友達がいない社会人ほど成功する?【特徴とメリット5つ】職業診断アリ

友達がいない社会人こそ成功する

友達がいないと悩んでいる社会人へ!

友達がいないことをマイナスに捉えていないでしょうか?

実は、内向的で友達を作るのが苦手な人こそ持っている長所はたくさんあるのです。

社会人として友達がいないことはどんなメリット・デメリットがあるのか?おすすめの職業もあわせて紹介します。

適職 無料診断!

自分の性格に合う仕事を知るには、リクナビNEXTのグッドポイント診断がオススメです!登録すれば無料で自分に合う職種を診断してくれます。

グッドポイント診断公式ページ

友達がいない社会人ほど成功する?

友達がいない社会人ほど成功する

友達がいない社会人のことを、マイナスのイメージで捉えていませんか?

友達が多くて人脈がないと成功できない考えは、日本の文化が産んだ間違った価値観です。

もう少し言うと、ITが発達した現代は、友達がいない人にこそ有利な時代なのです。

友達がいないのはマイナスじゃない

友達がいない社会人の多くは、人見知りで内向的な人がほとんどだと思います。

会社の中での付き合いはもちろん、交流会や合コンなども苦手or興味がない人たちがほとんどのはずです。

ですが、このような内向的な性格はこれからの時代で成功する上で必要な特徴を多く持ち合わせているのです。

社交的で友達が多い=良いことは間違い

社交的な性格で友達が多い方が良いとする価値観はいまだに根強いですが、ハッキリ言って間違いです。

社交的な人は発信力が高いので、世の中に広まる情報の多くは社交的な人をベースに作られていますが、発信力が少ないだけで内向的な友達の少ない人でも成功している人はたくさんいます。

また、人の性格は遺伝子で生まれつき半分近く決まっており、無理に変えようとするストレスは悪影響も大きいことが分かっています。

遺伝で背の高さもある程度決まるように、友達がいない社会人は自分の特性を知り、長所を生かす方法を考える方がよほど合理的なのです。

友達がいない社会人の特徴・メリット5つ

友達がいない社会人の特徴とメリット

友達がいない社会人が持つ良い特徴とは何があるのか?

メリット5つを紹介していきます。

1.自分の時間が多い

友達がいない社会人は、当然ながら自分の時間が多く取れます。

何かで成功することは、スキルを磨くことが大前提です。

どんなに友達が多くても、能力も魅力もなければ何も成し遂げることはできません。

素人が人脈だけで野球選手になって試合に出ても結果を残せないですよね?

社交的な性格が良いと思う人ほど、人と繋がることを最優先にしますが、スキルや能力がない人間は、何も提供できません。

一人の時間で急成長できる

何かと時間のない社会人が働きながらスキルを身に付ける上で、時間の多さは友達がいない人の1番の強みです。

毎日のように友達付き合いで時間を使う人は、本を読む時間すらなかなか取れません。

友達がいない人は、その時間をスキルアップにたくさん投じることができるので、何倍も早く成長できます。

自分のために時間を割けることは忙しい社会人にとって大きなメリットになることを理解しましょう。

2.お金が貯まる

友達付き合いが少ないので、その分お金を使う機会も減ります。

自己投資に使えるお金もその分増えると、成長スピードを早めることも可能になります。

何かと時間の取れない社会人にとって、自己投資に使えるお金・時間を買うお金が増えることは成功にも繋がりやすいメリットの1つなのです。

自己投資や時間にお金を使う

自己投資や時間を買うためにお金を使うと、スキルアップのスピードも早まります。

資格を取るにもお金をかけて学校に通う方が確実で時間も少なくすみますし、家事代行サービスでやりたくない家事をお金で解決する選択肢も選べるようになります。

お金は成長スピードを早める上で力強い味方になってくれるのです。

社交的な性格ほど出費が増える

友達がいない=内向的な性格が、出費が減ることに役立っているデータもあります。

ロンドン大学で718人を対象に行われた研究だと、社交的な人ほど見栄を張りやすく、ブランド物に手を出す傾向も増えて出費も増えていたのです。

友達とのご飯代だけでなく、見栄に掛かるお金が少ないことも、友達がいない人ほどお金が貯まりやすい理由の1つです。

3.リーダーに向いている

友達がいないからと、人と関わることに苦手意識を持っていないでしょうか?

実は、内向的な性格の人ほどリーダーに向いていてチームの生産性を高める特徴があるのです。

リーダーの性格で生産性が変わる

アメリカの心理学者アダム・グラントが行った研究では、内向的な人がリーダーだと、生産性が28%も高まったとする研究結果が出ています。

世間的なイメージだと、グイグイ引っ張る社交的な人ほどリーダーに向いていると思われがちですが、本当にリーダー向きなのは友達がいないような内向的な人だったのです。

人の心に敏感

社交的な人がなぜ人見知りせずグイグイ行けるかと言うと、人の気持ちに鈍感だからです。

「嫌われないか」のような不安を持ちにくいので初対面でも臆せずに話せますが、一方で些細な感情の変化は感じにくい面も持っています。

友達の少ない内向的な人は、人の気持ちに敏感すぎるが故に不安や緊張をして積極的に話せません。

ですが、細かな感情を汲み取ることは得意で、チームの意見や悩みにも気付きやすく、メンバーが働きやすい環境を作りやすいのです。

4.分析力・思考力が高い

友達のいない人は、分析したり考える力が高い人が多い傾向にあります。

友達といると気疲れするのは、相手のことを考え過ぎてしまうことが原因の1つです。

反対に言うと、考える能力が高く、相手の言動や物事を分析する力は生まれつき高い人が多いのです。

これからは分析し考える能力が必須!

時代の違いによって、成功する人の条件は変わってきます。

これまでは社交的で発信力のある人ほど、たくさんの指示を得やすく、明るいビジョンを話して多くの支持を得られてきました。

ですが、ITが発達した現代では事実=データを分析し考えた上で解決策を導き出す力が求められています。

友達がいない人が持つ分析力や思考力は、今後の社会人が特に求められる能力なのです。

5.行動を起こしやすい

友達がいない社会人のメリットとして、自分の意思だけで行動に移せることも挙げられます。

基本的に個人で行動しているので、自分が良いと思えば行動できる習慣が既に備わっているのです。

初動が早いことは、変化が激しい現代において成功する1つのコツでもあります。

新しいことを始めるとき、誰かに相談したがる人もいますが、2つのデメリットもあるのです。

相談している無駄な時間

相談しないと不安な気持ちは分かりますが、相談で何日・何週間も過ぎるのはただ無駄な時間です。

世の中はある種、早い者勝ちの世界です。

友達が多くて相談しないと始められない人は、1歩目が遅くなりチャンスを逃すリスクも持っているのです。

否定されるリスク

相談することで詐欺などを防げる可能性はもちろんありますが、何事もやってみないと分からない時代です。

また、友人ほど今の関係が変わって欲しくないからと、新しいチャレンジには否定的になる傾向もあります。

否定されてチャレンジを辞めてしまうことや、友達の”変わって欲しくない心理”によって貴重なチャンスを逃すのはリスクの1つです。

友達がいない人は自分で意思決定できる人

友達がいない人は、自分で意思決定できる人です。

相談する時間も掛からず、否定的な意見でチャンスを逃すリスクも少なくなります。

自分の判断ですぐに行動できる社会人は、チャンスを手に入れる確率も高まるのです。

友達がいない社会人のデメリット3つ

友達がいない社会人のデメリット

友達がいない社会人が持つ良い特徴やメリットについて紹介してきました。

とはいえ、友達がいないことは全てにおいてメリットがある訳でももちろんありません。

友達がいないことは、以下のようなデメリットもあることは事前に理解しておきましょう。

1.寿命が短い

”友達がいない”とはいえ、親友が何人かいる人は大丈夫ですが、

本当に友達がいなくて孤独感を感じている社会人は早死にする確率が高いのです。

友達がいない人ほど、認知症の発症率が高かったり睡眠や食事の状態が悪い傾向が見られるなどの特徴を持っています。

アメリカ・ブリガムヤング大学のジュリアン・ホルトランスタッド教授(心理学)は2010年、148の研究、30万人以上のデータを対象とした分析を行い、「社会的なつながりを持つ人は、持たない人に比べて、早期死亡リスクが50%低下する」とする結果を発表した。

引用:プレジデントオンラインより

孤独を感じるかが重要

早死にする確率が高くなる友達がいない人ですが、正確には孤独を感じる人が正しい内容となります。

友達が多くても寂しさを感じてはダメですし、友達がいなくても心が安定していれば問題ありません。

家族や恋人がいればもちろん大丈夫ですが、孤独感を感じない程度に友達がいるようにはしておきたいものです。

2.リアルな情報を得られにくい

今はSNSやYouTubeなどで、世界中と繋がりあえますが、友達がいないと得られる情報も少なくなりがちです。

特に、ニュースなどでは得られないリアルな情報や実体験に触れ合えないのはデメリットの1つと言えるでしょう。

社会人にとって情報は貴重

社会人にとって、情報は仕事でも人生でも大切な要素です。

その中でも、ニュースやネットでは得られないリアルな情報や体験は人との繋がりでしか得られない情報となります。

ニュースで色々と情報収集するのは誰でもできますが、一次情報と言われるような本人しか知らない事実は、ネットやSNSでも見つけるのは難しいことです。

リアルな情報を得られにくいことも、友達がいない社会人にとって1つのデメリットとなります。

3.幸福度が低い

心理学では性格と幸福度はどの要素が関係しているのかを調べていますが、友達がいない社会人ほど、幸福度も低くなりがちなことが分かっています。

社交的で友達が多い人の方が、普段の生活や人生での幸福度は高くなりやすいのです。

友達がいない人は細かいことを考えすぎる

友達がいない内向的な人は、思考力や分析力が高すぎるため常に何かを考えてしまいがちです。

長所である考える力が、不安やリスクも考えてしまいがちになり幸福度を下げるのです。

細かいことを気にしない外交的な人は、悩みも少なくなりがちで幸福度も高くあります。

能力も使い方次第で、長所にも短所にも変わってしまいます。

孤独感も幸福度には大きく影響する

幸福度を下げるもう1つの要素は、孤独感です。

上記の寿命が短くなる項目でも伝えた通りですが、友達がいなくて孤独を感じてしまうと、心にも体にも悪影響が出てしまいます。

人は長い間、集団で生活してきた生き物です。

どのグループにも属さずに一人でいることは生き抜く上でのリスクでもあり、本能的に不安が増えて幸福感にも影響してきます。

幸福度の低さも友達がいない社会人のデメリットと言えます。

友達がいない社会人に向く3つの仕事とは?

友達がいない社会人に向く仕事

友達がいないことのメリットとデメリットを紹介してきました。

友達が少ない人ほど実はリーダーに向いていたりと、世の中の考えとは逆の考えも紹介しましたが、ではどんな仕事が向いているのでしょうか?

まずは、性格に合う仕事の無料診断をしよう!

グッドポイント診断
自分に合う仕事を探すには、性格から向いている職業を紹介してくれるリクナビNEXTの無料診断がおすすめです。

性格分析の内容も本格的で、特性から向いている職種を診断してくれます。

性格診断だけでもお金が掛かるサービスが多い中、登録すれば無料で診断してくれるので、試してみましょう。

グッドポイント診断ができるリクナビNEXT公式ページ

1.データサイエンティスト

データサイエンティストは今後需要が増えると言われている職業の1つです。

ITの発達で多くの情報を得られるようになりましたが、データを分析して活用の仕方を考えられる人材ガ不足しています。

友達がいない内向的な人は、分析し考える力のある人であり、適性は非常に高いです。

社会人のステップアップにもオススメできる仕事の1つです。

スタディング:気軽に学びたい方

データサイエンティストがどんなものか、試しに学び始めようとする方はスタディング(STUDYing)がオススメです。

オンライン型のスクールなので、スマホがあれば学習を始めることができ、初回講座は無料で視聴することが可能です。

月々1,000円ほどと手軽に始められるのもオススメの点で、自分の適性に合うか学びながら知りたい方は無料講座から始めてみると良いでしょう。

スタディングの公式サイト

テックアカデミー:本気でデータサイエンティストを目指す方

データサイエンティストを本気で目指すのなら、テックアカデミーがオススメです。

プロのメンターが付きながら、実戦で使えるレベルまで学ぶことができます。

最短で4週間で講座を終えることができるため、1ヶ月後にはデータサイエンティストとしてキャリアをスタートさせることも夢ではありません。

テックアカデミー:データサイエンスコース

2.心理カウンセラー

人とたくさん関わる心理カウンセラーの仕事ですが、相手の細かい感情を汲み取ることのできる友達がいない人に向いている仕事の1つです。

社交的な人は、気持ちに鈍感で自分の話ばかりしがちな傾向があります。

その点、聞き上手で繊細な心を持っている友達の少ない内向的な人は、相手の本心を聞き出せたり、悩みを打ち明けやすい存在にもなりやすいのです。

心理カウンセラーの求人を探すなら

未経験から心理カウンセラーの求人を探すなら、dodaがオススメです。

求人数が10万件以上と業界最大規模で、未経験での転職へも手厚いサポートをしてくれます。

dodaの公式サイト

心理カウンセラーを学ぶなら

まずは心理カウンセラーとして学び始めたい方は、4万人以上の受講実績のあるヒューマンアカデミーが安心です。

全国各地に学校があり、無料相談会も実施しています。

まずは話を聞いてみたい方にもオススメのスクールです。

ヒューマンアカデミー:NLP(実践心理学)講座

3.プログラマー・システムエンジニア

人となるべく関わりたくないのなら、プログラミングのスキルを身に付けることをオススメします。

友達がいない社会人の中には、会社の人間関係も苦手とする人も多いです。

プログラミングができれば、リモートワークやフリーランスで働くこともできるので、苦手な人付き合いからも解放されます。

社会人のキャリアチェンジを目指す人向けに、働きながら通えるスクールがあったり、転職先を保証してくれるサービスもあります。

興味がある人は、無料相談などで話を聞くとよりイメージも付きやすいでしょう。

未経験から目指すならGEEK JOB

未経験からプログラマー・エンジニアを目指すのにオススメなのがGEEK JOBです。

全くの異業種からでも95%以上と高い転職率を誇っています。

働きながらでもスキルを学び、転職まで支援してくれるオススメのサービスです。

GEEK JOBの公式サイト

経験・スキルがあるならレバテックキャリア

プログラミングのスキルがあって転職するなら、レバテックキャリアがオススメです。

IT人材特化型の転職サービスで、エージェントもIT経験者なので話もスムーズに進み、不安や質問にも的確に答えてくれるのが魅力です。

もちろん、面接対策や書類の添削も行ってくれるので、初めての転職でも心配なく進めることができます。

レバテックキャリアの公式サイト

友達のいないメリットを生かす社会人に!

友達がいないメリットを活かす社会人に

友達がいない社会人のメリット・デメリットを紹介してきました。

友達がいない内向的な人は、考える力や繊細な感受性を持つ人たちで、一人で生き抜ける力強さも持っています。

友達がいないからとネガティヴになるのは古い価値観!

自分の特性に合った人生や仕事選びをして、より良い人生を過ごしましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「人生の生産性アップ」をテーマに、仕事やスキルアップに関する情報を発信しています。【経歴】明治大学→バイト3つ掛け持ち→不動産系ベンチャー→WEBマーケティング。WEBマーケティングの仕事をしつつ、転職や勉強方法などについて更新しています。