仕事が退屈な人5つのパターン【転職するべき?】正しい対処法

仕事が退屈な人5つのパターン

仕事が退屈に感じるのはどうして?

誰でも、どんな仕事でも、退屈でやる気が出ない時期は必ずやってきます。ですが、退屈だからとすぐ辞めてしまうのは要注意!退屈な理由を知らないと転職も失敗に。

本記事では、仕事が退屈に感じるパターンを5つにまとめました。

なぜ仕事が退屈なのか?を正しく理解し、モチベーションを取り戻しましょう。

仕事が退屈な人5つのパターン

仕事が退屈な人を5つのパターンで分類

では、仕事が退屈に感じる人を5つのパターンで紹介します。

退屈な理由を客観的に知ることは、成長するキッカケを見つけることでもあります。

なぜ今の仕事が退屈なのか考えてみましょう。

仕事に慣れた

仕事が退屈になる原因として、仕事に慣れただけのケースも多々あります。

仕事に慣れることは成長した証であり、業務や作業を無意識に行えるようになってきた証拠ですが、緊張感がなくなりすぎて退屈に感じてしまう人も多いでしょう。

仕事に慣れたパターンの人は、その先にステップアップが見えているのなら安易に仕事を辞めて転職するのは注意すべきです。

余計なストレスなく仕事をこなせるようになった段階でもあるので、今の職場でステップアップを図る方がキャリアにも収入面でもプラスに働くこと可能性が多いと考えられます。

仕事に慣れて退屈に感じる人は、以下の対処法を試しましょう。

対処法:効率を高める仕組みを作る

仕事に慣れて退屈に感じているのなら、今の仕事や作業をもっと効率よく改善できないか考えてみましょう。

無意識にこなしている手順も、客観的に考えると省略できたり新しい仕組みを作ると効率化できることはたくさんあるはずです。

せっかく同じ作業をするなら、効率よく早く進められた方が楽だし自分も会社も嬉しいですよね。

「自分は下っ端だから」と悲観せずに、退屈だからこそ新しい仕組みを考えるとモチベーションも高まり、結果として自分の評価を高めることにも繋がるでしょう。

裁量権がない

仕事へのモチベーションを作る上で、裁量権(自分で決められる範囲)は非常に大切な項目です。

何事にも許可が必要で任せてもらえないのだとしたら裁量権のなさで仕事が退屈になっている可能性があります。

裁量権を与えてもらえないのは、主に3つの理由が考えられます。

  • 会社の方針
  • 上司のマネジメント能力
  • 自分の能力の低さ

自分の能力が低いなら、スキルアップして任せられる人材になる以外ないですが、会社の体制や上司のマネジメントスキルが原因の場合は、環境を変える方が得策です。

社内で部署を変えたり、時には転職で環境を変えないとモチベーションが低いまま仕事を続ける非効率な働き方となってしまいます。

裁量権がないことが原因で仕事が退屈な人は、今の仕事や会社を見つめ直すきっかけにしましょう。

簡単すぎる仕事

仕事を通じて成長した感覚を掴めないとモチベーションも高まりません。

業務内容が簡単すぎてしまう場合にも、仕事を退屈に感じる原因となります。

少し難しいくらいが最適

コロンビア大学で行われた、勉強の難易度と集中力に関する研究によると

モチベーションや集中力を高く保つには、少し難しくらいの難易度が最適になります。

簡単すぎると行動する必要性を感じられず、難しすぎると行動しても何も得られないリスクが多くなってしまい、やる気が出ず退屈さも高くなります。

仕事に慣れてしまったり、能力より明らかに低い業務をしているのなら、仕事のレベルを高くしてもらうよう交渉しましょう。難しい仕事を覚えると退屈じゃなくなるのはもちろん、給料の交渉もしやすくなります。

仕事が簡単すぎるなら、やる気が出る難易度の仕事を貰い、収入も増やしてしまいましょう!

やりたいことが変わった

人はコロコロと興味が移り変わるものです。

1年前は今の仕事が大好きでも、一通り経験すると新しいことに興味が変わることも珍しくありません。

やる気やモチベーションは、感情によって大きく左右されるものです。

今の仕事が好きでもやりたくもなくなったら、新しいチャレンジをする絶好の機会かもしれません。

好きでも得意でもない仕事は辞めよう

人が何かで大きな成果を残せるのは2つ場合がほとんどです。

  • 好きなことを極める
  • 得意なことを極める

好きだからこそ努力したり、元から得意なことを続けて高いスキルを身に付けたりと、スポーツでもビジネスでも大きな成果を出せるのはこの2つに分類されます。

もし、今の仕事が好きでもなく得意でもないことなら、自分の本心や長所を探して新しいチャレンジをすることを断然オススメします。

好きなことを仕事にすると自己実現欲求が満たされますし、得意なことを仕事にすると承認欲求が満たされます。この2つに当てはまる仕事を選ぶべきなのは、心理学からも明らかです。

人間関係

社会人が転職する時に、人間関係はダントツで1番多い理由です。

人間である以上、人との関わりや合う合わないは一生付き合う問題で、仕事が退屈かどうかも人間関係が原因になる場合も多々あります。

スポーツジムの継続率は、ジムで友達ができるかどうかで左右されるとも言われていて、会社で分かりあえる人がいるかは仕事のモチベーションを作る上で重要な指標なのです。

心が落ち着いて仕事ができるか?

仕事が退屈になるのは、”心理的安全性”が低い職場の可能性も高いです。

心理的安全性とは、Googleが”生産性を上げる唯一の方法”と言うほど仕事をする上で重要な指標でモチベーションと大きく関係します。

  • 愚痴を言える人がいない
  • 雑談できる人がいない
  • ミスしても隠して報告しないことが多い

仕事をする上でこのような関係性になっている人は、心理的安全性が低いことが退屈と感じる理由と言えるでしょう。

心理的安全性を職場で取り入れるには?【導入のコツと注意点】

2019.04.17

心理的安全性は自分では作れない

もし今の仕事環境が心理的安全性の低い職場だったら、自分で退屈から抜け出すのは難しいです。

関わりのなかった人に声を掛けてみたりする程度はできても、組織として風土を変えなければ心理的安全性は高めることができないからです。

会社の文化や風土として、トップダウンや横の繋がりが希薄すぎる場合には、残念ですが転職して環境を変えることしか手段はないと思った方がいいかもしれません。

仕事が退屈で辞めたい時の注意点【転職すべき?】

仕事が退屈で辞めたい時の注意点

仕事が退屈な原因を5つのパターンで紹介してきました。

仕事が退屈だと感じる理由は1つではなく、タイプ毎に取るべき対処法は変わってきます。

退屈すぎて辞めたい時に注意すべきことは何か?を紹介します。

転職すべきなパターンは?

転職で成功するのは、以下の4つのパターンに当てはまる時です。

  • 裁量権がなさ過ぎる時
  • 仕事が簡単すぎて、適度な仕事が今の会社にない時
  • やりたいことが変わった時
  • 人間関係が悪い職場にいる時

裁量権がなさ過ぎる時

自分の能力がない場合は厳しいですが、上司のマネジメント力不足で裁量権がない仕事をしているなら、転職する方が仕事のモチベーションが高まりやすいです。

今の仕事で得たスキルを生かし、責任を持った業務ができる仕事を選びましょう。

仕事が簡単すぎて、適度な仕事が今の会社にない時

仕事が簡単すぎて、今の会社では頑張ればできそうな業務も見つからない場合は転職すべき時期でしょう。

職種にもよりますが、資格や専門性の高い仕事だと仕事の難易度に大きな開きがあることも珍しくありません。

思い切って別の業界にチャレンジするのもオススメするパターンです。

やりたいことが変わった時

やりたい職業・業界が変わってしまったら、今の仕事を続けてもずっと退屈なままになります。

収入面など不安も大きいですが、長い人生を考えると早く始めるに越したことはありません。

やりたいことが変わって仕事が手に付かないなら、転職すべき時期だと考えましょう。

人間関係が悪い職場にいる時

人間関係が崩壊している会社は必ずあります。

そのような職場は、何人か人が入れ替わったところで改善されることもありません。

愚痴も言えず相談もできない職場にいるのなら、人として関わり合える会社へ転職をオススメします。

退屈なのは自分に原因がある場合も

仕事が退屈だからと安易に転職しない方がいい時は、自分を客観的に観れていない時です。

仕事に慣れてくると、ただ歴が長いだけなのにスキルが付いたと勘違いする場合があります。その状態で転職しても、実力がないので活躍するのは難しいはず。

仕事が退屈だと感じたのなら、一度自分のスキルを客観的に見てから判断しないと、転職で失敗します。

仕事が退屈な理由を知って正しい対処法を

仕事が退屈な時まとめ

仕事が退屈な理由と、転職したい時の注意点を紹介してきました。

どの仕事でも、退屈でモチベーションが上がらないタイミングは必ずやってきます。そんな時は、なぜ退屈なのかを5つのパターンに当てはめ、自分を客観的に見つめ直してみましょう。

退屈な理由を知ると、どのパターンだったとしても自分が成長するキッカケになります。

仕事を退屈に感じるのは成長のチャンス!

そう考えて、自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか?

【厳選】20代・第二新卒特化型の転職サイト一覧!新卒でも大丈夫!

2019.04.17
スポンサーリンク