受験生必見!見るだけで簡単に成績アップ?科学的に証明された集中力が上がる方法とは

受験生必見!今回は、見るだけで集中力が上がり成績もあがる方法を紹介します。

はじめにお伝えしますが、何かスピリチュアルなものではなく、、、

科学的に証明された内容になっているのでご安心ください。勉強の休憩時間などに眺めるだけで集中力が上がり、成績アップにも繋がるはずです!

「写真を見るだけ」集中力を上げる方法

せっかく勉強するなら同じ勉強時間で効率的に点数を上げられた方が嬉しいですよね?

集中力や注意力が上がり生産性が上がったという研究結果をご紹介します。

子猫・子犬の写真を見るだけ!

2012年、広島大学大学院:入戸野 宏教授が「可愛いものを見ると集中力が上がる」という研究結果を発表しました。

元の記事は「PLOS ONE」にて掲載されています。

行った実験の内容は2種類

  • 実験1:ピンセットで小さなおもちゃをつまみ出す作業
  • 実験2:も不規則な数列から指定された数字を目視で数え出す作業

子犬や子猫の写真を見たグループは、

なんと

集中力・生産性が最大44%もアップ

ただ写真を見るだけなのにこんなにも効果が出たんです。

どうして集中力が上がったの?

かわいいものを見ると、『もっと近くで見たい』『相手のことをよく知りたい』という感情から、対象の細部までよく観察しようとすることにより、集中力が高まります。この集中力は、かわいいものから注意をそらした後もしばらく持続するため、今回の実験結果のように、作業成績のアップにつながったと考えられます。

引用:広島大学「研究NOW」

幼い動物を見ることで「もっと見たい」という気持ちが芽生え、それが注意力に繋がった為、集中力が増し作業効率がアップしたのです。

また、他の研究などでは、女性は赤ちゃんの写真を見ると瞳孔が開く事も研究で出ていたりしますので、もっと見たいという気持ち、さらには「何か変な所はないかな?大丈夫かな?」と、注意力が上がるのかもしれません。

人は、好きな人を見ると瞳孔が開いたりするのもおそらく似たような原理かなと思われます。「この人をもっと見たい・知りたい」という気持ちが瞳孔を開かせ、より多くの情報を得ようとしているのです。

それらが子猫や子犬といった、「可愛いもの」「守ってあげたいもの」を見るだけで、集中力が上がり、勉強への集中力もアップするはず!

可愛い写真を探す事に時間を使ってしまわないようにだけ注意してください!

植物や自然を見る・聞く

350人のオフィスワーカーを対象にしたある実験では、観葉植物を前にしながら作業をした被験者は幸福感が45%アップし、作業の効率が38%も上がった

引用:「最高の体調」著者:鈴木祐

観葉植物が見える所に置くだけで作業効率が38%も上がった研究結果で、これは植物のレプリカや写真でも効果が証明されています。

ちなみに、生産性の他にも

  • 公園の写真を5分見せると副交感神経が2倍活性化し心拍数も低下
  • 主観的なストレスが低く、病欠が少なかった
  • 肌荒れが減った

等、植物や自然には、人間にとって沢山の効果があることが示されております。

小さな観葉植物を机の上に置いて勉強するのも良いし、写真を合間の時間に眺めるだけでも全然効果アリ!

しかもストレスも減るので体調にも効果があります。

ずっと眺めて勉強時間が無くならないようにだけ要注意!

なぜこんなに効果があるのか?と言うと

「副交感神経」が関わっています。

植物が人に与える影響について、

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

すぐに使える写真はこちらから!

集中力が上がる、

  • 子猫・子犬
  • 自然

この2つを満たす写真を集めました。

集中力は上がりますが、画像・写真探しに沢山時間が掛かっては勿体無いですからね。

勉強前、休憩中など、空いた時間に少し眺めるだけでリラックス出来、集中力も上がっちゃいます。

フリー画像を集めているので是非ご活用ください。

スポンサーリンク