ブラック企業から転職出来ない人危険な心理!マズローの欲求で解説

ブラック企業で辞められない心理

ブラック企業に居ると、自分らしさを失い、転職できずにその状況から抜け出せなくなります。

周りの人は「転職すれば良いのに」「辞めたら?」と言えますが、
ブラック企業の中に居ると、なぜか辞められなくなり転職もできません。

自分で考えられない非常に危険な状態です。
うつで出勤出来なくなるか、家族などの助言がないと辞めるキッカケができず、大切な時間=あなたの人生を無駄にしてしまいます。

ではなぜ、ブラック企業に居ると、辞められないと思い、転職に踏み切る事も出来なくなるのか?その心理を解説していきます。

ブラック企業から転職出来ない人の心理

ブラック企業に居ると、自分らしさを持つ事はほぼ不可能。転職をする考えすら浮かばなくなります。

非常に危険な状況ですが、実は人間の心理としては当然の事なんです。

その根拠になるのが、「マズローの欲求5段階説」

聞いた事がある人も多いと思います。
心理学やカウンセリング、マーケティングなど人の心を知る上での基礎知識と言えるでしょう。

ブラック企業で働くと自分を失い転職もできない危険な心理を、さらに掘り下げてみます。

マズローの欲求5段階説

マズローの承認5段階説

まずはマズローの欲求について解説。

  1. 生理的欲求(三大欲求に関わること)
  2. 安全欲求(身体の安全・不安からの解放)
  3. 所属と愛情欲求(家族・友達・会社・恋人との関わり)
  4. 自尊欲求(評価されたい・褒められたい)
  5. 自己実現欲求(自分らしさを発信したい)

図にもあるように、欲求は段階を踏んで生まれてきます。

例えば、
貧しい国や争いの絶えない国では、ご飯を食べたい(生理的欲求)・安全に暮らしたい(安全欲求)欲求が満たされていません。
なので、まずはご飯を食べて安全に暮らしたい欲求が優先されます。

その為、自分らしさを発信しようとする欲求は生まれにくい。

反対に日本のような先進国では、生理的欲求や安全欲求は満たされているので、インスタグラマーやYoutuberみたいな”自分を発信したい人”=自己実現欲求が増えてきます。

自分を表現したい人が時代と共に増えてきたのも、マズローの説に沿った流れと言えるでしょう。

ブラック企業を当てはめてみる

ではブラック企業に勤めていると、なぜ転職ができず創造的な思考も出来なくなるのか?

それは生理的欲求や安全欲求と言った、
最低限の欲求すら満たされない状況に陥っているからです。

いくつか例をご紹介します。

終電で帰り始発で出勤睡眠が十分に取れず、生理的欲求が満たされない状態。
誰かに認められたり友達とご飯に行く暇があるなら、帰って眠りたい欲求が優先される。

昼休みも取れず働きっぱなし食事で十分に栄養が取れないので、生理的欲求が満たされない。

パワハラ上司に怯えて仕事している怒鳴られる恐怖や暴力の不安等、身の危険を感じて安全欲求が満たされない状態。
職場では「どうしたら怒られないか?」しか考えられず、改善の為に反対意見も言えず、自分らしさを考える事も出来ない。

このようにブラック企業に居ると、低次の欲求すら満たされていない状態に陥っています。

その状態では辞める判断が付かず転職するといった正常な判断が出来ないんです。

転職は自尊欲求・自己実現欲求によるもの

転職はどの欲求に当てはまるのか?と言うと、基本的には自尊欲求や自己実現欲求によるもの。

自尊欲求もっと評価される企業に転職したい

自己承認欲求やりたい仕事をする為に転職する

ブラック企業に勤めていなければ、転職するのはこの2つの欲求による事がほとんどだと思います。

自尊欲求や自己実現欲求は、その下の欲求が満たされて居る事が前提となるので、ある程度の睡眠時間が取れていたり、パワハラは無く安心できる環境に身を置いていないと転職する気持ち・欲求は起こりません。

ブラック企業で身をすり減らしていては転職がままならなくなるのも当然と言えますね。

辞めるしかない!

ブラック企業で働きながら、創造的な思考をして自分らしい生き方をするのはハッキリ言って無理です。

考えてみてください。

紛争地帯にいる人に、
「もっと自分を発信しましょう」
「性格分析で自分を見つめてみましょう」
と言えますか?

まずは安全な場所へ逃げたり、ご飯を食べられる場所へ行く方が優先ですよね。

ブラック企業で働いている事は、紛争地帯・貧困地帯にいる状況と同じ!
生理的欲求や安全欲求が満たされていない状態です。

それだけ追い込まれている状態なんです。。。

でも、

日本に居るなら大きなメリットがあります。

それは、転職をすると解決出来る可能性が高い!

ブラック企業=紛争・貧困地帯から早く逃げ出すことをオススメします。

退職代行サービスもある

ブラック企業で働く人は、上司や会社が怖くて退職できない人も多いと思います。

そんな人にとって有難いサービスが退職代行サービス。

自分で直接話す必要が無く、辞めたいと思ったその日のうちに辞めることも可能です。

掛かる費用は、3万円ほど!

気まずくて言い出せない人は、退職代行サービスを活用して早く脱出することをオススメします。

退職代行サービスの料金・費用一覧表【人気10社を総まとめ】

2019.07.19

転職市場を見てみよう

どんな企業が募集しているのか見てみましょう。

慢性的な人手不足・売り手市場なので、求人は沢山あります。

ブラック企業に居る理由はありません!

登録サイトをいくつか紹介するので、登録して外部の情報に触れてみてください。

働きながら転職活動が難しいのであれば、退職してからでも全然大丈夫!
労働基準法に沿っていなければ然るべき対応を取り、未払い賃金の請求も出来るかもしれません。

求職数多数!大手のマイナビ20代の転職

大手DODA!こちらも求人数多いです

20代専門の就職サポートならウズキャリ!

最短1週間入社も可能なDYM!既卒にも強め

IT系転職の大手:パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣)

ブラック企業から転職できない状況は危険です

ブラック企業から転職できないのは危険な状況です。

自分の目標を失い、ご飯を食べて寝ることで精一杯の心理に陥ってしまいます。

その状況が続いていくと、会社や上司の指示がなければ自発的に行動できない奴隷のような人間に変わってしまいます。

人の心理が変わるのは一瞬です。

たった数ヶ月・数日で洗脳のように人の心理は変わってしまうのです。

ブラック企業から脱出できない心理に陥る今のうちに、退職・転職を進めて自分を守りましょう。

スポンサーリンク