「パレオさん」こと最高の体調の著者:鈴木祐さんのセミナーに行ってきた

12月12日に開催された「パレオさん」こと鈴木祐さんのセミナーに行ってきましたのでレポートします!

感想など含めてお伝え出来ればと思います。

鈴木祐さん・今回のセミナーについて

まずはご存知の無い方向けに鈴木祐さんについてのご紹介

「パレオな男」という人気ブログを運営されていて、今年出版した著書

「最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法~」

は7万部を(2018年10月13日時点)超える大ヒット中!

趣味だった科学論文から得た最新のデータを元に、ブログ・執筆活動・講演などをされている方です。

私も普段から見て参考にしているブログなので、何としても行かねばと思い参加してみました。

 

また、今回のセミナーは「朝渋」と言う渋谷の朝活コミュニティが主催されていて、存在こそ聞いた事があったものの、今回初参加のセミナーでした(早起きが苦手なのが1番の理由です)

この朝渋ですが、キャスティングが凄まじくて、

オリラジの中田敦彦さん、SHOW ROOMの前田さん、ブロガーのはあちゅうさん、などなど、著名な方々を多く招いたセミナーを企画されています。

 

早起きは良いのか悪いのか?

初めは、今回のセミナーが朝活コミュニティ主催だった事もあり、セミナーの主な内容は早起きは本当に良いのか問題について。

結論から言ってしまうと、

「人による」

って事でした。

早起きのメリット3つ

  • 健康
  • 好かれやすい
  • 幸福度が高い

スタンフォード大学の研究等によると、早起きのメリットは主に以上の3つが良く言われているようで、性格診断のビックファイブなんかだと早起きの人は協調性が高い傾向があるそう。

早起きの問題点

2000年代からは早起きの問題点について研究も進んできたらしく、イリノイ大学等が中心に調査をされたようでした。

そこで分かってきた問題点としては、

現代社会のリズム・仕組みが早起きの人向けになっている

って事らしく、早起きの人が能力を発揮しやすい社会になっているだけなのかもしれないとの問題点が明らかになってきました。

ちなみに今の社会でベストなコンディションを保てているかを調べたら、62%の人は出せていなかったというデータもあるようです。

今の社会はより個々にマッチした仕事や生き方が出来るように変わってきていますが、十人十色、人はそれぞれ特性も違うからみんな一緒にってのは科学的に見ても違っているんだなって事ですね。

夜更かしのメリット3つ

続いて、夜更かしにもメリットはあるよねってデータも出てきているそうで、

  • IQが高い
  • 年収が高い
  • モテる

主にこの3つの特徴があるようでした。夜更かし好きな私にとってはちゃんとメリットがあって本当に良かったなと安心しました。夜更かしする言い訳にもできそう。笑

結局大切なのは個々のタイプ次第(クロノタイプ)

早起きと夜更かしそれぞれのメリットを言われて、じゃあどうしたら良いの?って事になりますが、結局大切なのは個々の特徴に合わせたリズムで生活を出来るかどうかが大切になります。勤務時間にコアタイム制を導入する企業も増えていますが、理にかなっている仕組みですね。

で、個々のタイプはどうしたら分かるのか?ですが、その診断で必要になるのがクロノタイプと呼ばれるものです。

クロノタイプとは?

クロノタイプとは、私達が生まれ持った体内時計の遺伝子毎に4つのタイプ分けられるとする考え方で、近年注目を浴びてきてる診断です。

4つとは

  • 朝型(全体の15−20%)
  • 昼型(全体の50%)
  • 夜型(全体の15−20%)
  • 不眠型(全体の10%)

およそ以上のように分類されます。セミナー出席者には診断専用のページを紹介されたのですが、ググるといくつか診断が出てくるので、一度やってみると良いと思います。

ちなみに私は夜型でした。夜は強いですが睡眠時間はある程度欲しいなって感じなので割と納得出来る結果です。

それぞれのタイプごとに

  • 起床時間
  • 集中しやすい時間
  • 運動に適した時間

などがある程度分かっているので、それに応じたスケジュールを組むとパフォーマンスを発揮しやすくなります。

夜型の私だと、

  • 集中力が必要な作業は午後3−6時頃
  • 創造的なアイデアを出すには9−11時頃

などと言うように、スケジュールに入れると良いみたい!

夜型だけど朝型にしたい!とか、早起きをよく勧められるけど・・・

世の中的に早起きは三文の徳とあるように、早起き信者の方が圧倒的に多いと思いますが、鈴木祐さんの見解としては、

頑張っても無駄!

朝型信者に踊らされない方が良い!

と言う結論でした。朝活セミナーでもしっかりとした意見、さすがです!笑

会場もめっちゃ盛り上がりました。 

遺伝子タイプは私達が進化する過程で自然と残ってきたもので、例えば夜型であれば、朝型・昼型の集中力が落ちてきた夕方以降に敵の気配を察知する役割を担って集団で活躍してきたと言われていてます。

そのような生まれながらにして持った遺伝子は、努力では変えることが非常に難しいんだそうです。朝弱くて悩む人も多いと思いますが、本当に嬉しいお話でした。

 

トークセッション・質疑応答

朝活セミナーだったので、生活リズムの話が主な内容でしたが、その後のトークセッション・質疑応答の内容もいくつか紹介します。

パレオダイエットとは?

鈴木さんのブログタイトルにもなっているパレオダイエットについてどんなものなのかという内容。

まとめると

進化医学に基づいた食生活をする

ことです。

以前からブログを見ていたので知識がありましたが、現代社会は加工食品が増えたり自然と触れ合う時間が減ったりと、文明の発展に人の遺伝子・進化が追いついていなく、それ故にストレスが増えたり生活習慣病が増えたりと弊害が生じているとされています。

鈴木さんが取り入れたのは、一番は加工食品を減らすことだったようです。

あとは生野菜をバリバリと毎日食べているとも仰っていました。1日1kgも食べるらしい・・・

自然との接触を増やす

著書で自然との接触を増やした方がいいと書かれていて、それについてのお話。

森とか公園に行くのも一番ですが、写真を見るだけでも効果がありますよと話されておりました。

私が以前書いた記事も間違いではなかったなと安心。。。

シフトワーカーで夜勤がある場合の対策は?

シフトワーカーで夜勤がある場合にどうしたら良いのか?という質問でした。

睡眠の質を上げるしかないが、転職するしか現代医学に基づいた提案は出来ないという結論だそうです。

人間らしく夜は寝るに尽きるって事ですね。。。

野菜の摂り方・冷凍野菜を解凍したりは有りか無しか?

冷凍野菜を解凍するときにレンジを使うが、高温になり栄養素が下がってしまうのでは?と懸念する方の質問。レベルの高い質問ですね。

鈴木さんとしては、確かにその懸念はあるが、面倒で摂取量が減ってしまうくらいなら便利な物を使って摂取した方が良いかもしれないですねという回答。

筋トレとか何かを始めるときも同じですが、こだわり過ぎて出来なくなるより、実践ありきで考えるのも大切って事ですね。

あと、野菜ジュースは食物繊維がほぼないから、食物繊維を摂るならスムージーが良いかもという話もありましたね。

終わりのメッセージ

最後のメッセージとしては

メンタリストDaiGoさんの話をちゃんと聞いてください。良かったらブログも読んでください。

とお話されておりました。伝えるのはDaiGoさんの方がうまいから動画とかをちゃんと見て下さいという事だそうです。

今後もDaiGoさんの動画・パレオな男、どちらも引き続きチェックして勉強していこうと思います。

私自身、朝活は初めて参加してとても貴重な時間でした。私のクロノタイプ的にはマッチしない時間にはなってしまいますが・・・情報収拾の選択肢として今後は朝活も参加していけたらなと思います。

今回のセミナーについてはやはり生で聞く話は説得力もありますし、データはありつつも融通を利かせる場面とか実生活に基づいて出来ること出来ない事もあるなと感じ、実践する大切さも改めて感じましたね。

クロノタイプに沿ったスケジュール・食生活改善など、出来る所から少しずつ取り入れようと思います。

朝型信者に惑わされず、自分らしい生活が出来るよう一緒に頑張りましょう!

 

パレオな男で、今回のセミナーの補足がされていたので、良ければこちらもご覧ください。

スポンサーリンク