転職は悪いことではない!【日本だけの価値観】罪悪感を無くす方法

転職は悪いことなのか

転職は悪いことなのか?

人間関係のストレスや仕事が合わないなど、仕事が辛くて転職を考えることもあると思います。

でも、「転職することは今の会社や同僚を裏切ることでは」と感じる人も多いのではないでしょうか?

お世話になった恩や「自分が弱いだけ」と感じて、辞めたくても我慢して働き続けても、残念ですが良いことはありません。

本記事では、転職は悪いことなのかについて、その理由や日本だから持つ価値観について解説していきます。

転職は悪いことではない!

転職は悪いことではない

先に結論ですが、転職は悪いことではありません。

    良くある悩み
  • 転職は今の会社を裏切る行為では?
  • 転職するのは逃げることなのでは?

本当は辞めて転職したくても、なんとなく湧いてきた罪悪感から転職=悪いことなのではと思い、悩んでいるかも知れません。

ですが、転職を悪いことと考えていると、デメリットが大きくて損をしている可能性が高いです。

今の仕事に満足してるなら転職は必要ないですが、古い価値観が理由で一歩踏み出せないのはデメリットが非常に大きいです。

転職は悪いことと考えるのは古い価値観でデメリットも大きくなる考え方なのだと、理解しましょう。

”転職は悪いこと”と考えるデメリット

転職は悪いことと考えるデメリット

転職を悪いことと考えると、多くのデメリットがあります。

仕事の合う合わないや、人間関係など、転職したいのに罪悪感から踏み出せない人は、どんなデメリットがあるか知っておきましょう。

転職は悪いことと考えると、どんなデメリットがあるのか?

3つの理由を元に解説していきます。

1.辞めたい会社にいるデメリット

1つ目は、辞めたい会社や仕事をしているのに残り続けるデメリットです。

人が成長したりスキルを身に付ける上で、モチベーションは非常に大切な要素です。

モチベーションを持つことは集中力を高め、ストレスも抱えにくくなり個人の生産性を高めます。そのため、最近だと企業もモチベーションを高めることにお金や労力を掛けるようにもなってきています。

有名なところだとGoogleは自社で従業員の生産性を独自で研究するなど、経営をさらに強くするために重視しています。日本でも適性テストやストレスチェックなどで、モチベーションを測る会社が増えています。

このように、働く上で大切なモチベーションですが、辞めたい気持ちとは裏腹に”転職=悪いこと”と感じて転職に踏み出せない状況は、自分の成長にも繋がりません。

とりあえず○年は意味がない

辞めたい会社に我慢して残るより、転職する方が良いと言う話をしてきましたが、長く続けることに意味があると考える人もいると思います。

ですが、「とりあえず○年やるべき」といった意見は、科学的にも否定されていて根拠のない意見です。

能力やスキルをつけるにはある程度時間がかかるのは当然ですが、嫌な仕事や会社を我慢してストレスを抱えてもメリットはありません。

頑張るべきは、得意なことや好きなことであって、ストレスを耐えることではないので、間違って解釈しないよう気を付けましょう。

仕事辞めたら人生楽しすぎ

仕事辞めたら人生楽しすぎた28歳の体験談【ブラック企業から脱出】

2020.06.15

2.成長できない人間関係で過ごすデメリット

転職を悪いことと捉えて行動できないデメリットとして、成長できない人間関係もあります。

転職理由で一番多いのは人間関係です。

人の好き嫌いもあるでしょうし、上司や経営陣との意見の食い違い、時にはパワハラやセクハラが原因の場合もあります。

仕事をするための会社とはいっても、人間なので人間関係の良い悪いはとても大事な要素になります。

パワハラ・セクハラのようにブラックな場合は有無を言わさず辞めるべきですが、尊敬できる人がいない成長できない会社に居続けるのはデメリットが多くなります。

仕事で成長するには目標と環境が大切

仕事で実力を付けていく中で大切なのは、具体的な目標と適した環境です。

  • 目標になる先輩がいる
  • 切磋琢磨できる環境がある
  • 将来に繋がる職場環境になっている

会社の上司や先輩は、数年後の自分の姿と言っても過言ではありません。

目標となる人がいて将来に繋がる人間関係(職場環境)があることが、成長するためには大切です。

転職を悪いことだと考えて、目標になる人もいなくて将来にも繋がらない仕事をしていては、自分ではなく会社のために人生を使っていることになります。

転職したい理由が、目標になる人が居ない場合は、転職は悪いことといった古い価値観に縛られず、新しい環境で目標になる人と一緒に働く方がベストな選択になるでしょう。

また、自分が成長するにつれて目標になる人も変わるので、転職でその時にあった環境に変えていくことも、これからの時代には大切になります。

成長できない会社の特徴

成長できない会社7つの特徴【転職すべき?】環境を変えないリスク

2020.02.17

3.今の会社の価値観しかないデメリット

転職を悪いことだと思って行動しないのは、今の会社の価値観しか持てないデメリットもあります。

今は、1つの会社で働き続ける人は数%だけで、転職で色んな会社や職業を経験するのが普通の時代です。

転職することは、色んな価値観を理解できて社会人としての幅も広がります。

数十年前なら、転職する方がデメリットも多く、転職は悪いことと言えたかも知れませんが、ITが発達したり転職も当たり前の今は、狭い価値観しか身につかないデメリットがあると知っておきましょう。

ITが発達して大量の情報が得られるように

ネットが繋がったりあらゆる機器が作られた事で、私たちは多くの情報に触れられるようになりました。

昔は一流シェフだけが持っていた美味しいレシピは、ネットで検索できるようになったし、スポーツを始めるときはレッスンを受けなくてもyoutubeの動画でプロの指導を受けれたりと、知識量の差が非常に少なくなっています。

もちろんお金を払ったり人から教えて貰うものもありますが、一定の情報を得ることは誰でも簡単にできるような時代です。

なので、職人になる場合は別として、仕事やスキルの習得に掛かる時間は大幅に減り、同じ会社で同じ仕事を続けるメリットは少なくなったのです。

人の価値観は細分化してきている

同じ会社に居続けるデメリットは、人の価値観を理解できないことにも繋がります。。

  • 顧客側:情報社会になりニーズが細分化
  • 企業側:IT化で仕事の専門性が高まった

人の求めるものも細かくなってきていて、職種の数が増えて仕事の専門性も高まってきました。

社会人として生きていくには、色々な価値観を受け入れる必要がありますが、転職しないままだと、価値観は狭いままです。

今の仕事が好きなら良いですが、我慢して働いているなら、外の世界を見て広い価値観を持てる社会人になる方が明るい未来が待っています。

転職は悪いことじゃなく、プラスに考えるべき

3つの理由で紹介してきたように、転職は悪いこととする価値観はもう間違っていて、デメリットが大きい考え方です。

今の仕事や会社で頑張る意欲があるなら成長するなら良いですが、成長できない環境や、やりたくもない仕事なのに我慢して転職せず残り続けるのは、人生がもったいないです。

転職はむしろプラスに考える方が、ストレスもなくなり将来も明るくなると考えましょう。

尊敬できる人がいない会社は転職すべき

尊敬できる人がいない会社は転職すべき?【仕事を続ける判断基準】

2019.10.20

転職=悪いことと感じて行動できない時は?

転職が悪いことと考えて行動できない時は

転職を悪いことと捉えるのは間違っていて、悪影響の方が多くなると話してきました。

とはいえ、すぐに気持ちを切り替えて行動に移すのも簡単ではありません。

転職を悪いことだと感じて行動できない時の考え方と対処法を紹介します。

転職に罪悪感はいらない

転職に罪悪感を持っているなら、罪悪感を無くすことから始めましょう。

  • お世話になった上司に悪い
  • 人間関係で辞めるなんて弱い人間だ
  • まだ入社したばかりなのに

仕事は辛くてもお世話になっている気持ちや、転職を逃げだと感じて自分に対して罪悪感を感じたりと、行動に起こせない悩みはあるはずです。

ですが、このような転職を悪いと感じる気持ちは要りません。

なぜなら、罪悪感はあなたが勝手に作り上げている感情に過ぎないからです。

リアルな転職理由を見てみる

”転職への罪悪感は勝手に作った感情”なのは転職理由を見ると明らかで、同じ悩みを抱えている人は転職に踏み切って新しい道を踏み出しています。

退職理由
引用:リクナビNEXT「退職理由の本音ランキング」より
退職理由の建前と本音
引用:人事のミカタ「転職理由(退職理由)のホンネとタテマエ」より
    転職理由で多いもの
  • 人間関係のストレス
  • 給料の不満
  • 仕事内容が合わない

このように、仕事を辞める理由は”自分都合”で全然良くて、罪悪感を持たなくて大丈夫なのです。

仕事を選ぶのは国民全員が持つ権利ですし、転職が当たり前になって自分に合う会社を選びやすい時代になってきました。

お世話になった気持ちや自分への罪悪感を感じるかもですが、頑張るべきは辛さやストレスに耐えることじゃなくて、やりたいことや将来に向かった前向きな頑張りだと理解しましょう。

会社の外の人に相談する

仕事の悩みを相談するのも対処法の1つですが、相談相手は会社の外の人を選ぶようにしましょう。

同じ会社の人なら、仕事の悩みも共感してくれやすいですが、似た価値観の意見になってしまいがちです。

社会はとても広いので、客観的な意見を求めるなら、会社の外の人を選ぶことをおすすめします。

学生時代の友達であれば、年は同じでも業界や職種が違うことで違う角度から意見をしてくれるので、特におすすめです。

一歩踏み出すなら転職エージェントの登録から始める

転職に向けて行動を起こす気持ちが出てきたら、転職エージェントへの面談から始めましょう。

転職には自分で応募するタイプと、エージェント経由で紹介される2つのパターンがありますが、転職エージェントの方がメリットが多いです。

    エージェントを使うメリット
  • 悩みを相談できる
  • 書類作成や面接のサポートが無料
  • 求人数が数倍も多い
  • 自分に合う求人を厳選してくれる
  • 悪質な会社に騙されない

自分で求人に直接応募するとなると、相談もできずに自分で全て対応しないといけません。

採用している会社の中には、嘘を言って入社させるブラック企業もありますが、それを自分で見分けるのはとても難しいことです。

転職エージェントを使えば、会社選びや企業の内部情報を元に紹介してくれるので、自分に合う会社も見つけやすくなり、求人数も数倍以上あって選択肢も増えます。

まだ転職する気持ちがない人も、無料面談で相談から始めることもできるので、今の仕事が辛いなら、将来に向けたプラン作りで利用するのもおすすめです。

転職エージェントの中でも、求人数が多い2社を紹介しておきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

1つ目は国内最大の求人数があるリクルートエージェントです。

業界1位の会社で、求人数の多さはもちろん、会社との繋がりも強くて他社では貰えない情報を持っていることも多いです。

転職を成功させる上で、候補の多さと情報の多さは欠かせない要素なので、どちらも兼ね備えているおすすめの転職エージェントとなります。

書類作成や面接練習もサポートしてもらえるので、しっかり準備をして合格率も高くなるでしょう。

リクルートエージェントの公式ページはこちら
リクルートエージェントの面談に行ってみた体験談

リクルートエージェントの面談に行ってみた!体験談&特徴とは?

2019.06.02

dodaエージェント

dodaエージェント

もう1つのおすすめはdodaエージェントです。

dodaは自分で応募するタイプとエージェントタイプを両方一緒に使えます。

非公開求人はエージェント経由でしか貰えないので、面談で希望を伝えて非公開求人を貰うようにしておきましょう。

dodaは若い人に強いエージェントで、30代までの求人が多く10万件以上の求人を抱えています。

リクルートとdodaのどちらか。もしくは両方の利用で、気力の沸かない状況から脱出することができるでしょう。

dodaエージェントの公式ページはこちら
dodaエージェントの評判と体験談

dodaエージェントの評判まとめ【転職の体験談】

2019.05.30

転職=悪いことが日本に根付く3つの理由

日本で転職は悪い価値観が根付く理由

転職は悪いことだと考えるのは、多くのデメリットがあると紹介してきました。

この、転職=悪いことという価値観は、日本特有の価値観であるとも言えます。

日本で根付く古い価値観の原因は何なのか?歴史や制度から3つの理由で説明します。

島国の特性

1つ目は日本の地理的な要因です。

「空気を読むのは日本特有」と言われるように、島国で異文化との交流が少なかった日本は空気を乱すことに非常に敏感な民族です。

マナーが良いと言われるのも、小さな集落で批判されると居場所がなくなってしまうので、空気を読んで周りを不快にさせないように生きてきた歴史的背景が理由にあります。

転職と繋げて考えると、会社という1つの組織(=集落)で輪を乱す行動をすることは後ろめたい気持ちになるので、組織から抜け出しにくい価値観が残っています。

文化・宗教観の教え

日本特有の、上下関係を重視する文化も理由です。

目上の人を敬う気持ちは、侍の文化を持つ日本であり儒教の教えの1つでもあります。

会社に忠誠心を持ったり目上の人には頭を下げる考え方は、日本の歴史や文化から出来上がってきた価値観です。

会社や上司を敬う気持ちや忠誠心が無いとする価値観に結び付いて、転職は悪いことという考えに至ってしまうのも日本特有の価値観だと言えます。

終身雇用制度

日本で転職は悪いことと言う価値観が根強いのは終身雇用制度が当たり前になっているのも理由の1つです。

終身雇用は何事もなければ定年まで生活を保障してくれる制度ですが、転職をしにくくしてきた制度でもあります。

今は転職も盛んですが、終身雇用が当たり前だった時代は、転職することで多くのデメリットがありました。

  • 協調性のない人材と思われる
  • 転職先で浮いた存在になる
  • 職歴で劣る

新卒で入社してほとんどが転職せずに働き続ける社会だと、転職する人は協調性がなく問題児と捉えられてしまいます。すると転職先でも浮いてしまって居心地が悪いまま働くことになってしまいます。

また、終身雇用が当たり前だと、異業種に転職をしても職歴で勝てなくなってしまい、実力よりも年数で評価をしてきた日本では評価されるのにたくさん時間が掛かってしまった事情もあります。

終身雇用が原因で転職を悪いことと考える価値観も残っていますが、今は仕事や会社を自由に選べる時代になっているので、昔の考えを理解しつつも、悪いことと感じすぎて正しい選択ができなくならないよう気を付けましょう。

転職は悪くない考えにアップデートしよう!

転職は悪くない考えにアップデート

転職が悪いことと考えるのはデメリットが多いこと。そして日本で転職は悪いという価値観が根強く残っている理由について紹介してきました。

転職を悪いことと考えるのは、日本の歴史や文化を見ると当然ともいえますが、時代は大きく変わっています。

国をあげて働き方改革を進めていることからも考えると、転職は悪いと考えている人は時代に取り残され、会社に依存しないと生きていけない人生になります。

人間関係のストレスや仕事が合っていないなど、辛いのに転職に踏み切れないのは人生でもったいない時間を過ごしている状態です。

社会の変化・価値観の変化を知り、自分の考え方を変えていきましょう。

転職は悪いことじゃないと理解することが、成長や理想的な将来への第一歩になることでしょう。

転職に向けて行動するなら特徴
リクルートエージェント求人数NO.1・独自の情報も豊富
dodaエージェント20〜30代向けに10万件以上の豊富な求人
ホワイト企業に転職できる転職エージェント

ホワイト企業に強い転職エージェント5選【失敗しないコツ】

2019.12.08
サラリーマンが会社に洗脳されてること

サラリーマンなら洗脳されていること5つ【手口と抜け出す方法】

2020.07.02
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。