

規模やブランド力で勝負をする大企業と、行動量やスピード、アイデアで勝負する中小企業の違いは、前提として考えておくべきでしょう。

会社のブランド力が使えない

中小企業へ転職したら、会社のブランド力がなくなって後悔する人も多くいます。

大企業の時は気付かなくても、会社の規模やブランド力は仕事をする上で非常に強力な武器です。営業をするにも、知ってる大企業と知らない小さな会社では、話を聞いてくれる確率は全然変わってしまいます。

これまでは普通だった大企業のブランド力を、中小企業に転職してから気が付いて後悔してしまうケースも多いのです。

言い換えると、自分の実力をブランド力で補っていた訳ですが、会社のアドバンテージを持って仕事をしたいなら大企業に留まるべきでしょう。

自分の実力不足

本人は気が付かないケースが多いですが、結局は自分の実力不足ってことも後悔する大きな理由の1つです。

大企業は組織として成熟し、認知度やブランド力というアドバンテージがあって仕事ができます。大企業だと、自分の能力以上に成果を残せていることも多いのです。

それが中小企業へ転職し、会社のアドバンテージを使えなくなると実力だけの勝負となり、思うように結果を出せず、不満ばかり溜まって後悔や失敗を感じることとなります。

大企業のアドバンテージを利用することも1つの戦略と言えますが、実力不足が原因の人は、スキルや能力を高めないと例え大企業にいても絶対に行き詰まる場面がやってきます。

既に転職して後悔している人も、転職を検討している人も、会社に頼らなくても通用する実力か、見つめ直すチャンスと考えるべきでしょう。

大企業からの転職で後悔しない3つの方法

大企業からの転職で後悔しない方法

大企業から中小企業への転職で後悔しないにはどうすれば良いのでしょうか?

転職エージェントを利用する

大企業から中小企業へ転職する時は、転職エージェントを利用した方が成功率も上がります。

理由は3つです。

    転職エージェントを利用すべき理由
  • 合わない中小企業は排除して紹介してもらえる
  • 内部情報を教えてもらえる
  • 適性を正しく判断してもらえる

転職エージェントは、非公開求人を中心に希望にあった企業を紹介してくれるサービスです。

自分で探すのと違い、希望に合う企業だけを紹介してもらいやすくなります。

また、大企業と違って情報が少ない中小企業でも、社風や残業の具合を中立的な意見で聞くことができるため、求人内容に騙されるリスクも減るのです。

転職したい理由をエージェントとすり合わせておくことで、希望に合う会社に高確率で出会うことができ、後悔も少なくなります。

dodaエージェント

dodaエージェント

求人数が最大規模で転職先の候補をたくさん選べるのがdodaです。

10万件以上と言われる求人から、適性に合わせて紹介してもらえるので、情報が少ない中小企業への転職でも、失敗や後悔をする可能性が少なくなります。

事前の無料面談でエージェントにしっかり要望を伝えて、条件に合う会社を紹介してもらいましょう。

dodaエージェントの公式サイト

ウズキャリ

ウズキャリ

20代で大企業から転職をするなら、ウズキャリがおすすめです。

ウズキャリはブラック企業を独自の基準で排除しているので、中小企業やベンチャー企業にありがちな、体制が整っておらずブラック体質の会社を紹介されずに済むのです。

書類作りから面接対策まで手厚いサポートが受けられるので、はじめて転職する人にもおすすめです。

ウズキャリ の公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントも大企業からの転職におすすめです。

大手で求人数も多く、自分にあった中小企業に出会える確率も高まります。

dodaやウズキャリと合わせて利用すると、転職で後悔する確率をグッと減らせるでしょう。

リクルートエージェントの公式サイト

性格の適性を知る

そもそもですが、大企業向きの人と中小企業やベンチャー企業向きの人がいます。

これは生まれ持った性格や価値観で決まるもので、無理に変えることはほぼ不可能です。

自分の性格はどちらに向いているかを知ることで、大企業にいるべきか中小企業へ転職した方がいいか、判断も付きやすくなるでしょう。

仕事の適性診断

グッドポイント診断

仕事の適性診断をしてみると、自分の性格や価値観に合う仕事が分かります。

リクナビNEXTの無料診断だと、本格的な性格分析から適職を診断してくれるので、大企業向きか中小企業向きかの判断も付きやすくなります。

無料なので、自分を知るところから始めたい人は試してみましょう。

グッドポイント診断ができるリクナビNEXT公式ページ

転職エージェントの無料相談に行ってみる

上記で紹介した転職エージェントは、迷っている段階での相談も無料で可能です。

実際、求人を見てから現職に留まる人もたくさんいるので、自分はどっちに向いているかを知るために面談に行くのもおすすめです。

使えるサービスは上手に利用して、自分が一番イキイキと働ける場所を見つけましょう。

大企業からの転職も、コツを知れば後悔しない!

大企業から中小企業への転職を成功させよう

大企業から中小企業への転職で後悔する例と、対処法を紹介してきました。

大企業からの転職で後悔しないためには、性格との相性や会社の理解をすることが大切なのです。

今大企業から転職を考えている人は、

  • 悩みの原因は中小企業への転職で解消できるか
  • 中小企業に合う性格か

この2つをまずは知ることから始めてみましょう。

自分に合う会社と仕事で、長い社会人人生をイキイキと過ごせるようにしましょう。

ホワイト企業に転職できる転職エージェント

ホワイト企業に強い転職エージェント5選【失敗しないコツ】

2019.12.08
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。