友達自慢がうざい人の心理状態【悲しい真実】イライラや嫉妬は無駄!

友達自慢がうざい人の心理とは

友達自慢がうざい人、身の回りにいませんか?

「友達が別荘を持ってて・・・」
「友達が芸能人の誰々と知り合いで・・・」

友達がお金持ちや有名人だと自慢をされて、うざいなと感じたことがある人も多いはず。

ですが、友達の自慢ばかりする人には、悲しい心理があるのです。

友達の自慢ばかりする人の悲しい真実と、関わることのデメリットについて紹介していきます。

友達自慢がうざい人の悲しい心理

友達自慢がうざい人の悲しい心理

自分のことならともかく、友達の自慢ばかりするうざい人はどんな心理状態にあるのか?

残念で悲しい真実を紹介していきます。

自分に自信がない

友達自慢ばかりする人の根底にあるのは、自分に自信がない心理です。

人は自分に自信がないほど、ブランド品や権力のある人など周りに頼ることで精神を保とうとします。

友達自慢が多い人はまさにその典型と言えるでしょう。

自信がないと友達や身に付ける物で補完したくなる

ノースウエスタン大学が学生に対して行なった、自信の大きさと身に付ける物の関係を調べた実験によって、自信がないほど周りで補完したい心理は明らかになっています。

過去の成功体験や成功した自分をイメージしてもらったグループと、失敗体験や成功できていない将来をイメージしたグループを調べたところ、失敗した体験を思い出して自信を持てていない心理にあるほど、ブランド品を好みブランドのロゴも大きい物を選ぶ傾向が見られたのです。

自分の自慢ばかりする人もうざいですが、自分には誇れるものがないと引け目を抱える心理が、成功した友人やお金持ちの知り合いの事ばかり自慢したくなる心理に繋がっていきます。

自分のことでは羨ましがられないけど、「凄い友達がいるんだ!」ってことで自尊心を満たそうとする悲しい心理状態にあるのが友達自慢がうざい人の本質です。

自分の能力がないことを隠したい心理も

自分に自信を持てていないことだけでなく、実際に能力がないのを隠したい心理も友達自慢をしてしまう悲しい真実の1つです。

自分はお金持ちでもなければ有名人でもない。かといって何か能力がある訳じゃないけど凄い人だと思われたい心理が、友達自慢へと繋がります。

友達の自慢ばかりする人は、”能力も実力もない他人の力を借りたい人間”だと考えるようにしましょう。

自分の方が上だとマウンティングしている

友達自慢をするのは、話をする相手より自分の方が上だとする心理の表れでもあります。

年齢なのか頭の良さなのか、根拠のない才能なのか、比較しているものは様々と思いますが、相手より自分は上だという本音があるからこそ、凄い友達や知り合いを使ってまで自慢をしてマウンティングをしているのです。

言い換えると、友達自慢が多い人は自尊心を満たすための人付き合いをしているとも言えます。

話す相手が自分や凄い友達以上になってしまうと、ひどく嫉妬をして根も葉もない悪口を言うようになる可能性も高いです。

自分自信が凄い人になる努力もせずに、友達を使って空っぽの優越感に浸っている悲しい心理状態なのです。

他人を信じられない人

友達自慢をする人は、他人を信じられない傾向が強くなります。

根拠となるのは、偽ブランドを身に付ける人ほど疑心暗鬼になって他人を信用できなくなる心理にあります。

誇張した自慢は他人を信じられなくする

「本物は高くて買えないけど、これなら偽物だとバレずに身に付けられる」

偽ブランドを買ったり身に付けるのは、人を騙して自分の地位を高めようとする行為です。

友達の自慢に置き換えると、自慢を誇張や嘘でどんどん大きく見せて「凄い」の一言のために相手を騙した話をするようになります。

すると、嘘だとバレないかと疑う心理が生まれ、他人の話も素直には受け入れられず、疑心暗鬼で人を信じることができなくなります。

自分は誇張や嘘を平気でつくのに、他人の話は「そんなのあり得ない。嘘に決まっている」と否定的に考えてしまうようになるのです。

SNSで何もかも否定的で嘘だヤラセだと発信する人の多くは、おそらく自分自身が日頃から色々な嘘で塗り固めている結果と考えてもおかしくないでしょう。

友達自慢がいきすぎて、誇張や嘘の話をするようになると、他人を信じることも難しくなってしまうのです。

友達自慢がうざい人と関わるデメリット

友達の自慢がうざい人と関わるデメリット

友達自慢がうざい人の悲しい心理について紹介してきましたが、そのような人と関わることは私たちに多くのデメリットも発生します。

3つのデメリットを紹介します。

否定的になる

1つ目はあなたに対して否定的になってしまうこと。

特に注意すべきは、新しい挑戦やステップアップを目指す時にたくさんの圧力や否定的な意見を投げかけて来ることでしょう。

超えられるのが怖い

上記で話した通り、友達の自慢ばかりする人は相手より自分の方が上だという心理を持っています。

自分より下の人に対して、自慢できる友達の話をして自尊心を満たしています。

ですが、自分よりも成功したり収入が増えてしまうと上下関係が崩壊して自尊心を満たせなくなるのです。

そのため、自慢話をする相手が自分より上の存在になることが怖く、何かと理由を付けて否定的な意見を投げ掛けて来るでしょう。

あなたの成長や挑戦の足を引っ張る、関わることでデメリットの大きい人だと考えるべきでしょう。

褒めてあげないと機嫌が悪くなる

友達や知り合いを使ってでも自慢話をしたいのは、承認欲求の塊であり褒めて欲しいからする言動です。

言い換えると、褒めて貰えないと欲求が満たされないのでテンションも上がらずに機嫌は悪くなる一方です。

あなたが褒めるのがとにかく好きだというのなら問題ないですが、相手の承認欲求のためだけに、貴重な時間を割いて褒めてあげる理由はあるでしょうか?

まして、自慢話をする本人は特にスキルも能力もない人に過ぎず、褒めた見返りも期待できません。

褒めたり会話をするだけ、あなた自身が損をするデメリットの大きい相手だと覚えておきましょう。

信用してもらえない

友達自慢をする時に、真実や事実だけ話すなら良いですが、ほとんどの場合だと誇張した話になります。

前の章でも話した通り、嘘や誇張をする人ほど人を信用できなくなり疑心暗鬼になります。

友達の自慢ばかりする相手は、あなたの事・あなたの話も信用せず何かとイチャモンを付けてくるのは目に見えています。

「その話って根拠なくない?」
「絶対そんなビジネス無理でしょ」

自分は誇張や嘘を話す反面、相手の話には理由を付けて受け入れられない心理状態になっています。

そのような人と関係を続けていても、フラットな関係は築くことはできずモヤモヤした気持ちだけ残るデメリットの多い人間関係になるでしょう。

友達自慢へのイライラや嫉妬は無駄!

友達自慢へのイライラや嫉妬は無駄

友達自慢をする人の心理と、付き合うことで起こるデメリットについて紹介してきました。

最後に、友達の自慢ばかりする人へ贈りたい言葉があります。

「あなたは何者でもない!」

友達がいくら本当にお金持ちや有名人だったからと言って、本人が凄い訳ではありません。たまたま凄い人と知り合いの普通の人に過ぎません。

自慢をしない謙虚さが無く、他人でなく自分を高められない人に対してイライラしたり嫉妬をするのは本当に無駄です。

あなたの周りに、友達自慢ばかりするうざい人がいるのなら、距離を置いて関わらないようにすべきでしょう。

自分と向き合う謙虚な人間関係だけ残し、将来自分が成功するために時間を使うよう、人付き合いを考え直す良い機会になれたら幸いです。

スポンサーリンク