仕事の悩み10個まとめ【20代・30代に多いもの】正しい対処法

20代と30代に多い仕事の悩み

20代や30代に多い仕事の悩みは?

仕事は社会人の軸です。仕事にやる気を持ち気持ちよく取り組むことは人生を楽しむことでもあります。

社会人としてまだ前半戦の20代や30代はどんな悩みを持っているのか。対処法とあわせて紹介していきます。

転職で悩みを解決する特徴
dodaエージェント求人数最大規模10万件以上の大手サイト!
リクルートエージェント人材業界最大手のリクルート
パソナキャリアグループで幅広い求人提案が可能
ウズキャリ ホワイト企業専門の転職エージェント!
第二新卒エージェントneoホワイト企業特化型第二新卒向けサービス。

仕事の悩み10選【20代・30代に多いもの】

仕事の悩み10個

20代や30代の社会人は仕事で何に悩んでいるのか?

転職サイトを中心に、仕事の悩みの調査やアンケートが行われていて、それらを元に20代と30代に多い仕事の悩みをまとめました。

今まさに悩んでいる人は、自分が当てはまる項目をチェックしてみましょう。

人間関係

仕事の悩みとして、年代を問わず一番多いのが職場の人間関係です。

人と関わる以上、コミュニケーションでの悩みは必ず出てきます。

仕事の悩みだけでなく、転職理由の調査でも人間関係の悩みは一番多い理由にもなっていて、働く上で誰しも抱えやすい悩みなのです。

転職サイトなどが行う転職理由や仕事の悩みについての調査で、人間関係の悩みはどれほどあるのかをまとめて紹介します。

  • 職場の人間関係が合わない:48%
  • 上司と合わない:48%
引用:en転職「転職者のホンネ」118名に対するアンケートより

仕事で最も悩むことは?(単一回答)

  • 2位 上司との人間関係:11%
  • 2位 同僚との人間関係:11%
引用:エンウィメンズワーク「仕事の悩み」女性246人へのアンケートより
  • 1位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった:23%
  • 3位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった:13%
引用:「退職理由の本音ランキング」転職経験者100人へのアンケートより

上司との人間関係

自分が社長にならない限り、仕事では上司が必ずいます。

自分も上司も人間同士なので、価値観が合う上司と巡り逢える方が難しいことです。

はじめは上手く行っていても、何かのキッカケで意見が対立することもありますし、お互い疲れが溜まるとストレスも生まれて人間関係で悩む場面も笛安くんあります。

上司からの要求が大きすぎたり、反対に何も教えてくれないなど状況は様々ですが、仕事の悩みとして上司との関係は社会人なら誰しも抱える悩みです。

同僚・部下との人間関係

上司でなくとも、会社では色々な人と関わります。同じチームのメンバーや後輩・部下との関係性、仕事によってはアルバイト・パートとして働く人との人間関係も仕事の悩みとしては多くなるでしょう。

チームとしてプロジェクトを動かしたり、自分が指示をする立場になると、考えが伝わらなかったり相手が主張をしてきたりと、上司との関係とはまた違った人間関係のストレスが生まれてきます。

人やチームを統制すること=マネジメントは、それだけで学問や専門家がいるように非常に難しく悩みの原因にもなりやすいのです。

社風

会社には会社なりの社風があります。

独自の文化や働く人のタイプなど、同じ業界でも会社が変わればガラッと社風も変わります。

そのような職場の雰囲気について悩んでいる人も、20代や30代には多い悩みです。

社風は価値観でもある

社風の元にあるのは会社の価値観です。

例えは、残業してでも売上を上げようとする価値観もあれば、決まった時間で出来るだけの成果を出そうとする価値観もあります。

どちらが良い悪いの話じゃないですが、そのような価値観が浸透していき、オフィスの雰囲気やコミュニケーションもできあがります。

「社風が合わないな」と悩んでいるなら、会社が持つ価値観が自分と違っている可能性が非常に高いです。

自分から発信して会社の価値観を変えることは正直難しいですし、心は別の環境を求めているのかもしれません。

社風や雰囲気が合わずに悩んでいるなら、自分と会社の価値観は合っているのかを考えてみましょう。

会社の方針

組織は全員が同じ方向を向かないと、サービスの質は落ち事業も成り立ちません。

社長や経営者が方針を示し、一丸となって向かうことが大切ですが、自分の考えとは違った方針が出されることで、悩みを感じてしまうのも役職が低い若手には多い悩みとなります。

”やらされ感”が増えてしまう

方針が自分の考えと違うことも悩みを生みますが、”やらされ感”が増えることが不満を生む1番の理由となります。

子供の頃、親から勉強しなさいと言われたらやりたくなくなるのと同じで、人がモチベーションを保つには、自ら決めることが大切です。

経営層から遠い立場が多い20代や30代だと、新しい方針や決まり事に従う場面がほとんどではないでしょうか?

このような自分では決めていないことをやらされている感覚が、やる気を下げて仕事の悩みへと繋がりやすくなるのです。

残業・働き方

働き方改善が国を挙げて進められていますが、ブラック企業含め残業が多い仕事や休みが取れない働き方に悩む人もまだ多いのが現実です。

20代30代はまだ体力もあるとは言え、毎日遅くまで残業をしたり休日もろくに休めないような働き方では必ず疲弊していきます。

悩めるうちはまだマシ!その後が危険

残業や働き方が悩みの原因なら、まだ改善できる状態にあります。

と言うのは、同じ生活を続けていくと悩むことすらできない”社畜状態”に陥ってしまうからです。

    悩んでいる内は改善できる
  • 睡眠が取れない
  • 自分の時間がない
  • 働き方を良くしたい

このように悩むのは改善したい気持ちがあるからですが、ストレスが多く疲弊すると、考える気力が奪われて無気力に仕事をする危険な状態に陥ってしまいます。

残業の多さや働き方で悩んでいるなら、今のうちに行動をして早く脱出するようにしましょう。

仕事内容

仕事内容そのものに悩む人が多いのも、20代・30代に多い悩みです。

若い社会人が仕事内容に悩む理由は大きく2つです。

  • 社会人経験が浅い
  • 将来が長いこと

社会人経験が浅い

20代の人は特に、社会人になって数年しか経っていません。何事もそうですが、外から見るのと実際にやるのでは全く違うもの。

仕事も同じで、入社前に魅力を感じていた仕事も、実際にやってみると考え方は変わります。

反対に言えば、やったこともないのに自分に合う仕事に就く方が難しく、今の仕事内容について疑問を持つのは当然とも言えるのです。

将来が長い

20代はもちろん、経験も積んできた30代であっても、長い社会人人生を考えると前半に過ぎません。

先が長い分だけ、やりたいことも多くなりますしチャレンジもいくらでもできます。

家庭を持ち責任も重くなった社会人のベテランだと職種を変えて1からチャレンジするのは、気持ちも体力もキツイですが、若いうちには何事もチャレンジしやすいので仕事内容について悩むことも増えていきます。

社会人として先が長いからこそ、今の仕事内容が合っているのか悩むことも多くなりがちなのです。

今後のキャリア

自分のキャリア設計をどうすべきか考えることも、20代30代には多い悩みです。

仕事内容は上記で話した通りですが、ステップアップの仕方は会社・業界・職種で大きく変わってきます。

プライベートと仕事の両立

キャリア形成のうち、30歳前後で増えるのがプライベートとの両立です。

家庭を持っても今の働き方を続けられるのかや、親の介護が必要になり地元に帰るか迷ったりと、プライベートの変化が仕事への考え方に影響する場面も出てくるでしょう。

まだそのような状況が訪れていない人も、近い将来起こり得る可能性なので今のうちから考えておくべきでもあるのです。

給料・収入

給料も仕事の悩みで抱えやすい一つです。

入社一年目ならまだしも、ある程度スキルや自信がついてくると、「自分はもっと高い給料でも良いのでは?」と考えるようになります。

給料への不満は、社会人向けのアンケートでも明らかになっています。

20代の半数以上は給料に不満がある

人材大手のdodaが行った、20代300人を対象にしたアンケートによると、給料に満足している人は3割以下。

給料に不満がある人は男女ともに半数以上いる結果となりました。
給料に不満がある人
出典:dodaアンケート結果より

日本では年功序列や社歴の長い人の方が優遇されがちです。年齢も若く社歴も短い20代では、そのしわ寄せも受けやすく、査定が低いと考えてしまう若手社員が多くなるのです。

評価

給与と関わりも多いですが、評価に対する不満も20代・30代では抱えがちな悩みの一つです。

年功序列も徐々に解消されつつも、社歴や年齢をある程度考慮した人事が行われるのが日本のほとんどの会社です。

たとえ若いうちから結果と残していたとしても、古参の役職者を差し置いてまで昇格させることは難しいことです。

給料だけでなく会社からの評価も、若手の社員が抱えやすい悩みです。

上司の評価はかなり曖昧なもの

会社により人事制度は全く変わります。

ですが、前提として覚えて欲しいのは、人の評価はかなり曖昧だということです。

2006年に発表された、24,000人のデータからウソを見抜けるかを調べた研究によると、心理学者や警察官など人を見ることを仕事にしている人でさえ、ウソを見抜ける確率は55%しかなかったのです。55%だとほぼ確率と一緒ですよね。

研究ではウソについてですが、人は相手を正しく評価することは非常に難しいのです。

評価される立場が多い20代や30代だと会社からの評価に不満を持ちやすく、悩みの原因となります。

会社の将来が不安

自分自身のキャリアではなく、会社の将来が不安なことも原因になります。

社長や役員の示す方針や、メイン事業が上手く行っていないなど会社の将来に対する悩みも、これから何十年も社会人生を送る若手には多くなってきます。

リクナビが行った、転職の本音について100人を対象にした調査では、会社の経営方針・経営状況で転職をした人は全体7位の6%でした。

7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)

引用:リクナビNEXTより

インターネットが普及して情報が溢れ、AmazonやGoogle、Facebookなど国の境がなく新しい企業・サービスが日々生まれている現代だと、今勤めている会社や仕事・職種は数年後どうなっているのか考えることも増えるはずです。

社会人生活の前半である20代30代にとって、会社の方針や事業への将来性を感じられないことは、転職やキャリアチェンジを考えるきっかけにもなっていることが分かります。

取引先・お客さん

仕事の悩みは自分・会社内だけじゃありません。

顧客や取引業者とのやり取りで抱える不満やストレスも、悩みの原因となり得ます。

クレーマーや過度の要求は大きなストレスになる

労働組合のUAゼンセンが行ったアンケートによると、顧客から迷惑行為を受けた割合は7割以上でした。

そして、50%以上の人がかなり強いストレスを感じ、0.5%の人は顧客のストレスが原因で精神疾患になるなど仕事がままならないほどの悪影響を受けていました。

顧客の要求を断れない会社は倒産する!

ストレスの原因になるのは、無理な要求にも応えたり仕事中だからと我慢する必要があることが多くの原因です。

ですが、会社として悪質な要求を断れない社風・文化がある会社は将来かなり危ういでしょう。

生産性や働き方改革が叫ばれていますが、仕事の効率化にはやるべきことを絞ることが必要不可欠です。

もちろん、顧客の意見を聞かずに会社の要求だけではダメですが、無理な要求も断れずに引き受けると業務効率を著しく下げます。そして働く人のストレスは増えモチベーションも落ちます。

会社の方針や文化として弱々しい態度で接しているような会社は、ブラック企業化して先行きが怪しくなるので、今のうちに次のキャリアを考えた方が良いでしょう。

仕事の悩みを解決するには?正しい対処法

仕事の悩みを解決するには

20代や30代が悩みがちなことについて、アンケートや調査結果から10個紹介してきました。

では、そのような仕事の悩みはどう解決すれば良いのでしょうか。

一時的ではなく、根本的な解決になる正しい対処法を紹介していきます。

転職

紹介してきた悩みのほとんどを解決できるのが転職であり、一番効率的で楽な対処法です。

人間関係や会社の方針、仕事内容など、会社での何かしらが原因で起こっている悩みだと、一人の社員が声を上げても会社が”大きく”変わることは残念ながらありません。

制度ができたり多少の変化が出る可能性はありますが、会社に根付いた考え方までを変えるには上手くいっても数年は掛かるのが当たり前です。

今の会社によほど愛着があるのでなければ、転職して求める環境・仕事内容が実現できる会社を探す方がよほど効率的で確実な対処法となります。

20代・30代なら異業種への転職も間に合う!

仕事内容で悩んでいたり、キャリアチェンジのために未経験から異業種にチャレンジしようと考える人は、転職できるのか不安になる人も多くいます。

結論として、異業種への転職もまだ間に合います。

自分のスキルが足りない場合はどうしようもないですが、自分なりに勉強を始めていたり、今の会社でしっかりと成果を出しているのなら異業種でも必要としてくれる会社はたくさんあります。

「自分の成果は認められるのか?」と悩んでいる人なら、転職サイトで実際の求人を見たり転職エージェントからプロの目線で客観的なアドバイスを貰うことで、転職できるかの判断もつきやすくなります。

紹介してきた仕事の悩みのほとんどを楽に効率よく解決できるのは転職なのです。

20代・30代向けの転職エージェント

転職サイト・エージェントには、各社で強みとしている部分が違います。

求人数が多いことを魅力にしている大手の転職エージェントもあれば、20代に強いサービス、残業が少ないホワイト企業に特化しているサービスなど、自分が求める条件に合うエージェント選びが大切になります。

大手の転職エージェントは職種を問わず1つは登録しておき、その他は自分の意向にあったサービスを選びましょう。

20代30代におすすめの転職エージェントを5つ紹介しておきます。

転職で悩みを解決する特徴
dodaエージェント求人数最大規模10万件以上の大手サイト!
リクルートエージェント人材業界最大手のリクルート
パソナキャリアグループで幅広い求人提案が可能
ウズキャリ ホワイト企業専門の転職エージェント!
第二新卒エージェントneoホワイト企業特化型第二新卒向けサービス。

辞めてから考える

転職が一番効率よく楽な解決策ですが、転職先が決まらないとやめられないと考えていませんか?

もちろん、転職先が決まっている方が気持ち的にも安心するところはありますが、辞めてから転職活動をする人も多くいるのです。

最初に辞める選択肢があることも知っておきましょう。

辞めてから転職活動をするメリット

辞めてから転職活動をするメリットは、ストレスが少なく自分と向き合う時間ができること。

働きながらだと、今の仕事へのストレスを抱えた状態で活動しなければならず、時間も十分に使えません。

退職した後や、辞めると会社に伝えてからであればストレスも減り自分の本心に沿った転職活動もしやすくなります。

辞められないなら退職代行もあり

会社によっては辞めたくても引き留めにあったり認めてくれないケースも少なからずあります。

そのような場合、ズルズルとやる気もなく働いてしまうのは何より自分にとって良くないことです。

今は退職に関するやり取りを代行してくれる退職代行サービスがあり、3万円せずに依頼できてしまうので、面倒なやり取りなく確実に辞めたい人は利用してみるのもおすすめです。

退職代行サービス料金・値段一覧表

退職代行サービスの料金・費用一覧表【人気10社を総まとめ】

2019.07.19

自分の市場価値を調べてみる

転職したいけど、自分の実力だとどれほど通用するか不安な人もいるでしょう。

転職サイトで求人を見たり、転職エージェントへ無料相談するのも良いですが、市場価値を簡単に知れるサービスもあります。

ミイダス

インテリジェンスが運営するミイダスは、過去の転職データから自分の市場価値を調べることができるサービスです。

自分と同じくらいの経歴を持つ人は、どれくらいの年収・待遇で転職できたかを検索できます。

求人企業からのオファーも受けられますが、自分の市場価値を気軽に知りたい方は、登録して検索してみましょう。

ミイダス公式サイト

相談して部署・チーム異動をお願いする

転職ではなくて辞めずに済ませたいなら、素直に相談をして悩みを打ち明けるのも良いでしょう。

人を採用するにはお金も労力も沢山かかります。なので部署やチームが変わるとしても、できるなら退職して欲しくないと、普通の会社なら思ってくれるものです。

  • 部署異動してやりたい仕事をしたい
  • 上司と上手くいっておらず違うチーム

オブラートに包む部分はあるかもですが、タテマエじゃなく本音を伝えるようにして、会社に残りつつできる選択肢について相談してみましょう。

ダメなら転職すればいい

相談して上手くいかなかったらと怖く感じるかもですが、その時は転職すれば良いだけです。

転職市場は右肩上がりで伸びており、今の仕事を真摯に向き合ってきたのなら20代・30代で働き先がないことはまずあり得ません。

希望通り進むのが一番良いですが、そうじゃなくとも生きていく道は沢山あります。むしろ、それがキッカケで人生が好転することもあり得るので、悩み過ぎることなく行動に移してみましょう。

自分で勉強・副業を始める

仕事内容やキャリアの悩みを抱えている人は、転職や部署異動の相談する前に自分で行動をしてしまうのも解決策の一つです。

どんなジャンルでも、本やネットのサービスを使って自分なりに勉強を始められます。さらには副業として実績を作っていれば、部署異動でも転職でも希望が通りやすくなります。

今の会社で働きながらになると、収入が止まることもないので、リスクなくスキルアップできる解決策となります。

大人向け勉強のやり直しにオススメの本

【大人向け】勉強のやり直しならこの本!オススメ5冊を教科毎に厳選

2019.05.25

仕事の悩みは原因を知って正しく解決しよう!

仕事の悩みを解決できる行動をしよう

20代と30代に多い仕事の悩みと、その解決策を総まとめで紹介してきました。

友達や同僚に相談したり愚痴るのも良いですが、本当に大切なのは悩みの原因を理解して、正しい対処法を取ることです。

仕事は社会人の軸であり人生の大部分を占めます。仕事を気持ちよくやる気を持って取り組めるかは、人生を楽しめるかと一緒です。

世の中には沢山の仕事があり会社も無数にあります。

一歩踏み出して、自分の行動で悩みを解決できる社会人になりましょう。

成長できない会社の特徴

成長できない会社7つの特徴【転職すべき?】環境を変えないリスク

2020.02.17
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。