20代でIT業界に未経験から転職する方法【成功例】3つの必須項目

20代未経験からIT業界へ転職する方法

IT業界へ未経験から転職したい20代へ!

転職を考えていても、未経験だと何をどう進めれば良いか分からないですよね?

本記事では私自身が未経験からIT業界へ転職をした経験も元にしながら、必要なこと・やっておくべきことをまとめました。実際に転職で利用したオススメの転職エージェントもあわせて紹介します。

20代で未経験からIT業界へ転職する3つの必須項目

20代で未経験からIT企業へ転職するための必須事項

IT業界やIT系の職種へ転職したくても、異業種で未経験からだと躊躇してしまう人も多いはず。

ですが、転職前に準備をすることで未経験でも高確率でIT企業へ転職できる方法は存在します。

実際に未経験からでも転職できた成功事例も元にしながら、転職する際のコツを3つまとめました。

社会人として最低限のマナー

服装などの規定が比較的緩いIT業界ではありますが、社会人としてある程度の経験を積んでいるのであれば社会人としてのマナーは身に付けた上で転職活動をすべきです。

IT業界で働くとは言っても、社内・社外を問わず人との関わりは必ずあります。職種によっては取引先へ訪問したり来社してもらう機会も頻繁にあるなど、IT業界かどうかに関係なく社会人として基礎的なマナーは必須のスキルです。

    最低限のマナー
  • あいさつ
  • 名刺交換
  • 上手下手(上座下座)
  • 訪問のマナー
  • メールのマナー

社会人としてある程度働けは自然と身につくスキルではありますが、会社独自の習慣が染み付いていたり、内勤が中心で訪問のマナーを忘れていたりなど、思わぬ落とし穴があったりもします。

知識や経験の面ではIT未経験でも、社会人としては経験者として入社するのが転職の基本です。経験が浅い20代でも甘く見てもらえません。

IT業界への転職かどうかに関係なく、転職活動をするなら一度復習しておきましょう。

自分から学べる姿勢

IT業界はとにかく情報の移り変わりが激しい業界です。毎日のように情報が新しくなると言っても過言ではありません。

弁護士や税理士などの士業のように資格を取る必要はない反面、日々新しい情報を自分で取りに行けるかが個人・会社の業績にも大きく関わってきます。

そのためにはIT業界のニュースをはじめ、世の中の動きや流行りに敏感で自分から情報収集ができる能力・習慣は最低限必要となります。

ニュースを見る習慣を付ける

普段からニュースを見る習慣のない人は、ニュースを見る習慣を作ることから始めましょう。

新聞やTVなど、最初のうちはどの媒体でも良いですが、ネットで得る情報の方が圧倒的に早く情報を得ることができます。

  • smart news
  • NEWS PICKS

など、色々なニュースサイトをまとめてくれているニュースサイト・アプリがあるので、いくつかダウンロードして空き時間に見る習慣を付けましょう。

SNSからも情報収集

ニュースサイトやアプリからの情報はもちろんですが、SNSからも情報を得ることができるとベストです。

ニュースメディアと違い情報の不確実性はありますが、世の中の流行りやトレンドをリアルタイムで知れるのはTwitterなどSNSからの情報です。

また、IT業界の各ジャンル(エンジニア、マーケティングなど)毎に有益な情報を発信しているアカウントやインフルエンサーがいるので、フォローして日々ツイートを見る習慣を付けると、未経験でも転職する前から業界の情報を多く仕入れることができます。

基礎知識や用語

未経験からの転職でもIT業界なら事前に学んでおけることはたくさんあります。

基礎知識を前もって身に付けておくことは、転職した後に楽なだけでなく転職活動での面接で、意欲や適性をアピールできる材料にもなります。

他の業界と比べて、IT業界は情報もオープンなので事前に必要な知識は身につけておきましょう。

本でもネットでもOK

「どうやって勉強すれば良いのか?」ですが、未経験からの勉強であれば本でもネットの情報でもどちらでもOKです。

IT業界と言っても職種は様々です。

    ITの職種一例
  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • WEBマーケティング
  • WEBライター
  • WEBメディア運営

自分が目指す職種毎に、本やWEBサイトから勉強しましょう。

IT業界未経験からのオススメ本

IT業界の基礎知識や用語を勉強できるオススメ本を3冊まとめました。

WEBマーケティング、SEなど職種によっても勉強すべきことは変わりますが、どの職種でも理解しておくべき基礎的な3冊となります。

20代未経験からでもIT業界へ転職しやすくなる経験

IT業界へ転職する際にやっておくこと

20代で未経験からIT業界へ転職を目指すとき、最低限やっておくべきことは上記で紹介した通りですが、それ以外にも”やっておくと有利なこと”があります。

より確実にIT企業へ転職したいのなら、転職する前からぜひチャレンジしてみましょう。

ブログやWEBサイトを作る

IT業界と言っても職種は様々ですが、ほとんどの職種で有利になるのがブログやWEBサイトを自分で作る経験です。

自分でサイトを作ることでは多くのスキルを身に付けることができます。

    サイト制作で身に付くスキル
  • サーバーの基礎知識
  • WEBサイトの仕組み
  • 基本的なコード(htmlなど)
  • WEBライティング
  • SEO

どこまでやり込むかにもよりますが、自分でサーバーを契約してサイト設計からデザインまでを作る作業は、IT業界で働くための基礎力を身に付ける最短手段でもあります。

面接のアピール効果は絶大

未経験で転職活動をするとしても、自分でサイトを作った経験は大きなアピールになります。

履歴書や職務経歴書に公開しているサイトを載せたり、面接時に話すと未経験とは言え経験者に近い待遇で迎えてくれるケースも多々あります。

サーバーの契約も月に1000円ほどからできるので、コスパも非常に高い経験となるでしょう。

プログラミング

プログラマーやシステムエンジニア職はもちろん、WEBマーケティングや営業職だとしてもプログラミングを理解しておくことは確実にプラスになるスキルや経験です。

WEBマーケティングや営業職だとしても、仕事をしていく中でサイトの構成やサービスの仕組みの知識が足りずに行き詰ることは確実に起こり得ます。

WEBサイトを自作することで自然と身につくスキルでもありますが、より詳しく学ぶのなら転職前にプログラミングの触りだけでもやっておくと有利になります。

PCさえあれば無料で学べるサイトもあるので、転職の確率を上げたい人はぜひ取り組んでみましょう。

経験者扱いで入社できることもある?

サイトを自作したり、プログラミングスキルを身に付けておくと転職できる確率は確実に高くなりますが、経験者扱いで転職できるケースも珍しくありません。

WEBマーケティング職であれば、自分でサイトを立ち上げて月間数万PVのサイトへ成長させたり、プログラマーやエンジニア職であれば自分でサービスを作成して、それを名刺代わりに経験者と同じ待遇で転職するツワモノも存在します。

IT業界は情報が非常にオープンで誰でも手に入れることができます。

転職前から実務レベルのスキルを身に付けられるのは、ITだからこそのメリットでもあるのです。

IT業界に強い転職エージェント3選【20代未経験から】

20代未経験でIT企業へ転職できる転職エージェント
IT業界へ未経験から転職する際には転職エージェントの利用は必須です。

20代で転職もはじめてなら、一人で進めるよりも転職エージェントのサービスを上手に利用することで内定にも繋がりやすくなります。

とはいえ、どの転職エージェントでも良い訳ではなくIT業界や20代に強い転職エージェントはある程度絞られます。

私自身も実際に利用して転職に繋がったエージェントを3社紹介します。

doda

1つ目はdodaの転職エージェントです。

実際、私が最終的にIT業界へ未経験から転職できたのもdodaでした。

dodaは求人数の豊富さが最大の魅力です。

新着の求人も日々更新され、豊富な求人から希望の条件にあった企業を厳選して応募することができます。またdodaは20代で未経験からの転職にも力を入れており転職エージェントのサポートも大手ながら充実しています。

転職エージェントは1社でなく複数の利用がオススメなので、IT業界へ未経験から転職したいなら、まずはじめに登録しておくべき転職エージェントです。

doda転職エージェントの公式ページ

ワークポート

ワークポートは大手で総合型の転職エージェントではありますが、元はIT業界特化型でスタートした人材会社です。

そのため、IT企業の求人が豊富なのが大きな特徴です。総合型の転職エージェントながらIT業界への転職に強いエージェントも多く、業界ならでは情報も多く扱っているため未経験からでも最適な提案を受けられるはずです。

能力があればですが、リモートワークなどの求人の取り扱いもあるのでIT業界へ転職を目指すなら利用するエージェントの候補に入れておきましょう。

ワークポートの公式ページ

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT・WEB業界に完全に特化した転職支援サービス・エージェントです。

IT業界特化型なので、担当する転職エージェントも全員IT業界のプロです。未経験や20代での転職についてどのように進めていくべきなのかを的確にサポートしてくれるのが何よりの強みとなっています。

IT職の中でもエンジニアやクリエイター職の求人は特に多く、また20〜30代向けのサービスでもあるので、当てはまる人はまずは登録して詳しく話を聞くことでその先の進め方が具体的に見えてきます。

レバテックキャリアの公式ページ

コツを知れば未経験からでもIT業界へ転職はできる!

IT業界への転職もコツを知れば大丈夫

20代の人が未経験からIT業界へ転職するための方法を紹介してきました。

ITやWEB業界が未経験だとしても、今のうちからやっておける準備は意外と多くあります。そして、仕事では未経験でも、スキルがあれば経験者と同じ待遇で入社することも実際多くあるのです。

インターネットはこれからもまだまだ伸びていく市場であり、世界中で求められるスキルでもあります。

まだ若い20代のうちからIT業界へ転職して、将来の大きな可能性を手に入れましょう!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。