セブ島留学をおすすめ”出来ない”人とは?当てはまる人は考え直した方が良いかも。

人気のセブ島英語留学!

私も数年前にセブ島での語学留学を経験しました。

英語を効率よく短期間で学びたいのであれば非常にオススメで、時間に余裕があるのであれば是非行った方が良いと身近な人達には伝えています。

しかし、「誰でもオススメ出来る訳ではないな」と同時に感じました。

そこで今回は、実際にフィリピン:セブ島留学を経験したからこそ分かった、おすすめ出来ない人についてまとめてみました。

遊びやレジャーが目的の人

セブ島留学では1対1の授業が基本となります。それが良くてセブ島を選ぶ人も多くいる程、セブ島留学ならではのメリットです。

また、1対1の授業だけでなく、授業数自体もイギリスやカナダ、オーストラリアの留学に比べて多く組まれています。

朝から夕方まで英語漬けです。語学を学ぶには最高の場所です。

1対1での授業が基本となるという事は、グループレッスンと違い、ずっとリスニングかスピーキングをする事になります。

日本で育った人であれば、1日中ずっと英語で会話をする経験って多分ないですよね?

なので英語を覚えようという気持ちがないと結構しんどく感じてしまうと思うんです。

レジャー目的で行くのであれば、セブ島は観光地としても有名で、沢山のアクティビティのある場所ですし、素直に旅行として遊びに行くので良いのでは?と思います。

個人的におすすめはしませんが、どうしても「レジャー優先で、少し英語の勉強もしてみたいな」というのであれば、日本の企業が作っている学校などではレジャーを売りにしている学校もあるので、そのような学校を選ぶ手も一応あるのでご安心ください。

潔癖症の人

セブ島で過ごす施設は、日本人や韓国人向けに作られているので、そこまで心配は要らないと思いますが、

やはり日本とは違って隅々まで行き届いているという訳ではありません。

私は気にならなかったですが、アジア圏の旅行に抵抗がある人とかはあまりオススメ出来ないです。

施設の綺麗さや新しさは事前にエージェントや口コミサイトで情報収拾も可能なので、綺麗さ・清潔感を重視して選んでみると良いと思います。

好き嫌いが沢山ある人

日本人や韓国人向けに作られた料理とはいえ、やはり日本にいる時とは食材や調理方法・作る人たちも変わっています。

ビュッフェ形式が多いですが、ホテルのように沢山の種類がある訳でもないですし「野菜は一切食べられません」みたいな人だとオススメ出来ないですね。

慣れない環境に身を置く中で、1ヶ月以上も食事でストレスを抱えるのはしんどいですし、勉強にも専念出来ないかと。

そもそもセブ島問わず、海外留学自体、あまりおすすめ出来ないですね。

英語ができなさ過ぎる人

この記事を読んでいる人は大学生以上の方がほとんどだと思います。

様々な研究もされているように、

人は環境に身を置くだけで言語を習得出来るのは7歳あたりが限度で、それ以降は何かしら勉強をしなければ言語=英語を習得出来ないんです。

「毎日英語に触れていれば出来るようになるでしょ」

って考えは全然間違いで、出来たとしても基礎基本から入るより何倍も何十倍も時間がかかるでしょう。

毎日物理や数学の公式を読んでても数字や記号が書いているだけできっと何も分からないですよね?

洋楽をずっと聞いていても理解出来るようにはならないですよね?

・・・

「自分の名前くらいしか英語で言えないけど、行けば出来るようになるでしょ!」って人は、

留学しても結局は基礎勉強で時間を過ごす事になります。

1対1で会話が出来るメリットを全然受けられないまま終わってしまうので、少し時期を延ばして基礎をつけてから留学される事をおすすめします。

せめて中学校の基本くらいはある程度理解しておきましょう。

まとめ

セブ島、レジャーも沢山あるし暖かくて過ごしやすいし、語学留学でなくともオススメの場所ですが、何事も合う合わないはあります。

行った事がある人と話すと、勧められる事が多いと思いますが、もし上記に当てはまるようなら一度立ち止まり考えてみた方が良いかもしれません。

続編として、

「英語に触れてるだけじゃ無理」「英語慣れと上達は違う」語学留学で注意したいこと

語学留学に行く上での良くない思い込みや、行ったからこそ分かる留学中のコツなどをまとめましたので、良ければご覧ください。

スポンサーリンク