ネットワークビジネスに誘われやすい人の特徴と勧誘の心理テクニック

ネットワークビジネスに勧誘されやすい人の特徴

大学に入ったり社会人になると、一度は触れることになるだろうネットワークビジネス(MLM)

“その日”は突然やってきます。

私もいくつかの団体やセミナー(知らずに行った)の勧誘を受けた経験があります。

ネットワークビジネスは人の繋がりで広めるサービス。
そのため、勧誘では心理テクニックも巧みに使われているのです。

ネットワークビジネスではどのような心理テクニックを使い勧誘しているのか?
また、ネットワークビジネスに誘われやすい人の特徴も合わせて紹介していきます。

ネットワークビジネス勧誘の心理テクニックとは?

ネットワークビジネスでは人の繋がりで広めていくビジネスモデルです。

人の繋がりが必要になるため、勧誘では様々な心理テクニックが用いられています。
自分の気持ちとは裏腹に気持ちを乗せられてしまい、後悔しないよう、その手法を紹介していきます。

拍手喝采のセミナー

ネットワークビジネスの代名詞とも言えるのが不自然な笑い声がこだまする拍手喝采のセミナーです。

「すごい人のセミナーがあるから来ない?」
「一緒に起業の勉強会に行こう」
みたいに、セミナーの勧誘に誘われる事が多いです。
(ちなみに、勧誘のセミナーだと告げないで誘うのは、違法なので即帰って大丈夫ですよ)

で、セミナーに行くと、小さな事にも大爆笑で拍手喝采の”異様な”雰囲気のセミナーである事がほとんど。

なんでこんな事をするのか?ですが、
拍手喝采で大盛り上がりのセミナーこそ心理テクニックの一つ!

なぜなら人は、
感動したから拍手したのか?拍手したから感動したのか?の区別がつかないから。

感動と言うと少し言い過ぎですが、拍手した事で感情が楽しくなってしまうのです。
※ワンナイトラブをした後に相手のことを好きになるのも同じ心理現象ですね。

ネットワークビジネスのセミナーでは、大した事で無くとも周りの会員=サクラの人はセミナーをひたすら盛り上げます。
雰囲気に飲まれて、参加した人も少しずつ笑ったり、周りがしているからと拍手をするようになるでしょう。

雰囲気に合わせ、笑ったり拍手をすると、本人は「楽しいから笑ったんだ・拍手したんだ」と脳は勘違いするのです。

拍手喝采の大盛り上がりのセミナーを演出するのはネットワークビジネスで用いられる代表的な勧誘の心理テクニックです。

サンクコスト効果

サンクコスト効果と呼ばれる心理を利用した勧誘もネットワークビジネスの特徴です。

サンクコストとは、人の「もったいない」気持ち。
「お金を払った分、元を取りたい」と思う気持ちです。

ネットワークビジネスのセミナーや研修は有料のものも多いです。

勧誘目的なのに有料にするのは、サンクコスト効果を狙っているのも理由の1つ。

セミナーの1,000円でも研修の数万円でも、支払ってしまうと
「払った分、話を聞こう」
「研修費の元を取れるまで取り組もう」
と辞められない心理が働いてしまいます。

無料であれば、何か違うなと思い抜け出す事ができるかもしれないですが、
お金を払ってしまうと、「元を取ろう」とする気持ちが強く働くのです。

自分の気持ちとは裏腹にセミナーに行ってしまった場合は、支払った金額の事は一度忘れて、自分にとって本当に必要かどうか?の視点で正常な判断できるようにしましょう。

所属欲求

ネットワークビジネスの勧誘では、所属欲求に強く働きかける誘いかたをしてきます。

所属欲求とは、マズローの欲求5段階説で示される3番目の欲求です。

所属欲求とは、好きな人や尊敬できる人と一緒に居たいと思う心理のこと。

マズローの欲求

ネットワークビジネスの勧誘では、
「みんな年収◯◯万円超えている」
「有名企業の経営者だった人達」

みたいに、「凄い組織なんだ」「お金持ちのグループだ」と勧誘してきます。

なぜチームや組織のすごさを話して勧誘するのかと言うと、
所属欲求は人間において重要度の高い欲求だから。

マズローの欲求の図を見たとき、所属欲求は安全欲求の次に来る欲求です。
自分らしさの表現や人から認められたい承認欲求よりも強い心理だとされます。

ネットワークビジネスの勧誘では、
「あなたらしく働ける」ではなく、「ビジネスで成功した凄い人と一緒のチームになれるんだ」と問いかけるのは、そのためです。

ネットワークビジネスに勧誘されやすい人の特徴

ネットワークビジネスの勧誘では、様々な心理テクニックが使われます。

ネットワークビジネスに誘われやすい人は、心理の隙を突きやすいと思われる人とも言い換えられるでしょう。

続いては、勧誘されやすい人の特徴について、解説していきます。

起業や独立志向がある人

起業や独立志向がある人は、ネットワークビジネスに勧誘される対象になりやすいです。

理由は、所属欲求を突きやすいから。

起業を志す人は、経営者のコミュニティやお金持ちの友達を作りたい欲求を抱えている事が多いです。
そのため、ネットワークビジネスの勧誘では、
「ビジネスの凄い人達と一緒に出来る」と誘い、所属欲求をくすぐってきます。

人の繋がりは利害関係が発生するもの。
仮に”凄い人”と繋がれるとしても、その人達は何かのメリットを感じて仲間に入れる訳です。
向こうが、あなたを仲間に入れる事で得られるメリットはなんなのか?

しっかりと考えてみましょう。

素直な人

人に忠実で素直な人もネットワークビジネスの勧誘を受けやすいと言えます。

素直で周りに合わせやすい人であれば、周りが笑っていたら一緒に笑ったり、拍手をしたりと、その場の雰囲気に自然と合わせる事で、知らないうちに空気感に飲まれてしまいがちです。

また、素直な人だと「そんな簡単に出来るんだ」と深く疑わず、友達の誘いだからと信用してしまいがち。

人をあまり疑わない性格の人は、たとえ友人からの誘いであっても軽く信じてしまわないよう気をつけましょう。

協調性の高い人

協調性が高く、世話好きなタイプの人もネットワークビジネスに誘われやすい人でしょう。

協調性が高い人は、周りに同調しやすく、人付き合いでの出費が高い傾向があります。

友達の誘いだからと付いていくうちに、ネットワークビジネスのコミュニティで過ごす時間も多くなり、いつしか本人も同じような考えに変わってしまうことも珍しくありません。

協調性が高く人への思いやりを持てる性格は非常に良いことですが、自分の特性を把握して、賢明な判断が出来るようにしましょう。

お金に堅実な人

資産設計などもしっかりされていて、お金に堅実な人も、
実はネットワークビジネスで勧誘されやすい人です。

理由は、お金に堅実なため「もったいない」と感じる=サンクコスト効果を使われやすいから。

お金に堅実な人は、その反面「払った分を取り戻そう」って気持ちも強いもの。

セミナーや研修で、友達の誘いだからと支払ったがゆえに、元を取り戻そうとしてのめり込んでしまう危険性も。

「自分は堅実だから安全だ」と思い込まず、一度出費したかは忘れて正しい判断ができるよう気をつけましょう。

要注意!ネットワークビジネスの誘いかも

私が実際に受けたネットワークビジネスの誘いや、世の中で多く行われる勧誘方法をまとめました。

このような誘いはネットワークビジネスの誘いかも知れません。

会わせたい人が居る

「ビジネスで凄い成功をした人と知り合いで、良かったら会わない?」

独立志向や出世志向が強い人が誘われやすいのがこの方法。

よく会う友達ならまだしも、久しぶりに来た連絡でこのような誘いがあったら少し警戒した方が良いでしょう。

健康ビジネスの誘い

ネットワークビジネスって、健康や化粧品関係が非常に多いです。

何度か勧誘を受けると、
健康ビジネスと言われるだけで「ネットワークか?」と疑いの目で見てしまいがちになりますね。

“凄い人”の勉強会のお誘い

勧誘だと「凄い人」ってワードもよく出てきます。

“◯◯会社の社長”とかなら分かりますが、「凄い人」って一体なんなんだ?と言いたくなります。

で、勉強会に行かないか?って誘いがきます。

勉強会は基本的にクローズドで公開されていないもの。

非公開の勉強会やセミナーに誘われたら、少し警戒しておいた方が良いでしょう。

正しい判断が出来るようにしよう

ネットワークビジネス自体は違法ではありません。

しかし、個人的には社会的評判も悪く、その人の人間関係を大きく崩す可能性が非常に高いものだと感じています。

新しい顧客を探すために自腹で交流の場に出かけたり、
知り合い一人一人を勧誘したり。

理解のある人なら良いですが、「友達になったのはお金のため?」と不信感を与えてしまう可能性があります。

ネットワークビジネスは様々な心理テクニックや勧誘方法で、心の隙を突いてきます。
あなたが本当に取り組みたいなら何も言いませんが、感情が流されて悩んでしまっているのなら、どのような手法で勧誘しているのかを理解して、正常な判断が出来るようにしましょう。

人生・時間は戻ってこない貴重なもの。

自分自身の気持ちを大切にし、人生を送れるようにしましょう。

ネットワークビジネス勧誘の断り方【良い例・悪い例】友達やLINEで

2019.07.24

ネットワークビジネス勧誘の特徴8個!その誘いは突然やって来る

2019.05.19
スポンサーリンク